Walkings

(ウォーキングス)

Walkings

album『穴』

album『穴』

Walkingsの3人が、アルバム『穴』から「アメーバ」を披露

例えば、ギターとドラムという至極ミニマルな編成でロックファンを痺れさせた2ピース、ホワイトストライプスのように、シンプルなビートだからこそ伝わるロックンロールのダイナミズムがある。昨年登場した「FUJI ROCK FESTIVAL」の新人ステージでは、そんな衝撃を放ってオーディエンスを唸らせたロックバンド、Walkingsが1stフルアルバム『穴』を完成させた。Walkingsは3ピースだが、そのサウンドのダイナミズムたるや、うねるグルーヴとともに音粒が生々しく耳に入り込んでくるよう。詰め込まれたものが剥き出しなぶん、そこに漂うブルージーなボーカルや音色が楽曲の世界に色をつけ、ドラマチックな展開を生む。そして、ルーツミュージックを軸に鳴らすガレージ感はなんともポップで、新世代の息吹が清々しくも痛快。まさにシーンに風穴を開け、誰かの・何かの穴を埋め、もっと覗きたくなる、そんなロックンロール・アルバムになっている。今回Walkingsには、全員そろってONE SONG企画に登場してもらった。2台のカメラ+ガンマイク1本での通常の収録に加え、360度カメラによる撮影も実施。360度動画を見られる環境は限られるが、その場にいるような臨場感が味わえるので、ぜひ視聴してみてほしい。また、アルバム『穴』についての動画コメントもあわせてご紹介。「全ての時代に通用するロック=“全時代ロック”」を掲げて活動するWalkings、愛すべきロックばか三人衆。惚れました。(秋元美乃/DONUT)

Walkings「アメーバ」360度動画

※スマートフォンのyoutubeアプリやVRゴーグルを利用しご覧ください。

今回「アメーバ」を選曲した理由

3人アコースティック編成の場合に一番曲の良さを発揮できると思ったのが「穴」の中でアメーバだった。 逆にこの曲、1人アコースティックでは演奏が困難だと思います。

Walkingsにとっての「アメーバ」とは?

プロトタイプは3年くらい前に作ったもので、もうライブでも長く演奏し続けてる曲です。かっこいいし、かわいいし、ちょっとバカ。異質な一曲です。(Walkings一同)

INFORMATION

LIVE INFO

  • 2016年4月20日(水) 心斎橋Pangea
  • 2016年4月23日(土) 渋谷TSUTAYA O-NEST
  • 2016年4月28日(木) 下北沢DaisyBar
  • 2016年5月7日(土) タワーレコード渋谷店
  • 2016年5月10日(火) 新宿JAM

 初ワンマン「全時代ロック」開催!

album『穴』

album『穴』

P-VINE RECORD 2016年4月6日(水)リリース

収録曲:flying fly/あんたがいったじゃん/アメーバ/愛と勇気/いざ異国行こうか/台風/無駄/ベネフィット/風神とライジング/笑われにゆく 全10曲

Walkings「flying fly」

Walkings「無駄」

 

PROFILE

Walkings

Walkings(ウォーキングス)/2012年結成。2015年、「FUJI ROCK FESTIVAL」の「ROOKIE A GO-GO」ステージに出演。これまで、3枚のEP「haizara」「cream」「michi」のリリースを経て、2016年4月、P-VINE RECORDより1stフルアルバム『穴』を発売。メンバーは、高田風(Vo&Gt)、吉田隼人(Ba)、高梨貴志(Dr)。

 Walkings公式サイト:http://walkings.wix.com/walkings

取材・テキスト:DONUT(秋元美乃/森内淳)