富澤タク

富澤タク

1st solo album『波とギター』

1st solo album『波とギター』

富澤タク、キャリア初のソロアルバム『波とギター』完成。こだわりの作品づくりとは?

グループ魂やNumber the.で活動する富澤タクが、満を持してソロアルバムを発表。
思いと時間をかけて作り上げた本作に横たわる、彼の作品づくりの本質を訊いた。

今夏の「FUJI ROCK FESTIVAL ’17」ではグループ魂、自身がリーダーを務めるバンドNumber the.、そしてソロと、トークを含め4ステージに出演するなど賑やかな初登場を飾った富澤タク。彼が、キャリア初となる1stソロアルバム『波とギター』を9月20日にリリースした。中学生の頃から思い描いていたという自身のアルバムについて、具体的には10年ほど前に制作に関する波がきていたものの、他プロジェクトでの活動やソロ作に対する思い入れの強さもあり、形になるまでに時間がかかってしまったという。そんな富澤が満を持して完成させた本作には、デジタルで先行リリースした「いずれ」「そのさき」「今夜抄」を含む全10曲を収録。1曲目は「ソネット第一片」。<みんなと同じ時計の速さで 流行りのテンポに無理に合わせて 事をすすめる必要はないのだ 浜辺で貝を拾う子供がごとく>と、まるで自身の姿も投影したかのようなフレーズを挟むこの曲は14行詩(ソネット形式)で綴られている。「いずれ」でも読み詞と書き詞を併せ持つ歌詞を作っており、普段はギターに注目されがちな富澤だが、言葉に対する強い思いが1枚を通して伝わってくる。また、8曲目「エンドロール」の<音楽が鳴り止んだなら>という最後のリリックに誘われるように始まる「波風彷 4:33」。タイトルからも窺えるが、ジョン・ケージへのオマージュというこの曲は波の音で描かれる世界。研ぎ澄ませて作り上げたものが深くもシンプルな音楽(アルバム)となり、本作のクライマックスに究極の音色を響き渡らせる。そして再び、「そのさき」へ。なんとドラマチックなアルバムなのだろう。今回Rock isでは、全曲に繊細な視点を落とし込んだ本作について話を訊かせてもらった。富澤の作品づくりにおける本質がみえるインタビューをご覧いただき、ぜひもう一度アルバムを通して聴いてみてください。(秋元美乃/DONUT)

INFORMATION

1st solo album『波とギター』

1st solo album『波とギター』

9月20日(水)リリース
2,130円(税抜き)DDCB-12970  Jab Records/SPACE SHOWER MUSIC

収録曲:
01.ソネット第一片
02.そのさき
03.今夜抄 (ALBUM VERSION)
04.発光
05.オトナオト
06.どういえばいい
07.いずれ (ALBUM VERSION)
08.エンドロール
09.波風彷 4:33
10.そのさき 036REMIX (BONUS TRACK)

富澤タク『波とギター』Album Digest(Official Video)

富澤タク「波とギター」リリースアコースティックツアー2017

11月11日(土)大阪 cafe&bar Lgt
open 19:00/start 20:00
前売り3000円+2D/当日3500円+2D

11月12日(日)新倉敷 mug *ゲスト:清藤羚之(COR-SEZ)
open 19:00/start 19:30
前売り3000円+1D/当日3500円+1D

11月25日(土)下北沢BAR?CCO
open 19:00/start 20:00
前売り3000円+2D/当日3500円+2D

12月2日(土)いわきMusic bar burrows
open 19:00/start 19:30
前売り3000円+1D/当日3500円+1D

12月3日(日)郡山Go Go Round This World!Books&Café
※ゲスト:藤井敬之(音速ライン)
open 17:30/start 18:00
前売り3000円+1D/当日3500円+1D

<全ての公演のご予約:10/1(日)から>
お名前、連絡先、公演日、枚数を記入のうえ、numbertheinfo[at]yahoo.co.jpまで。
※公演のご予約は、[at]を@に変更しお問い合わせください。
全公演ともに入場は先着順となります。

 

PROFILE

富澤タク

富澤タク(とみざわたく)/福島県いわき市出身。ミュージシャン/ギタリスト/シンガー/作詞/作曲/プロデュースの他、絵も手がける。1987年〜1989年はJohnny Guitar。1989年〜1991年&2015年はCOR-SEZ。1991年〜現在はNumber the.(1991〜1993 Number 9、1993〜1997 Number the 9)。2002年〜現在はグループ魂。2008年〜TOKYO MOOD PUNKSなどバンド活動をはじめ、プレイヤー、ライター、プロデューサーとしても数々のアーティストと作品を制作。自身がリーダーのバンド「Number the.」は2枚のアルバムをリリース。2011年には東日本大震災のチャリティーソング「予定~○○に帰ったら~」を、箭内道彦氏らとリリース。現在も続く全国版の全てに参加。「COR-SEZ」は長い休止を経て2015年に初の公式音源をリリース。「グループ魂」ではNHK紅白歌合戦出演、日本武道館公演など果たす。2017年、配信シングル「MOON BEAM」(Number the.)をリリース。ソロ名義では、2016年4月に初のシングル「いずれ」、2017年3月に「そのさき」、7月に「今夜抄」をデジタルリリース。また、個展も開催している。

富澤タク公式サイト:http://www.taku-tomizawa.net

取材・テキスト:DONUT(秋元美乃/森内淳)