THE NEATBEATS

THE NEATBEATS

THE NEATBEATS 恒例の生音ライブについてMr.PANにインタビュー

2016年11月26日(土)27日(日)、THE NEATBEATSが新宿レッドクロスにて、恒例の生音ライブを行う。生音ライブとは、バンドが所有するビンテージ機材をライブハウスに持ち込んで行うライブのこと。通常、どんなライブでもドラムやアンプの前にマイクを立てて、その音を卓でミックスし、音質や全部の楽器のバランスを整えて、それをスピーカーから鳴らす。ところが60年代のライブではマイクを使うのはボーカルのみ。他の機材は全部、ドラムから出た音、ギターアンプから出た音、ベースアンプから出た音そのままをお客さんが楽しんでいた。それはビートルズの昔のライブ映像を観れば一目瞭然だ。その頃はモニタースピーカーすら存在しなかった。昔のアンプは最初からそういう前提で設計されていたので、ビンテージ機材から直接鳴らされる音は絶品。そのサウンドを体験してもらおうと、ニートビーツは毎年、生音ライブを行っている。名づけて「BACK TO CAVERN!」。 CAVERNとはビートルズが60年代の初期に演奏していたライブハウスの名前だ。今回使用される機材はセルマー・アンプ、グレッチ・ドラム、オールド・マイク、ビンテージVOXスピーカーなど、当時の本物の機材ばかり。これらの機材を使用して1960年代初期の英国ビート・ブームのサウンドを完全再現する。さらに今年は、生音ライブを初めてライブレコーディングすることになった。来年結成20周年を迎えるニートビーツの記念プロジェクトとして、彼らのレコーディングスタジオGRAND-FROG STUDIOからお宝ビンテージ機材を持ち込んで、2日間のライブの模様をアナログ録音する。この作品は2017年春にライブ盤のリリースされる予定とのこと。チケットはほぼ完売状態だが、ライブハウスの店頭発売は10月26日からなので、その分が僅かに残っている可能性がある。行きたいと思った方はライブハウスに問い合わせてみてほしい。今回は、生音ライブの面白さ、難しさについて、ニートビーツのMr.PANに動画インタビューをした。ぜひご覧ください。(森内淳/DONUT)

THE NEATBEATS、関連ページ

INFORMATION

生音ワンマン・ライブ~SPECIAL ANNIVERSARY SERIES~ 『BACK TO THE CAVERN!』-TOKYO WINTER BEAT 2 DAYS-

【日程】 11月26日(土) /11月27日(日)

【会場】 新宿レッドクロス
【開場】 18:30/【開演】 19:00
【前売】 3,300円 (+1 DRINK)
【通し券】 6,000円

【チケット発売場所】 OLD HAT GEAR/ローソン/レッドクロス店頭(10/26~)/各ライブ会場での販売

【問】 レッドクロス 03-3202-5320

THE NEATBEATS LIVE INFO

  • 10月21日(金)名古屋得三
  • 10月22日(土)京都拾得
  • 10月23日(日) 京都拾得
  • 10月30日(日)下北沢DaisyBar
  • 11月5日(土)千葉 LOOK
  • 11月9日(水)梅田シャングリラ
  • 11月10日(木) 新宿レッドクロス
  • 11月19日(土) 静岡UMBER
  • 11月20日(日)岡山ペパーランド
  • 11月22日(火)熊本django
  • 11月23日(水)広島Cave-Be
  • 11月26日(土)新宿 red cloth (ワンマン)
  • 11月27日(日)新宿 red cloth (ワンマン)
  • 12月23日(金・祝) 梅田シャングリラ(ワンマン)
  • 12月24(土) 岡山CRAZY MAMA 2nd ROOM(ワンマン)

詳細はコチラ:http://www.neatbeats.net/