BLACK RUDE NIGHT Photo Exhibition

BLACK RUDE NIGHT Photo Exhibition

RUDE GALLERY

RUDE GALLERY

BLACK RUDE NIGHT VOL.3

BLACK RUDE NIGHT VOL.3

恵比寿が黒く染まった一夜、「BLACK RUDE NIGHT Photo Exhibition」3月12日から開催!

ミュージシャンや音楽ファンから絶大な支持を受けるブランド、RUDE GALLERYの15周年を記念したイベント「BLACK RUDE NIGHT VOL.3」が2016年1月10日(日)、恵比寿リキッドルームにて行われた。当日は、写真家・新保勇樹がこの熱き一夜をフォト・シューティング。選び抜かれた写真作品をもとに、2016年3月12日(土)よりRUDE GALLERY TOKYOにて 「BLACK RUDE NIGHT Photo Exhibition」が開催される。

BLACK RUDE NIGHT Photo Exhibition

1月のイベントにはThe Birthday、SHERBETS、a flood of circle、THE RODEOSの4組とDJに村上淳が出演。ドレスコード=ブラックで会場中が黒く染まった一夜となった。

オープニングアクトに登場したのは、RUDE GALLERY が公募によって選んだ6人組、THE RODEOS。アイリッシュやスカなどワールドミュージックを軸に、ウッドベースやバンジョー、アコーディオンを取り入れたパンキッシュなサウンドでフロアをあたためていく。音のロマンをムンムンとあふれさせるステージは、存分にトップバッターとしての存在を印象づけた。

THE RODEOS

転換中DJを務めた村上淳は、ゴリゴリのロックチューンで攻めるのかと思いきや、ライダース率の高いルードなオーディエンスに向け、洋邦織り交ぜたミドルテンポのナンバーを中心にしたセレクトを披露。グッドミュージックにフロアが心地よく揺れた。ちなみに、この日はステージスタッフの服も黒一色という徹底ぶり。

村上淳

2番手の登場はa flood of circle。SEにのってメンバーが現われ、佐々木亮介(vo&g)がゆっくり一礼してみせると、そこから一気にロックの豪速球が放たれた。SHERBETSにThe Birthdayと、リスペクトを掲げるバンドとの共演だけに気合いも十分。サポート・ギターにキョウスケ(爆弾ジョニー)を迎えた編成が、10周年を迎えたAFOCにフレッシュな風を呼び起こしているのも観ていて気持ちがいい。「ロックンロールは塗り替えていかないと意味がない」というMCに続きラストに歌われたナンバーは、バンド、そして佐々木自身の歩みを綴った「花」。彼らの強い思いが会場に光を射していた。

a flood of circle

次なるアクトはSHERBETS。沸き起こるベンジーコールに呼応するように、1曲目「ハイスクール」からロックナンバーで攻め立てる。<ハロー! レッツ・パーティ!>という浅井健一(vo&g)のおなじみのかけ声がフロアの熱をさらに上昇させながら、曲が進むにつれ次第にSHERBETS特有の繊細で美しい音の世界を現出。中盤で、「COWBOY」をはじめ3曲立て続けに披露したニューアルバム『CRASHED SEDAN DRIVE』からのナンバーたちは、新曲にしてすでに大きなうねりを描き、濃密な音と歌の交わりをみせていた。炎が激しく、そして静かにゆらめくようなステージが会場全体を引き込んだステージ、圧巻のひと言。

SHERBETS

この日のトリはThe Birthday。SHERBETSからの流れに加え、いきなりのジャムセッションが誘う「Red Eye」にフロアの熱も上がりっ放し。全国ツアー中のテンションそのままでステージに現れたかのごとく、1曲目からドンピシャなタイム感で決めるさまが実に痛快で、「MOTHER」ではコーラスの高低を手の動きで示すなど、チバユウスケ(vo&g)もゴキゲンだ。ニューアルバム『BLOOD AND LOVE CIRCUS』からのナンバーはもちろん、攻めのセットリストにオーディエンスも大熱狂。アンコールではチバが「今年もよろしくね」と笑顔をみせ、ラスト曲「声」をプレイ。いまのThe Birthdayは、どでかい地平のど真ん中を駆け抜けている。そんな逞しさにあふれたステージだった。

The Birthday

出演各組がRUDE GALLERY15周年へのお祝いや感謝の気持ちをそれぞれのスタイルで表現していたのも印象的だったが、RUDE GALLERY代表・カタヤナギが「音楽と服との繋がりを一番分かりやすく伝えられる場所を」とサイトで語っていたとおり、この黒く染まった会場には、お互いのリスペクトと音楽・服への愛情があふれていた。

BRN_0317

12日(土)からはじまる「BLACK RUDE NIGHT Photo Exhibition」では、新保勇樹がとらえたこの“黒い夜”を展示。会期中は展示作品及びフォトTシャツが販売されるほか、Tシャツのデザインとなったポートレートに加え、アナザーショットも展示販売される。今度はショップで、あの日の熱を体感しよう。なお、新保勇樹・初の写真集となる『Tenacity Blues Diary -Fragments of Life with The Birthday-』が3月14日(月)に一般発売となる。同日14日(月)まではspace caimanにて先行販売中なので、こちらもぜひチェックを。(秋元美乃/DONUT)

INFORMATION

展示/販売

展示会

展示会

「BLACK RUDE NIGHT Photo Exhibition」

  • 会期:2016年3月12日(土)〜5月8日(日)
  • 場所:RUDE GALLERY TOKYO
  • 時間:12:00~20:00 入場無料
  • 〒150-001 東京都渋谷区神宮前6-19-3東邦ビル2F
  • お問い合わせ:TEL 03-3498-2434

上映会

『THE BOOTLEG FILM2』

  • 日程:2016年7月2日(土)
  • 場所:シネマート新宿にて

2016年1月、恵比寿リキッドルームにて行われたRUDE GALLERYの15周年パーティー「BLACK RUDE NIGHT VOL.3」の模様が、一夜限りのレイトショー上映決定。応募は「BLACK RUDE NIGHT Photo Exhibition」アイテム(Tシャツ/展示作品)購入時に配布される応募ハガキにて(抽選でペア150組/300名様をご招待)。

セットリスト

「BLACK RUDE NIGHT VOL.3」

2016年1月10日(日)恵比寿リキッドルーム

THE RODOES(O.A)

  • 1.幸福と狼狽
  • 2.Nostalgie
  • 3.SHAMROCK&RUDY
  • 4.哲学
  • 5.パラレルワールド
  • 6.心を溶かしきる言葉の洪水の中で
  • 7.透明

a flood of circle

  • 1.GO
  • 2.The Beautiful Monkeys
  • 3.Blood Red Shoes
  • 4.鬼殺し
  • 5.Sweet Home Battle Field
  • 6.プシケ
  • 7.シーガル
  • 8.花

SHERBETS

  • 1.ハイスクール
  • 2.アンドロイドルーシー
  • 3.LEDY NEDY
  • 4.ひょっとして
  • 5.COWBOY
  • 6.Stealth
  • 7.Crashed Sedan Drive
  • 8.カミソリソング
  • 9.JJD

The Birthday

  • 1.Red Eye
  • 2.FULLBODYのBLOOD
  • 3.ダンスナンバー
  • 4.I KNOW
  • 5.MOTHER
  • 6.くそったれの世界
  • 7.なぜか今日は
  • 8.OUTLAWⅡ

encore

写真集

『Tenacity Blues Diary -Fragments of Life with The Birthday-』

新保勇樹

詳細はこちらまでhttp://shimboyuki.jugem.jp