シュリスペイロフ

シュリスペイロフ

ALBUM『その周辺』

ALBUM『その周辺』

SINGLE「カノン」

ライブ会場限定販売

SINGLE「カノン」

シュリスペイロフの宮本英一がONE SONGに登場!

シュリスペイロフのボーカルとギターを担当している宮本英一。シュリスペイロフというバンド名はしりあがり寿・作『真夜中の弥次さん喜多さん』に1コマだけ出てくる登場人物の名前。宮本が「この名前はバンド名っぽいな」と思い、つけたそうだ。彼らは1999年に札幌で結成。「ライブハウスが怖い」という理由で、5年間、スタジオにこもって楽曲だけを制作していたという(初ライブは2004年)。何かとユニークなバンドだが、彼らが創りだす楽曲はとても優しい。浮遊感のあるサウンドと繊細なリリックで日常に横たわる感情を静かに描き出す。今回、披露してもらった楽曲「すべて」もそういう楽曲だ。この曲は2011年にリリースされた『0.7』の収録曲。残念ながら『0.7』は現在CDでは入手不可能。そういう意味でも、今回は貴重なライブ演奏となった。シュリスペイロフは、昨年5月にはアルバム『その周辺』を、12月にはライブでの人気曲「カノン」もリリースするなど精力的に活動を行っている。ちなみに宮本英一はthe pillowsの山中さわおのポッドキャスト『fool on the planet』のアシスタントとしても人気を博している。(森内淳/DONUT)

「すべて」を選曲した理由

弾き語りでうたっていて一番気持ちいい曲なので「すべて」を選曲しました。「すべて」は5年位前に書きました。『0.7』というアルバムに入っている曲ですね。最初にサビのメロディが出てきて、自分でいいメロディだと思ったので、そのメロディを活かして曲をつくろうと思いました。そういう作曲者として「これをつくれば大丈夫だ」というか、なんかそういう気持ちでつくったんですよね。その曲の感じに「すべて」という言葉がはまったので。自分にとってもけっこう大事な曲ですね。(宮本英一・談)

シュリスペイロフ「カノン」MV

INFORMATION

ALBUM『その周辺』

ALBUM『その周辺』

2015年 5月 20日(水)リリース DELICIOUS LABEL

収録曲:空中庭園/働きたくない/憂鬱に踊る/その周辺/さよなら宇宙/スターレット/ルール/ 夜の公園/地球を歩く/エンドロール 全10曲

SINGLE「カノン」

SINGLE「カノン」

2015年12月18日(金)リリース DELICIOUS LABEL ライブ会場限定販売

収録曲:カノン/幽霊船/地球を歩く(Cardigan Style)全3曲

LIVE INFO

月刊ザ・ビートモーターズ

  • 4月15日(金) 新宿レッドクロス
  • w/ザ・ビートモーターズ、ネモトラボルタ

 シュリスペイロフ宮本のそんなにいないふたり

  • 5月3日(火・祝)下北沢・風知空知
  • w/よしむらひらく

 TOTAL INFORMATION:http://syurispeiloff.jp/

PROFILE

シュリスペイロフ

シュリスペイロフ/1999年、札幌にてシュリスペイロフを結成。以降5年間、スタジオでの曲作りのみの活動を続ける。2005年、タワーレコード札幌ピヴォ店限定で3曲入りEP「ダイバー」発売。2008年、ファーストアルバム『シュリスペイロフ』リリース。2009年、セカンドアルバム『もぐる。』リリース。シュリスペイロフ初のツアー「水深3cm」を東名阪京の4カ所で開催。同年、『THIS IS FOR YOU~THE YELLOW MONKEY TRIBUTE ALBUM』に「SO YOUNG」にて参加。2011年、ライブアルバム『シュリスペイロフ LIVE十一』リリース。2年3ヶ月振りとなるオリジナルアルバム『0.7』をリリース。2013年、山中さわお(the pillows)が主宰する「DELICIOUS LABEL」へ移籍。東京に拠点を移し活動を始める。2014年、the pillows 25周年記念トリビュートアルバム『ROCK AND THYMPATHY -tribute to the pillows-』に楽曲「カーニバル」で参加。4月には約3年振りの新譜・ミニアルバム『turtle』をリリース。2015年 5月、約4年ぶりとなるフルアルバム『その周辺』をリリース。同年12月会場限定シングル「カノン」を発売。シュリスペイロフのメンバーは宮本英一(Vo,G) 野口寛喜(B) ブチョー(Ds)の3人。

公式サイト:http://syurispeiloff.jp/

取材・テキスト:DONUT(秋元美乃/森内淳)