GRAPEVINE

(グレイプバイン)

GRAPEVINE

BABEL, BABEL (初回限定盤) CD+DVD, Limited Edition

BABEL, BABEL (初回限定盤) CD+DVD, Limited Edition

BABEL, BABEL (通常盤)

BABEL, BABEL (通常盤)

GRAPEVINE、ニューアルバム『BABEL,BABEL』にまつわるコメントをお届け

2月に自身14枚目となるニューアルバム『BABEL,BABEL』をリリースしたGRAPEVINE。本作では先行シングルにもなった「EAST OF THE SUN」ほか4曲を高野寛がプロデュースしていることから、歌ものアルバムの完成かと思われていた。しかし、アルバムを聴いた方はご存知のように、そこはバイン。高野寛プロデュースとセルフプロデュース楽曲を織り交ぜ、そうは一筋縄ではいかない絶妙な聴き心地をもつ1枚に完成した。1曲目「EAST OF THE SUN」の軽快なリズムとメロウなメロディに導かれた先で、いくつもの新境地の扉が聴き手を誘い込む。時代感の混ざり合う小気味いい語感がファンクビートとマッチする「Golden Dawn」。甘美で切ない音像の妙もさることながら、田中和将(Vo&Gt)の<きみを愛している>という生々しいフレーズに驚く「Heavenly」。現代社会への眼差しがアイロニカルに綴られ、ひと際リズムを凝らしたブルースロックとなった「BABEL」。MVも話題、リアルな心情が痛快に描かれた「EVIL EYE」。シンプルなビートとリフがGRAPEVINEのロックンロールの肉体性に輪をかけた「HESO」。開放感あふれるサウンドが本作にフレッシュな響きをもたらす「TOKAKU」など全11曲。聴かせる歌の部分と、随所にあらわれたバンドの実験精神とで何通りもの聴き応えを味わえる作品に。Rock isでは、アルバムの手応え、なぜ高野寛をプロデューサーに迎えたか、制作時のエピソードなどについてコメントを撮影させてもらった。新作を携えた全国ツアーは4月から。遊び心も鋭い視線も潜ませた新曲群が、ライブで変化していくさまも楽しみだ。(秋元美乃/DONUT)

SPF

EAST OF THE SUN

INFORMATION

LIVE INFO

「SK’s Session」

  • 2016年3月18日(金) 東京都 日本橋 三井ホール(田中和将ソロ出演)

「GRAPEVINE Tour 2016」

  • 2016年4月1日(金) 東京都 赤坂BLITZ
  • 2016年4月3日(日) 新潟県 新潟LOTS
  • 2016年4月9日(土) 鹿児島県 CAPARVO HALL
  • 2016年4月10日(日) 熊本県 熊本B.9 V1
  • 2016年4月16日(土) 兵庫県 Kobe SLOPE
  • 2016年4月17日(日) 静岡県 LiveHouse 浜松 窓枠
  • 2016年4月23日(土) 岡山県 YEBISU YA PRO
  • 2016年4月24日(日) 香川県 DIME
  • 2016年5月7日(土) 神奈川県 Yokohama Bay Hall
  • 2016年5月13日(金) 長野県 NAGANO CLUB JUNK BOX
  • 2016年5月14日(土) 石川県 金沢EIGHT HALL
  • 2016年5月22日(日) 北海道 札幌PENNY LANE24
  • 2016年5月28日(土) 広島県 広島CLUB QUATTRO
  • 2016年5月29日(日) 福岡県 DRUM LOGOS
  • 2016年6月4日(土) 岩手県 Club Change WAVE
  • 2016年6月5日(日) 宮城県 Rensa
  • 2016年6月11日(土) 大阪府 なんばHatch
  • 2016年6月12日(日) 愛知県 DIAMOND HALL
  • 2016年6月19日(日) 東京都 Zepp DiverCity TOKYO

詳細は公式サイトまで:http://www.grapevineonline.jp

album『BABEL,BABEL』


※(L→R)BABEL, BABEL (初回限定盤) CD+DVD, Limited Edition / BABEL, BABEL (通常盤)

ビクターエンタテインメント 2016年2月3日(水)リリース

収録曲:EAST OF THE SUN/Golden Dawn/SPF/Heavenly/BABEL/EVIL EYE/Faithful/Scarlet A/HESO/UNOMI/TOKAKU 全11曲(※初回限定盤は特典DVD付き)

PROFILE

GRAPEVINE

GRAPEVINE(グレイプバイン)/1993年に大阪で活動開始。結成メンバーは田中和将(Vocal/Guitar)、西川弘剛(Guitar)、亀井亨(Drums)、西原誠(Ba)。バンド名はマーヴィン・ゲイの「I heard it through the grapevine」から借用している。自主制作したカセット・テープが注目をあびて、1997年にポニー・キャニオンからミニ・アルバム『覚醒』でデビュー。2枚のスマッシュ・ヒット (「スロウ」「光について」)を含むセカンド・アルバム『Lifetime』(1999年)がTOP3にチャート・インした。2002年に病気療養のため西原誠が脱退し、金戸覚(Bass)、高野勲(Keyboards)が加わる。2014年、スピードスターレコーズに移籍。アルバム『Lifetime』再現ライブ『IN A LIFETIME』を開催。現在のラインナップは田中和将(Vo/Gt)、西川弘剛(Gt)、亀井亨(Dr)、高野勲(Key)、金戸覚(Ba)。2015年10月、新曲「EVIL EYE」をサプライズ配信し、12月に高野寛プロデュースによる両A面シングル「EAST OF THE SUN/UNOMI」をリリースした。 GRAPEVINE公式サイトhttp://www.grapevineonline.jp

取材・テキスト:DONUT(秋元美乃/森内淳)