がらくたロボット

がらくたロボット

mini album『BREAK OUT』

mini album『BREAK OUT』

がらくたロボットの新作『BREAK OUT』完成!「初期衝動よりもすごい衝動が詰まった」作品とヤマモトダイジロウが語る

地元・神戸を中心に活動する3ピースバンド、がらくたロボットがミニアルバム『BREAK OUT』を3月8日にリリースした。できれば、まずは何の前情報もなしに下記YouTubeで「Lonely It’s Alright」を聴いてみてほしい。

音から声から湧き出るエネルギー。頭より先に体が反応するビート。自分の中の何かが突き動かされるこの感じ。パンクロックのダイナミズムを纏ったこのナンバーで幕を開ける今作は、BREAK OUTというタイトルどおり突き抜けている。この突き抜け感はがらくたロボットの大きな魅力で、有無を言わせぬ説得力でもある。もちろんそれだけじゃなくソングライターとしての力量もあるが、よく言われる「ギターを持ってジャーンと鳴らせばロックンロール」、まさにこれ。ロックンロールがかっこいいことを全身で表現してみせるバンドだ。これが王道ロックンロールだと大声で言ってしまいたい。こんなバンドの登場をずっと待っていた気がする。何より「Lonely It’s Alright」という言葉に泣ける。乱暴に言えば“ひとりでいいじゃん”。そう、いつだってロックンロールは孤独と向き合う心のそばで鳴ってきた。昔も今も。

そんな歌をつくっているのがボーカル&ギターのヤマモトダイジロウ、20才。小学3年の頃に父親の車の中で聴いたザ・フーの「Pictures of Lily」に痺れた彼はすぐさまギターを手にし、同時に曲作りを開始。ブリティッシュビートに惹かれ、パンクロックと出会い、ザ・フーの映像を見ては「自分も同じステージに立ってロックをやりたい」と思ったそうだ。中学の頃にはまずコピーバンドを組み、当初はギターだけ担当していたが「自分が歌ったほうがかっこええ」とのことで2012年、高校1年の時に「がらくたロボット」を結成した。ちなみに日本の音楽ではザ・スターリンやザ・ルースターズが好きだというダイジロウ。自分で初めて買ったLPレコードはサンハウスの『仁輪加』。なるほど。

今作『BREAK OUT』はザ・クロマニヨンズやOKAMOTO’Sを手がける川口聡をミックスエンジニアに迎えて制作。がらくたロボット流のパンクロック賛歌「Lonely It’s Alright」をはじめ、キャッチーで遊び心あふれるナンバーあり、カバーあり、衝動爆走ソングありの全6曲を収録した、ダイジロウ曰く「初期衝動よりもすごい衝動が詰まった」作品となっている。6曲をとおして迫ってくるBREAK OUTという思い。特筆すべきは6曲目「ハネル」。この曲はバラードながら今作イチの衝動を放っているような気がしてならない。<笑い出す蝶達は生きてるかもわからない/僕は叫ぶ 僕は叫ぶ それしかないから>。ラストでこう綴られる歌詞は、センチメンタルでロマンティックなメロディと合わさって、何だか少しヒリヒリする。ザ・フーやルースターズをルーツに掲げながらも、その焼き直しでなく今に響くロックンロールが鳴っている。そこが嬉しく頼もしい。

今回ダイジロウに取材した際に「例えば5年後10年後、どんなバンドになっていたいか」と尋ねると、こんな答えが返ってきた。「未来のことはわからへん。今が大事」――いいぞいいぞ。久々だ、この感じ。余談だが、昨年5月、初めて彼らのライブを観たときの興奮は今でも忘れない。一発KOをくらった私はライブ後すぐに物販に行き、いま出ている彼らのCD全部とアナログ・レコードを購入した。それくらい、このバンドとの出会いにワクワク・ドキドキしたのだ。聞けば、彼らのファンは年上世代が多いという。私も含めそれも納得だが、いやはやなんともったいない! とにかく一度聴いてほしい。小細工なしのロックンロールに痺れます。(秋元美乃/DONUT)

がらくたロボット「Lonely It’s Alright」

INFORMATION

mini album『BREAK OUT』

mini album『BREAK OUT』

  • 2017年3月8日発売
  • 1500円(税込) BZCS-1151
  • 収録曲
  • 1.Lonely It’s Alright
  • 2.Bye Bye Baby
  • 3.キングコング
  • 4.リンダ
  • 5.BREAK OUT
  • 6.ハネル

LIVE INFO

  • “BugRism vol.1”bugs from social system × CYCLONE pre.
    3月23日(木) shibuya CYCLONE
  • “NEW LEVEL”vol.326
    3月24日(金) F. A. D. YOKOHAMA
  • 血管パンチ Vol.1
    3月25日(土) 下北沢Club251
  • がらくたロボット『BREAK OUT』レコ発大阪編
    4月13日(木) 大阪 Music Bar FANDANGO
  • ながれものたちの夜 vol.4
    4月15日(土) Music Cafe OOH-LA-LA

PROFILE

がらくたロボット

がらくたロボット/2012年10月高校1年生だったヤマモトダイジロウ(Vo&Gt)を中心に結成。地元・神戸を中心に関西地区で積極的にライブ活動を展開し、2013年7月にはOSM主催の高校生バンドコンテスト「OSM High School MUSIC CAMP」で優勝する。2015年高校卒業とともに、現メンバーであるムラカミフウタ(Ba)、イノウエタカヒロ(Ds)が加入し本格的に活動開始。同年8月には全国ツアーを敢行した。2016年3月全国公開された映画『復讐したい』の挿入歌に「Morning glory」が抜擢され、5月25日同曲を収録したミニアルバム『GOOD-BYE THE SUN』をリリース。全国11ヵ所にてライブツアーを行う。また地元神戸最大の音楽フェス「COMIN’KOBE16」や「いつまでも世界は…2016」「SAKAE SP-RING 2016」「MINAMI WHEEL 2016」などのサーキットイベントにも出演を果たした。

Official Web Site:http://garakutarobot.com/

取材・テキスト:DONUT(秋元美乃/森内淳)