最終少女ひかさ

最終少女ひかさ

single「いぎありわっしょい」

全国タワーレコード限定発売

single「いぎありわっしょい」

但野正和と山田駿旗が語る2016年、最終少女ひかさの野望

あれもしたい、これもしたい。目標満載のひかさが今年も突き進む!

2013年晩春の結成から、凄まじいスピードで音楽シーンに切り込んで来た札幌在住の5人組。声優・日笠陽子のファンで、“お前が最後の女だ”的な表現を組み合わせた結果生まれた、一風変わったバンド名は<最終少女ひかさ>。この名前から、誰があんなステージを想像できるというものか。サイケデリックなダンス・チューンからポエトリーなナンバー、パンクにフォークとあらゆるジャンルを自在に行き来するサウンドは、フロントマン・但野正和(Vo&Gt)が醸し出す剛柔さそのもので、音源だけでもかなりの威力を放つ熱量がライブではさらに増幅。但野だけでなく、紅一点・ラモネスをはじめメンバー全員が紡ぐ音の熱にやられたリスナーが続出、いつしか“北海道が生んだ北の最終兵器”との異名がつくほどに。2015年3月にリリースしたシングル「いぎありわっしょい」は彼らの存在を知らしめる、さらなる火付けとなった。派手な楽曲が一人歩きしがちだが、このバンドの真髄は懐の深い歌にこそある。攻撃的なリリックの裏に吐露される心情の機微は聴く者の胸を鷲掴み、北の大地のごとくどでかいロックンロールで抱きしめる。知れば知るほどに気になって仕方がないバンドだ。今後ますます新風を吹かせること必至の要注目の5人から、今回は但野正和と山田駿旗(Gt&Cho)に2016年の抱負を語ってもらった。いま、もっとも次回作のリリースが待望される彼らの声をぜひ。(秋元美乃/DONUT)

いぎありわっしょい

関係者でてこい ライブ・リリックビデオ

INFORMATION

LIVE INFO

2016年1月15日(金) 札幌 Sound Lab mole

  • 「バンドじゃないもん! × 最終少女ひかさ 2マンライブ」

2016年1月30日(土) 札幌 sound lab mole

  • 「sensuous color vol.5〜Return&New session〜ゆりぼ一企画休むってよ」

2016年2月6日(土) 札幌DUCE

  • 「Getting Better~20th Anniversary Party Tour~」

2016年2月14日(日) 大阪南堀江SOCORE FACTORY

  • 「あの夜の続き-大阪編-ムシケ Release Party」

2016年3月5日(土)東京新宿歌舞伎町界隈7会場

  • 「見放題東京2016」

2016年3月13日(日)東京下北沢エリア6会場

  • 「Beat Happening!下北沢CIRCUIT PANIC!」

 

ほか、各地イベントなど続々と出演決定。
詳細は公式サイトまで:

single「いぎありわっしょい」

single「いぎありわっしょい」

Lucky Hell/SPACE SHOWER MUSIC 2015年3月4日リリース

収録曲:いぎありわっしょい/ピカピカ/こっち見んな/関係者でてこい〈tkrism Remix〉 全4曲(全国タワーレコード限定発売)

PROFILE

最終少女ひかさ

最終少女ひかさ/2013年、晩春に北海道札幌市で結成。フロントマンの但野正和が一人ひとりに声をかけ、現在の5人に。メンバーは但野正和(Vo&Gt)、山田駿旗(Gt&Cho)、ラモネス(Key&Cho)、小野寺宏太(Ba&Cho)、岩野最終少年(Dr)。2014年に札幌タワーレコード ピヴォ店のみで発売された限定シングル「関係者でてこい」が話題となり、2015年3月に初の全国タワーレコード限定シングル「いぎありわっしょい」をリリース。同年8月には「RISING SUN ROCK FESTIVAL 2015 in EZO」に出演を果たすなど、札幌を拠点に全国へその名を広めている。

最終少女ひかさ公式サイト
http://s.maho.jp/homepage/5305a8hd60143afb/

取材・テキスト:DONUT(秋元美乃/森内淳)