GOING UNDER GROUND

ゴーイング・アンダー・グラウンド

GOING UNDER GROUND

single「もう夢は見ないことにした/Soul Train」

single「もう夢は見ないことにした/Soul Train」

GOING UNDER GROUNDの松本素生、中澤寛規、2015年を振り返る

3人体制になったGOING UNDER GROUNDの「通常営業」宣言!?

2001年メジャーデビューしたGOING UNDER GROUNDは2016年でデビュー15周年を迎える。2006年には日本武道館公演を成功させた彼らだが、2009年に伊藤洋一(Key)が脱退。そして2015年には河野丈洋(Ds)が脱退し、3人体制になった。東名阪ツアー「Teenage last」、全国ツアー「soul train」、新代田FEVERでのワンマンライブ、ファンクラブ「SUNSET CLUB」の立ち上げを記念したライブハウス・ツアー「hello sunset club tour」など精力的にライブ活動を行ってきたものの、2015年にリリースした音源は「もう夢は見ないことにした/Soul Train」の両A面シングル1枚のみで(しかもライブ会場限定発売)、アルバムの制作には至らなかった。誰もが心のなかにもつ少年性、少女性を揺さぶるGOING UNDER GROUNDの数々の名曲を超える新作の誕生を待ちわびるリスナーにどう応えていくのか。2016年は、GOING UNDER GROUNDの真価が問われる1年になりそうだ。GOING UNDER GROUNDの松本素生(Vo)と中澤寛規(G)に2015年を振り返りつつ、2016年にかける思いをぶつけてもらった。

もう夢は見ないことにした

Soul train

INFORMATION

single「もう夢は見ないことにした/Soul Train」

single「もう夢は見ないことにした/Soul Train」

GOING UNDER GROUND 2015年9月18日(金)リリース

収録曲:もう夢は見ないことにした/Soul Train 全2曲 ※ライブ会場と通販限定シングル

PROFILE

GOING UNDER GROUND

GOING UNDER GROUND(ゴーイング・アンダー・グラウンド)/埼玉県桶川市にて、当時中学生だった松本素生、中澤寛規、石原聡、伊藤洋一の4人がバンドを結成。高校1年の時に河野丈洋がバンドに加入したのを機に1994年、初めてGOING UNDER GROUNDと名乗り、幾度かのメンバーチェンジを経たのち高校卒業時に初代メンバー5人が揃う。1998年12月にミニアルバム『Cello』をインディーズレーベルからリリース。2001年6月にシングル『グラフティー』でビクターよりメジャーデビュー。「元祖 胸キュンロック」といっても過言ではない数々の作品はミュージックシーンを魅了し、2006年7月には日本武道館ワンマンライブを成功させる。2009年4月18日、日比谷野外大音楽堂でのライブをもって伊藤洋一(key)が脱退。2015年1月31日の渋谷公会堂ライブをもって河野丈洋(Ds)が脱退。3人体制へ。現在のメンバーは、石原聡(B)中澤寛規(G)松本 素生(Vo)。 公式サイトはhttps://goingunderground.tokyo

取材・テキスト:DONUT(秋元美乃/森内淳)