シュリスペイロフ

シュリスペイロフ

7th album『聞えた』

(読み:きえた)

7th album『聞えた』

シュリスペイロフ宮本英一が語る最新作『聞えた』

オルタナティブロックバンド、シュリスペイロフが1年2ヵ月ぶりにアルバム『聞えた』をリリース。バンド・サウンドにストレートにアプローチした作品について宮本英一(vo&gt)が語る。

北海道出身のオルタナティブロックバンド、シュリスペイロフが10月4日(水)、1年2ヵ月ぶりのニューアルバム『聞えた』(読み:きえた)をリリース。聞こえた瞬間に消えていく音楽の様(さま)を「聞えた(きえた)」というタイトルに表すあたり、一筋縄でいかない感じがいかにもシュリスペイロフらしい。と書くと、随分、難しい内容のように聞こえるが、このアルバム、今までの作品で一番バンド・サウンドに対してストレートにアプローチ。コアなシュリスペイロフのファンはもちろん、オルタナに精通していないロック・リスナーにも届く内容になっている。この変化について宮本英一に訊いた。またシュリスペイロフは、バンド史上初のワンマンツアー「聞えたツアー」を開催。11月24日(金)名古屋 CLUB ROCK’N’ROLL、11月26日(日) 心斎橋 AtlantiQs、12月16日(土) 新宿 red cloth、12月22日(金) 札幌 COLONYの全国4ヵ所で行われる。(森内淳/DONUT)

INFORMATION

7th album『聞えた』(読み:きえた)

7th album『聞えた』(読み:きえた)

2017年10月4日(水)リリース
QECD-10005(BUMP-069)¥2,500(tax in)

 収録曲
1.きみのマンガ
2.わたしをみつけて
3.ななし
4.シェア
5.スクラップ
6.水の中
7.愛された日々
8.退屈な夢
9.グリード
10.ガール

シュリスペイロフ「ガール」MV

ONE MAN TOUR「聞えたツアー」

2017年11月24日(金)名古屋 CLUB ROCK’N’ROLL
open 18:30 /start19:00

2017年11月26日(日)心斎橋 AtlantiQs
open 17:30 /start18:00

 2017年12月16日(土)新宿 red cloth
open 17:30 /start18:00 

2017年12月22日(金)札幌 COLONY
open 18:30 /start19:00

前売 ¥2,700(tax in)/ 当日 ¥3,240(tax in)※ドリンク代別

PROFILE

シュリスペイロフ

シュリスペイロフ/宮本英一(Vocal,Guitar)澁谷悠希(Guitar)野口寛喜(Bass)ブチョー(Drums)。1999 年、札幌にて結成。2004 年、札幌COLONYにて初ライブ。2008 年、1st アルバム「シュリスペイロフ」リリース。2013 年、山中さわお(the pillows) が主宰する「DELICIOUS LABEL」へ移籍。東京に拠点を移し活動を始める。2014 年、the pillows 25 周年記念トリビュートアルバム「ROCK AND THYMPATHY -tribute to the pillows-」に楽曲「カーニバル」で参加。4 月16 日にミニアルバム「turtle」をリリース。2015 年、 約4 年ぶりにフルアルバムをリリース。12 月会場限定シングル『カノン』を発売。2016 年、 8 月10 日ニューアルバム「あまりかぜ」を発売。10 月、長年サポートをつとめた澁谷悠希(Gt)が正式加入。2017年、「聞えた」をリリース。

取材・テキスト:DONUT(秋元美乃/森内淳)