ザ・クロマニヨンズ

ザ・クロマニヨンズ

BIMBOROLLツアー

BIMBOROLLツアー

ザ・クロマニヨンズの「BIMBOROLLツアー」を見た

ザ・クロマニヨンズ

いつものライブのようで何かが違う。そういう感覚に陥った。それはもしかしたら恵比寿リキッドルームという場所のせいかもしれない。クロマニヨンズの東京公演はO-EASTやブリッツや新木場コーストなど、ライブハウスというよりもスタンディングのホールというニュアンスの場所が多い。恵比寿リキッドルームというライブハウス然とした会場でクロマニヨンズのライブを観るのは前々回のツアーを和歌山で観て以来だ。しかしそれだけでは割り切れないような鉄壁のロック・ショウの佇まいが、ステージの上で展開されていた。

例えば、1曲目の「おれ今日バイク」から4曲目の「デトマソパンテーラを見た」までの間、息をつく暇もなく、まるでメドレーのように構成されていた。「毎ツアー、そんな感じでしょ?」と言われれば、たしかにそうだが、歌も演奏もパフォーマンスも強靭さに支えられていたような印象だった。「なんか鉄のメドレーのようだな」と思った。それに圧倒されていると、いつものふにゃふにゃのMCが入り、再び鉄の時間がやって来る。そんな感じだった。

こんな言葉はクロマニヨンズに一番似合わないかもしれないが、それはまるで周到に計算されたエンターテイメントにも映った。そもそもライブの1曲目がアルバムの1曲目ではないところも近年では珍しい。コンサートの始まりは「おれ今日バイク」。本来1曲目に演奏されるべき(べきっていうのも変だけど)「ペテン師ロック」は終盤の「最後までぶっ飛ばしていく」ゾーンの発火点として配置されていた。それに続いたのが前作のシングルナンバー「エルビス(仮)」(この曲もロックンロールの名曲だ)。会場は狂ったように盛り上がった。

「ペテン師ロック」「エルビス(仮)」「突撃ロック」「エイトビート」「雷雨決行」「ギリギリガガンガン」……リリースを重ねていくうちに、どんどん名曲が増えていく。それが鉄のエンターテイメント感を引き起こしているのか。それとも10年間、バンドをやって来た自信なのか。10年やって来たことの経験なのか。10年経ってもまだまだ行けるという手応えなのか。やりたいようにロックンロールをする感覚を保ちながら、また違うレベル、違うフィールドへ向かおうとしていることが、こちらに伝わってくる。ロックンロールとは既存のスタイルを超えていく過程で鳴る。まだまだ足りない、という感覚。まだまだ何か新しいことがやれる、という感覚。クロマニヨンズは常にそれを実践しているようにも思う。

例えば、ポール・マッカートニーやローリング・ストーンズといった70オーバーの偉大な先人たちが今もあんなにすごいステージをやっている『NEW』も『BLUE&LONESOME』も最高のアルバムだった。それと比べれば、50そこらのミュージシャンの伸びしろなど無限大だ。うちにあるCDデッキは複数枚セットすることができて『BLUE&LONESOME』の次に『BIMBOROLL』が出てくるのだが、この流れはなかなかすごいよ。その無限大の伸びしろをこのツアーでは証明している。まだ50、まだデビューして30年、まだクロマニヨンズで10年。そう言わんばかりのステージだ。

ヒロトもマーシーも、普段からたらふく音楽を食らう。音楽ばっかりを聴いていると言っても過言ではない。もしかしたらどの音楽ファンよりもレコード屋さんに通っているのではないだろうか。筆者は、彼らのことを日本で一番のロックンロール・リスナーだと思っている。その彼らの音楽体験はライブによって私たちに還元される。僕らが出会えなかった音楽体験に、彼らを通して間接的に出会えている。年を重ねていくのと比例してクロマニヨンズのライブが分厚くなっていく理由のひとつに、それがあるのではないか、と思う。

「ピート」や「デトマソパンテーラを見た」など、リリックを超えたリリック=ロックンロールの衝動を綴った楽曲をどんどん放つクロマニヨンズ。彼らがロックンロールを貪り食って放つロックンロールを、私たちが食らう。「BIMBOROLLツアー」も面白い。ヒロトとマーシーのライブを観始めて31年以上が経つが、全く飽きないのは、彼らが飽きさせないからだ。(森内淳/DONUT)

ザ・クロマニヨンズ

ザ・クロマニヨンズ

ザ・クロマニヨンズ

INFORMATION

Album『BIMBOROLL』

Album『BIMBOROLL』

2016年11月2日リリース
【完全生産限定アナログ盤】¥2,913+税 BVJL-23
【CD】¥2,913+税 BVCL-747

  • 収録曲:ペテン師ロック/マキシマム/ピート/おれ今日バイク/デトマソパンテーラを見た/ナイアガラ/もれている/誰がために/モーリー・モーリー/焼芋/光線銃/大体そう 全12曲

ザ・クロマニヨンズ TOUR BIMBOROLL 2016-2017

(すでに終了した14ヵ所に関しては掲載していません)
12月15日(木) 大分県 DRUM Be-0
12月17日(土) 熊本県 熊本B.9 V1
12月18日(日) 熊本県 熊本B.9 V1
12月20日(火) 神奈川県 CLUB CITTA’ 川崎
12月23日(金) 北海道 PENNY LANE 24
12月24日(土) 北海道 PENNY LANE 24
12月25日(日) 北海道 PENNY LANE 24
12月27日(火) 北海道 帯広 MEGA STONE
1月09日(月) 岐阜県 岐阜club-G
1月11日(水) 愛知県 E.L.L.
1月12日(木) 愛知県 E.L.L.
1月17日(火) 福島県 郡山 HIP SHOT JAPAN
1月20日(金) 静岡県 Live House浜松 窓枠
1月21日(土) 静岡県 Live House浜松 窓枠
1月24日(火) 東京都 TOKYO DOME CITY HALL
1月28日(土) 新潟県 新潟LOTS
1月31日(火) 群馬県 高崎 club FLEEZ
2月03日(金) 滋賀県 滋賀U★STONE
2月04日(土) 滋賀県 滋賀U★STONE
2月06日(月) 和歌山県 和歌山SHELTER
2月08日(水) 兵庫県 神戸ハーバースタジオ
2月09日(木) 兵庫県 神戸ハーバースタジオ
2月14日(火) 島根県 松江B1
2月16日(木) 愛媛県 松山W studio RED
2月18日(土) 広島県 BLUE LIVE 広島
2月19日(日) 山口県 周南 RISING HALL
2月22日(水) 山梨県 甲府CONVICTION
2月25日(土) 宮城県 仙台 PIT
3月02日(木) 埼玉県 戸田市文化会館
3月04日(土) 東京都 福生市民会館
3月12日(日) 神奈川県 ハーモニーホール座間 大ホール
3月18日(土) 香川県 サンポートホール高松 大ホール
3月20日(月) 京都府 京都KBSホール
3月25日(土) 長野県 茅野市民館 マルチホール
4月01日(土) 栃木県 栃木県教育会館
4月02日(日) 千葉県 千葉市民会館 大ホール
4月06日(木) 静岡県 静岡市民文化会館 中ホール
4月08日(土) 三重県 三重県文化会館 中ホール
4月09日(日) 愛知県 刈谷市総合文化センター 大ホール
4月14日(金) 兵庫県 尼崎市総合文化センター あましんアルカイックホール
4月19日(水) 東京都 かつしかシンフォニーヒルズ モーツァルトホール
4月22日(土) 福岡県 石橋文化ホール

PROFILE

ザ・クロマニヨンズ

ザ・クロマニヨンズ/2006年7月23日 13時41分「FM802 MEET THE WORLD BEAT 2006」にて、正体不明のバンドとして出現。その後「FUJI ROCK FESTIVAL ’06」 「RISING SUN ROCK FESTIVAL 2006 in EZO」「OkinawAmp’06」など数々の夏フェスにも出現し、大きな話題に。同年9月20日、デビュー・シングル「タリホー」を、10月25日、デビュー・アルバム『ザ・クロマニヨンズ』をリリース。その後もロック・ファンの熱い支持を受けながら、活動を続ける。2013年には初のライブ・アルバム『ザ・クロマニヨンズ ツアー 2013 イエティ 対 クロマニヨン』をリリース。2015年10月21日には最新アルバム『JUNGLE 9』を発表し、11月7日より全国ツアー「ザ・クロマニヨンズ TOUR  JUNGLE 9 2015-2016」(全国70公演)を敢行中。メンバーは甲本ヒロト(Vo)真島昌利(G.)小林勝(B)桐田勝治(Ds)。

 公式サイト:http://www.cro-magnons.net

取材・テキスト:DONUT(秋元美乃/森内淳)