the twenties

(ザ・トゥウェンティーズ)

the twenties

タカイリョウ

[ONE SONG] 園の子

タカイリョウ

mini album『MUSIC』

mini album『MUSIC』

the twentiesのタカイリョウ、「園の子」を弾き語る

Rock is LIVE the twentiesthe twenties 出演「Rock is LIVE」 5月26日開催!

タカイリョウ、未発表の新曲「園の子」をONE SONGで披露

ダンスロック・バンド、とひと言で言ってしまうのは簡単だが、the twentiesにはそれだけではない音像がある。ギターの音色とは思えないエレクトリックでサイケなリフ&フレーズの応酬、それを支えるリズム隊のグルーヴィーでタイトなビート、その上をフリーキーに泳ぐクセのあるボーカル。ダンスミュージックが孕む多幸感と刹那の快楽に、ロックの肉体性を同居させただけでは生まれない何かをもつ4人組。その軸にいるのがボーカル&ギター・タカイリョウ。彼が今回の「ONE SONG」で披露してくれた「園の子」は、おそらくタカイ史上いちばんと言っていいほど赤裸々な言葉で綴られた新曲だ。

3歳から養護施設で育ち、中学のときに国の補助金でギターを手にするも、生活態度の悪さから高2で施設を出されるという波乱の半生を送っていたタカイがウルマヒロユキ(gt)と出会い、地元・大分でようやくバンドを組むことができたのは2009年のこと。そこからthe twentiesのバンドロードははじまった。前アルバム『palm』を聴くと、一見、飄々とみえるこの男の内側にいったいどれだけの感情が渦巻いているのだろうかと思わずにいられない。けれど、このうたの存在はたしかに自身とバンドを前進させ、最新作『MUSIC』を生んだ。どんなに音が歪もうとウネろうとタカイの言葉を真っ直ぐに届けるメンバーの技量が素晴らしく、このアルバムは言わばタカイと音楽、バンドと音楽、そしてタカイとバンドとの対話のような作品となった。語弊があるかもしれないが、本当の意味で音楽が私たちを救うことなんてないかもしれない。でも、それを知っている者の、それでもなお音楽を信じたいという想いはとてもやさしい。だからthe twentiesの音楽ははちゃめちゃに盛り上がるダンスナンバーでも、踊りながら泣けてしまうような心揺さぶるロックンロールとして一人ひとりに響くのだ。<終わらせないでよロックスター>(「R.E.D」)と叫び、<ミュージック どうかこの僕を離さないでくれ>(「Music」)と願い、<いいのか?ロックンロール>(「ポニカ」)と問う。一聴するとダンスミュージックという枠組みでは違和感を感じるディープな歌詞との希有なバランス感覚は彼らにしかつくれない世界そのものだ。そして、今回の楽曲「園の子」は、『MUSIC』で音楽と向き合ったからこそ綴ることのできたタカイのうただ。the twentiesは今年1月、ベース・徹の脱退を受け、野菜くん(0.8秒と衝撃。)を迎えた新体制に。新たな一歩を踏み出した彼らが鳴らすダンスロックをぜひライブで浴びてほしい。(秋元美乃/DONUT)

 タカイリョウに訊く「今回、“園の子”をチョイスした理由」

園の子って、タイトルだけ読むと意味わからん人のが大半だろうけど、そう呼ばれてきた人も沢山いると思うんっす。ぼくはその一人。死ぬまで一生、記憶に、心に、残る言葉だ。それを生かすも殺すも宙ぶらりんにすんのも自分次第。ぼくは生かすことにした。

ぼくにとってのこの曲は、松本大洋『Sunny』の主題歌だな(笑)。(タカイリョウ・談)

「R.E.D」

「palm」

teh twenties関連ページ

the twentiesのドラマー、アンソニーダイナソーが恐竜たちを集結!「大恐竜博覧会2016」を開催

Large House Satisfactionとthe twentiesがスペシャルツーマンイベントを開催!

the twenties初のライブ音源をカセットテープで100本限定リリース&新しいMVが公開!

 

INFORMATION

LIVE INFO

「CR セプテンバーミー」-確率変動突入- 裏ツアーファイナル

  • 2016年2月9日(火) 東京・下北沢LIVEHOLIC

 Dr.FOOL & 虎の子ラミー Wレコ発「太陽の子供たちvs虎の子供たち」

  • 2016年2月10日(水) 神戸・太陽と虎

 ミタケオアシン

  • 2016年2月11日(木・祝) 京都・西院GATTACA

 KINOTO proudly presents「dusk to dawn」

  • 2016年2月25日(木) 東京・渋谷club乙-KINOTO-

 エレキサーカス51 ~メガ盛りスペシャル~

  • 2016年3月12日(土) 京都・MOJO

 TENJIN ONTAQ 実行委員会 presents「TENJIN ONTAQ 2016 」

  • 2016年3月13日(日) 福岡・天神地区ライブサーキット

 ピストル・ディスコ7周年記念東西巡業~わたしの好きな歌~

  • 2016年3月26日(土) 東京・渋谷CLUB QUATTRO

 詳細は公式サイトまで:http://thetwenties.info/tw-wp/

mini album『MUSIC』

mini album『MUSIC』

neon records 2015年3月4日リリース

収録曲:ロックやらなきゃ/R.E.D/Music/keiki hAppy/ポニカ/FAKE/ロンリー 全7曲

PROFILE

the twenties

the twenties(ザ・トゥウェンティーズ)/2009年に大分で結成。当初のメンバーはタカイリョウ(vo&gt)、徹(ba)、ウルマヒロユキ(gt)、アンソニーダイナソー(dr)。地元九州にて知名度を上げていく中、Vo.タカイリョウの安易な考えから2011年、拠点を東京に移す。2012年に1st mini album『HELLO GOODBYE』、2014年に2nd mini album『palm』をリリース。前衛的なサウンドと圧倒的なライブパフォーマンスで耳の早いリスナーから注目を浴びる。全国ツアー「ぶっころし散歩ツアー」ワンマン公演はすべて満員御礼で幕を閉じた。2015年3月には待望の3rd mini album『MUSIC』をリリース。今作でも彼らの特徴でもある同期、シンセなどを一切使わない完全人力EDMサウンドが爆発し、全国のライブフロアを熱狂の渦へと巻き込んだ。2016年1月17日のワンマンライブをもって徹(ba)が脱退。現在は野菜くん(0.8秒と衝撃。)を迎えた新体制で活動中。

 the twenties公式サイトhttp://thetwenties.info/tw-wp/

取材・テキスト:DONUT(秋元美乃/森内淳)