the coopeez

(ザ・クーピーズ)

the coopeez

album『rucksack』

album『rucksack』

the coopeezから、コンプレックスを抱えた全国のリスナーへ

アナタの歌、ここにあります! the coopeezが放つグッドミュージック

地元・京都を拠点に活動している4人組。大学卒業を間近に控え、絵の道に進もうとしていた藤本浩史(Vo&Gt)が「一度バンドをしてみたい、やらずに後悔したくない」と2002年からメンバーを探しはじめ、2010年に現メンバーに。そんなスロースタートを切ったthe coopeezだが、2015年8月にリリースしたニューアルバム『rucksack』を携えたツアーでは、大阪と東京で初のワンマン公演を成功させるなど大躍進中。なんといってもthe coopeezの魅力は楽曲のよさと渾身のパフォーマンスで、とことん内省的でありながら聴き手の一人ひとりに響くポップネスの威力は絶大だ。幼少の頃から体が弱く、スポーツも人と話すことも苦手だったという藤本は自身のことをコンプレックスのかたまりだと話す。彼が社会に感じる居心地の悪さはそのまま歌になり、やがて、自分のために書いている歌詞がリスナーに届き共感されはじめると、その歌は藤本にとって最大にして無二の武器になった。自分を救うのは自分しかいないから、逃げずに弱い自分を背負って行こう−−the coopeezのナンバーは、きっとアナタに届く。今回は、12月6日に新宿レッドクロスで行ったワンマンライブの前に、藤本浩史(Vo&Gt)と森田夏音(Dr)に近況を訊いた。全国のコンプレックス仲間へのメッセージも!

リュックサック

長所と短所のブルース

INFORMATION

LIVE INFO

THEロック大臣ズ企画「スリーマンス・マンスリー・スリーマン」(イベント)

  • 2015年12月23日(水・祝) 京都nano

GOLIATH Presents「unlock ~大阪~」(イベント)

  • 2015年12月26日(土) 北堀江club vijon

「CD買ってライブに行こう!! Vol.2」(イベント)

  • 2015年12月27日(日) 浜松窓枠

V.A「神戸ありき」発売記念「folca×Nebula presents.“Center of M97”」(イベント)

  • 2016年1月9日(土) 神戸アートハウス

「俺たちの新年会」

  • 2016年1月10日(日) 新宿レッドクロス

「Emulation! vol.4」(イベント)

  • 2016年1月16日(土) 心斎橋FanJ

いい湯ゆんだなぁvol.1~祝「カーテンコール」発売記念~(イベント)

  • 2016年1月17日(日) 新宿レッドクロス

……など続々とライブ決定中。 詳細は公式サイトまで:http://coopeez.net/

album『rucksack』

album『rucksack』

chadult 2015年8月12日(水)リリース

収録曲:イントロダクション/イチカ&バチカ/リュックサック/バランスの鬼/長所と短所のブルース/ラストチャンス/ダイハード/未知との遭遇/バックトゥザフューチャー/マイウェイマイラブ/ターミネーター 全11曲

PROFILE

the coopeez

the coopeez(ザ・クーピーズ)/藤本浩史(Vo&Gt)、小川宏実(Gt)、山本聡(Ba)、森田夏音(Dr)からなる京都在住の4人組。2002年に藤本がメンバー集めを開始し2004年に活動開始。2010年現メンバーに。初音源は2009年のミニアルバム『BUNPAKU』で、タワーレコード限定シングル3部作の連続リリースを経て2012年に1stフルアルバム『GOLDENTIME』、2014年に2ndフルアルバム『newbalance』を発表。2015年8月にリリースした3rdフルアルバム『rucksack』を携えた全国ツアーでは、自身初のワンマン公演を大阪と東京で開催した。“京都が生んだ遅咲きの奇跡”“凡人の最終形態”など彼らについたキャッチフレーズも多数。グッドメロディと自らを奮い立たせるような渾身のステージはミュージシャンからの人気も高い。なお、アートワークはすべて藤本が手掛けている。

the coopeez公式サイト:http://coopeez.net/

取材・テキスト:DONUT(秋元美乃/森内淳)