爆弾ジョニー

爆弾ジョニー

live album『Live to BAKUDANIUS』

live album『Live to BAKUDANIUS』

爆弾ジョニーから『Live to BAKUDANIUS』について動画コメントが到着!復活後初の作品は、ありのままを収録したライブアルバム

昨年6月30日に、約2年の活動休止期間を経て渋谷クアトロにて復活ライブを敢行。その後11月から12月にかけて活動再開ツアー「ROAD to BAKUDANIUS 2016」を開催し、全国のファンに新たな物語の始まりを告げた爆弾ジョニー。彼らが、復活後初リリースとなる作品『Live to BAKUDANIUS』を2月22日に発表した。今作は、前述のツアーの模様をパッケージしたライブアルバムで、厳選された全12曲中なんと9曲が新曲という内容。

このアルバムもツアー同様に「滑空キラー」で幕を開ける。2年前、突如ファンを置き去りにする形となった彼らだが、止まらずに進んでいる姿をみせてくれた新曲だ。歌詞には<相も変わらず強くもやさしくもないよ>とあるけれど、ここからまたさらに進んでいく5人の始動にぴったりのナンバーで、演奏にみなぎるみずみずしさがいい。そして、ここで綴られる<君の名前を呼び続けてる>という言葉が、ずっと爆弾ジョニーを待っていたファンの心ともリンクするよう。ほか、ココリコ遠藤章造に許可を得た、ほほほいのほい、がキャッチーにループするパーティーチューン「KEN・KYO・NI・ORA・TSUKE」。次第に高揚していくタフなサウンドをともなって、ライブでも熱量高く大きなハイライトを生んでいた「EVe」。<あの日 奪い取ってしまった今日も変わってくから/空へ飛ばすんだ また動き出せる>と言い切る歌詞が胸にくる「A.I.R」。キミのやり方で、何度でも、という強い響きが「滑空キラー」と呼応する。今の爆弾ジョニーを押し上げるたくさんの新アンセムが誕生している。なかにはこれまでになかった曲調のナンバーもあり、5人がいろいろな曲作りの方法を試しているのが興味深い。そして今作のラストをしめるのは、ツアー同様に「かなしみのない場所へ」。約50分のライブ体験がここにある。

りょーめーが目を見開いて心臓を叩きながら歌った瞬間が。キョウスケが長い足を振り上げた瞬間が。安田がキーボードとダンスするような瞬間が。小堀が体全体でグルーヴを刻んだ瞬間が。タイチがキレッキレでスティックを振り下ろす瞬間が、見える。

ツアー初日・新宿レッドクロスのステージで、りょーめーは「嘘はつけないからそれでがっかりさせることもあるけど、俺らはリアルだから。ありのままでしかいられない」と口にした。その剥き出しのリアルがこの1枚に詰まっている。ミスもそのまま。でも、これがライブだ。彼らの復活がライブでしかあり得なかったように、復活後初のリリース作品として彼らはありのままを届ける必要があった。そういう意味でも、ライブ盤本来の意味を強くもった1枚だと思う。そしてこの臨場感が、ライブに参加できなかった全国のファンにも「ただいま!」と伝えてくれている。ちなみに、収録された「滑空キラー」で聴ける<僕の背中を追いかけてくれ>というフレーズは、歌詞カードのどこを探しても載っていない。よし、わかった。言われなくたって。

爆弾ジョニーは現在「スペースシャワー列伝TOUR」で再び全国を行脚中。さらに進化したステージを見せていることだろう。彼らのライブが待ち遠しい。(秋元美乃/DONUT)

INFORMATION

live album『Live to BAKUDANIUS』

live album『Live to BAKUDANIUS』

  • 2月22日(水)リリース
  • 全12曲収録 KSCL-2877 / ¥2,315+税
  • 初回仕様:いい紙&かっこいい盤面CD
  • 収録曲
  • 1.滑空キラー
  • 2.終わりなき午後の冒険者
  • 3.唯一人
  • 4.KEN・KYO・NI・ORA・TSUKE
  • 5.DA DA DA
  • 6.Eve
  • 7.やさしみ
  • 8.Shall be a youth
  • 9.REAL WIND
  • 10.5号線
  • 11.A.I.R
  • 12.かなしみのない場所へ

LIVE「スペースシャワー列伝 JAPAN TOUR 2017 ~10th ANNIVERSARY~」

※福岡、広島、高松公演は終了

3月2日(木) 札幌 CUBE GARDEN

3月4日(土) 仙台 MACANA

3月5日(日) 新潟 GOLDEN PIGS RED STAGE

3月8日(水) 名古屋 CLUB QUATTRO

3月9日(木) 大阪 BIGCAT

3月12日(日) 東京 赤坂BLITZ

PROFILE

爆弾ジョニー

2010年、vo.りょーめー、gt.キョウスケ、key.ロマンチック☆安田、Ba.小堀ファイヤー、dr.タイチサンダーの5人が札幌にて巡り会い、2011年7月にインディ・デビュー。2013年12月にはキューン・ミュージックからのメジャー・デビューを発表し、現在3枚のシングルと2枚のアルバムをリリース。その夏、「RISING SUN ROCK FESTIVAL」の一番大きなステージに出演するなど全国各地のフェスをアゲ︎ていくのだが、11月より、りょーめーの体調不良を理由に活動を休止(風が止んだ)。しかし1年半後の2016年4月、活動再開を発表し、6月30日に渋谷クラブ・クアトロにて活動再開ライブ「BAKUDANIUS」を行った。秋からは全国9ヵ所にて活動再開ライブツアー「ROAD to BAKUDANIUS 2016」を実施し熱狂のステージパフォーマンスを魅せた。その公演を収録したほとんどが新曲という、異例のライブ・アルバムを2017年2月22日にリリース。また、不定期ネットラジオ「ジョニーさんといっしょ」をLINE LIVEにて配信中。そして現在、また世界を爆弾色に染めるためにいろいろ模索中。

取材・テキスト:DONUT(秋元美乃/森内淳)