但野正和(最終少女ひかさ)インタビュー

但野正和(最終少女ひかさ)インタビュー

但野正和(最終少女ひかさ)インタビュー@豊平川

何週間かにわたりお届けしてきた最終少女ひかさの初ワンマン(札幌・東京)、ボーカル・但野正和ソロ初ワンマン(札幌・東京)の密着取材の最後にご紹介するのは但野正和インタビュー@豊平川。豊平川とは北海道札幌市を流れる河川で、札幌ではおなじみの川。要所要所に橋がかけられており、“豊平川”と聞いて思い浮かべる景色は、札幌に住む方それぞれで違うそう。

最終少女ひかさ(豊平川)

最終少女ひかさには「豊平川」という曲がある。いまいちなライブをしてしまった後、やるせない思いで向かった豊平川をタイトルにした歌だ。バンドマンである自分に向けて、自分たちに向けて紡がれたこの曲は、ライブで毎回披露されるわけではない。しかし、2年前はじめてこの曲を聴いたとき、5人が奏でるメロディと一緒に川が流れているのが見えた。行ったこともない河原の景色が浮かんできた。そして、“バンドマン”という呼びかけのようなフレーズは、バンドマンではない私にも驚くほど響いた。バンドマンとか何だとか職業は何でもよくて、人の心を直接つかむ強さと優しさにあふれた歌なのだ。今回の密着取材では、「豊平川」の景色のなかでどうしても但野に話を聞きたくて、ソロワンマンの翌日、時間をつくってもらった。そのインタビューがこちら。当日は台風のような強風と、時折ポツポツと雨粒を感じるあいにくの天候で、ビデオにも風の音がそのまま入っている。ノーカットで掲載したいくらいだったが、より多くの人に観て欲しくて約9分にまとめさせてもらった。密着編のラストを飾るスペシャルインタビュー、どうぞ最後までご覧ください。そして、この「豊平川」はまだ正式には音源にはなっていないので(以前に収録されたインディーズ盤は完売)、ぜひライブで体感してください。(秋元美乃/DONUT)

最終少女ひかさ(豊平川)

最終少女ひかさ、ワンマン密着CONTENTS

東京編

札幌編

最終少女ひかさ の関連ページ

INFORMATION

album『グッドバイ』

album『グッドバイ』

Lucky Hell/SPACE SHOWER MUSIC 2016年4月6日(水)リリース

収録曲:B/さよならDNA/ハローアゲイン/媚を売れ/ラブソング/まりこさん/すし喰いたい/商業音楽/かつき/関係者でてこい-onodera ver.-/いぎありわっしょい-yuumin ver.-/TKB8 全12曲

PROFILE

最終少女ひかさ

最終少女ひかさ/2013年、晩春に北海道札幌市で結成。フロントマンの但野正和が一人ひとりに声をかけ、現在の5人に。メンバーは但野正和(Vo&Gt)、山田駿旗(Gt&Cho)、ラモネス(Key&Cho)、小野寺宏太(Ba&Cho)、イワノユウ(Dr)。2014年に札幌タワーレコード ピヴォ店のみで発売された限定シングル「関係者でてこい」が話題となり、2015年3月に初の全国タワーレコード限定シングル「いぎありわっしょい」をリリース。2015年8月には「RISING SUN ROCK FESTIVAL 2015 in EZO」に出演を果たすなど、札幌を拠点に全国へその名を広めている。

最終少女ひかさ公式サイトhttp://s.maho.jp/homepage/5305a8hd60143afb/

取材・テキスト:DONUT(秋元美乃/森内淳)