最終少女ひかさ

最終少女ひかさ

1st album『グッドバイ』

1st album『グッドバイ』

2回目のワンマン開催迫る! 最終少女ひかさから動画コメントが到着

今年は、4月に1stアルバム『グッドバイ』をリリースし、5月には札幌・東京で初のワンマンライブを行った最終少女ひかさ。作品リリースと初ワンマンという大きな出来事を、待望され大歓声に迎えられて成功させた彼らは、その後も浮き足立つわけでもなく、一歩一歩の歩みを札幌から全国へと進めてきた。端からみれば、勢いにのってもっとバーンと行けばいいのに、と思う時期も、5人はそうせずにひたすら自分たちのペースでここまできた。なぜだろう? ふと考えたとき、東京初ワンマンで但野正和(vo)がステージから吐露した言葉が頭をよぎった。「どうしたら届く? どうしたら響く?」――。かっこいいところだけ見せられたらどんなにいいかと思うけれど、裏腹に素が出てしまうのが但野のチャーミングで信じられるところだ。最終少女ひかさの音楽は一曲入魂。ステージは全身全霊。そんなのミュージシャンなら当たり前と言われるだろうが、その当たり前を超えた熱の塊が彼らのライブにはある。そして“ステージに立つ”ということに強い意識を寄せるバンドだからこそ、5月の初ワンマンを終え、もっと、もっと、とバンドを強化させる歩みを必要としたのかもしれない。ここ半年ほどの彼らの活動を思うと、勝手ながらそんなふうに思えてならない。そうして辿り着く2回目のワンマンライブは12月5日(月)大阪・心斎橋VARON、12月6日(火)東京・新代田FEVER、12月18日(日)北海道・札幌BESSIE HALLの3公演で、地元・札幌はすでにソールドアウト。激しく優しく心を動かす言の葉とサウンドを、ぜひ体感してください。ワンマンライブ、もうすぐ開催! ひかさに出会えるチャンスです!(秋元美乃/DONUT)

最終少女ひかさ「B」

INFORMATION

ワンマンライブツアー「GEKOKUJO! 2016冬」

  • 12月5日(月)大阪・心斎橋VARON
  • 12月6日(火)東京・新代田FEVER
  • 12月18日(日)北海道・札幌BESSIE HALL(ソールドアウト)
  • OPEN 18:30 / START 19:00
  • 前売 ¥2,800(税込) 当日 ¥3,300(税込)
  • ※共に別途ドリンク代(ドリンク代は会場により異なります。)

但野正和 弾き語りワンマン 【翌日】

  • 東京編:2016年12月7日(水) 吉祥寺シルバーエレファント
  • 札幌編:2016年12月19日(月) 札幌OYOYO
  • OPEN 18:30 / START 19:00
  • 前売 ¥1,500(税込、別途1D500円)
  • ※弾き語りはメール予約のみ yoyakudouzo@gmail.com まで
album『グッドバイ』

album『グッドバイ』

  • Lucky Hell/SPACE SHOWER MUSIC
  • 2016年4月6日(水)リリース
  • 収録曲:B/さよならDNA/ハローアゲイン/媚を売れ/ラブソング/まりこさん/すし喰いたい/商業音楽/かつき/関係者でてこい-onodera ver.-/いぎありわっしょい-yuumin ver.-/TKB8 全12曲

PROFILE

最終少女ひかさ

最終少女ひかさ/2013年、晩春に北海道札幌市で結成。フロントマンの但野正和が一人ひとりに声をかけ、現在の5人に。メンバーは但野正和(Vo&Gt)、山田駿旗(Gt&Cho)、ラモネス(Key&Cho)、小野寺宏太(Ba&Cho)、イワノユウ(Dr)。2014年に札幌タワーレコード ピヴォ店のみで発売された限定シングル「関係者でてこい」が話題となり、2015年3月に初の全国タワーレコード限定シングル「いぎありわっしょい」をリリース。2015年8月には「RISING SUN ROCK FESTIVAL 2015 in EZO」に出演。2016年4月に1stアルバム『グッドバイ』を発表するなど、札幌を拠点に全国へその名を広めている。

取材・テキスト:DONUT(秋元美乃/森内淳)