倉内太

くらうちふとし

倉内太

album『倉内太作rainbow』

album『倉内太作rainbow』

生粋のシンガーソングライターにして詩人、倉内太がONE SONGに登場!

小学校5年生の頃からアコースティックギターを手にし、仲の良かった大人の影響でまず触れたのはビートルズ。当時、家ではロックンロールを隠れて聴いていたという彼が、一番最初に曲を書いたのは6年生のときだった。おそらく、そこから倉内太のブルースははじまっていたのだと思う。アコースティックギターでの弾き語りを軸としたスタイルで紡がれるのは、気になる女の子のこと、アルバイト先での出来事、目に入った景色、その瞬間に感じたこと。彼の口からふとこぼれおちるような日常の言葉たちだ。しかし、彼の半径3メートルくらいの世界がうたになって届いたとき、その音色は聴き手の機微にやさしく、ときにヒリヒリと触れてくる。数年前、悲しい別れから心に蓋がおとされ、音楽をつくれなくなってしまったときも、きっと、うたにならないブルースは鳴っていたのではないかと思う。復帰した彼からふたたび生まれたうたは、とてもやさしいメロディだった。泣き声パンクロッカー/世田谷のジョナサン・リッチマン/ひとりビーチボーイズ……彼を称する言葉はいろいろあるけれど、やはり彼は“倉内太”だ。うたそのものが倉内太で、音楽そのもののような人。今回Rock isでは、2015年に自主制作されたアルバム『倉内太のホワイトアルバム』から「メガネもあげる」を披露してもらった。収録当日、まだ演奏曲を決めていなかった彼に僭越ながらリクエストさせてもらった。<何か優しいことさせて 消えてというなら僕は歌うよ>。生粋のシンガーソングライターにして詩人によるうたをぜひ。(秋元美乃/DONUT)

 倉内太にとっての「メガネもあげる」とは?

僕にとってこの曲は、珍しい曲です。
沢井宏之君という僕の友達が家に遊びにきた時に、僕がベランダで掃除をしてたら沢井さんがポロンポロンとギターを弾いたんです。
そのコード進行の美しさに僕はビックリして掃除を止めて、なにそれ?! と聞きました。
そしたら彼の作り途中の曲ということでした。
歌詞がまだ出来てない と言うので、その場で歌詞をつけました。彼の話を聞きながら一緒に歌詞をつけました。
沢井さんになりきった結果、沢井さんがメガネをしているからタイトルも「メガネもあげる」にしました。
なのでこの曲は沢井さんの曲です。
珍しい曲の出来方。楽しい雰囲気でした。
(倉内太・談)

 倉内太と彼のクラスメイト「あの娘ほんとリズムギター」

 倉内太「復帰のsoundtrack」

INFORMATION

倉内太作rainbowレコ発ライブコンサート【live in rainbow】

  • 2016年6月11日(土)三鷹おんがくのじかん
  • ヘルパー:関口萌、石川真平

詳細は公式サイトまで:http://kurauchifutoshi.jimdo.com

album『倉内太作rainbow』

album『倉内太作rainbow』

倉内太 2016年春リリース

収録曲:音楽、葉っぱ、神様/ヨルがくると/しりとり/粉/アイデンティティはヨドバシカメラへ/ヨーコヨーコ/マヨネーズHARDCORE/love〜太からの連絡〜/く〜きょ/母さんソング/トムウェイツ待ち/写真/RAINBOW/中古のコーヒー 全14曲

PROFILE

倉内太

倉内太(くらうちふとし)/1983年埼玉県生まれ。シンガーソングライター、詩人。2008年頃から意欲的に楽曲制作に取り組み、弾き語りのライブ活動を始める。2009年12月、自主制作CD-R『倉内太と彼のクラスメイト』完成。2012年9月、DECKRECよりディスクユニオン限定フルヴォリューム・シングル「LIKE A RHYTHM GUITAR」発表。2012年11月、DECKRECより1stアルバム『くりかえしてそうなる』をリリース。収録曲「倉庫内作業員の恋」のMVには渡辺大知(黒猫チェルシー)、ヒラノノゾミ(BiS)が出演し話題に。以降、楽曲提供やコラボレーションなども行いながら、マイペースに作品をリリース&ライブ活動中。

倉内太公式サイト:http://kurauchifutoshi.jimdo.com

取材・テキスト:DONUT(秋元美乃/森内淳)