クウチュウ戦

クウチュウ戦

3rd mini album 『超能力セレナーデ』

3rd mini album 『超能力セレナーデ』

クウチュウ戦のリヨ(Vo,G)が語る最新作『超能力セレナーデ』

2016年8月3日(水)、クウチュウ戦がサードミニアルバム『超能力セレナーデ』をリリース。今年1月にリリースされたセカンドミニアルバム『Sukoshi Fushigi』からわずか7ヶ月のインターバルでの新作発表となった。クウチュウ戦のメンバーはリヨ(Vo,G)、ニシヒラユミコ(B)、ベントラーカオル(Key)、アバシリ(Ds)の4人。プログレッシブ・ロックをポップに昇華させた楽曲を得意とする彼らは、今作でも「ぼこのことすき」「お願いUFO」「魔法が解ける」など個性的な楽曲を披露。とくに「ぼくのことすき」は、クウチュウ戦が目指してきた楽曲の究極形といっていい。他にもプログレに開き直った「インドのタクシー」やひたすら美しいメロディで構成された「アーバン」「フルート」を収録。クウチュウ戦が体現してきたプログレ、ポップ、ロックンロールの要素がバランスよく入った名盤に仕上がっている。今回はアルバムインタビューの他にもONE SONGも公開。収録場所に、ギター、アンプ、エフェクターにラジカセまで持ち込んでの収録になった。一筋縄ではいかない、すぐにユニークなことを創造してしまう感じが『超能力セレナーデ』という作品のもつ性格とシンクロしていて、とても面白かった。インタビューとONE SONGを思う存分楽しんでほしい。(森内淳/DONUT)

クウチュウ戦 – ぼくのことすき (Official Music Video)

INFORMATION

3rd mini album 『超能力セレナーデ』

3rd mini album 『超能力セレナーデ』

CTCJ-20044 ¥ 1,000 (税込)

収録曲:ぼくのことすき/インドのタクシー/アーバン/フルート/お願いUFO/魔法が解ける 全6曲

超能力セレナーデツアー

  • 2016年10月19日(水) 福岡・the voodoo lounge
  • 2016年10月21日(金) 大阪・CONPASS
  • 2016年10月22日(土) 名古屋・CLUB ROCK’N’ROLL
  • 2016年10月27日(木) 仙台・LIVE HOUSE enn 3rd
  • 2016年11月03日(木) 東京・Star lounge

PROFILE

クウチュウ戦

クウチュウ戦/90年生まれのロックカルテット。メンバーはリヨ(Vo&Gt)、ニシヒラユミコ(Ba)、ベントラーカオル(key)、アバシリ(Dr)。2008年、大学1年のリヨとニシヒラユミコがクウチュウ戦の原型バンドを結成。数年間、試行錯誤の日々。2011年1月、ベントラーカオルが加入。同年7月にリヨが突然ペルーに飛び、アマゾンのジャングルの奥で行われる神秘的な儀式に参加。その後リヨは2012年3月までヨーロッパを放浪。この間のクウチュウ戦は活動休止を余儀無くされる。バンドの存続も危ぶまれたが、海外見聞で覚醒し、新たなモチベーションを獲得したリヨが、初の本格的音源制作への意欲を爆発させ、バンドは奇跡的に復活。間もなくレコーディングが開始される。2012年11月、シングル「意気消沈/白い十代」を500枚限定でリリース(完売)。2013年1月、1stアルバム『プログレ』店舗限定リリース。2014年2月、会場限定シングル「予言/いっそUFO」リリース。同年5月、ドラマーのアバシリが正式加入。新体制のクウチュウ戦が誕生。2015年5月12日に渋谷ラママにて初のワンマンライブを敢行。同月13日、1st ミニアルバム『コンパクト』リリース(初の全国流通盤)。同年8月後半より『Sukoshi Fushigi』レコーディングセッションを開始し、ミニアルバムとして完成させた。 クウチュウ戦公式サイトhttps://koochewsen.com

取材・テキスト:DONUT(秋元美乃/森内淳)