Droog

Droog

5th mini album『環状線デラシネ』

5th mini album『環状線デラシネ』

Droogミニアルバム『環状線デラシネ』完成!今のバンドの姿が響く本作についてカタヤマと荒金にインタビュー

Droogが5thミニアルバム『環状線デラシネ』をリリース。
本作の制作を経て、改めてメンバー一丸となったとカタヤマ・荒金が語る

カタヤマヒロキ(vo)、荒金祐太朗(gt)、多田拓斗(ba)、右田智弘(dr)からなるDroogが、5枚目のミニアルバム『環状線デラシネ』を10月25日にリリースした。荒金のゴキゲンなロックンロール・ギターで幕を開ける「Band of Gold」から聴き進めていくと、1枚をとおして今のバンドの姿が強く響いてくる。開放感を増した荒金のリフ、耳を惹く多田のベースライン、グルーヴを強めた右田のビート、艶と包容力をみせるカタヤマの歌。衝動はそのままにバンドの進化があらわれている。今作で浮かび上がった“環状線”“デラシネ=根無し草”“月”というキーワードは偶然の産物だそうだが、メンバー脱退の危機・解散の危機を乗り越えて完成したという本作には、サウンドにも歌声にも隠しきれない4人の思いを感じてならない。Rock isでは今回、カタヤマと荒金に動画インタビュー。サウンドプロデューサーに蝶々Pと磯江俊道を迎えたレコーディングやバンド、ツアーのことなどを語ってもらった。
ライブ定番曲「Theme of Droog」で<We are Droog!>と叫んだ彼らは、今作ラストで<We are Family>と優しくも力強く言い切った。危機があったのにというか、危機を乗り越えたからこそと言うべきか、サウンドに漂うポジティヴな感触は彼らの強さなんだと思う。かつて、茶沢通りからの道が地元・大分別府と繋がって「青い道」となったように、進み続ければいい。Droogに終着点なんてあってたまるか。(秋元美乃/DONUT)

INFORMATION

5th mini album『環状線デラシネ』

5th mini album『環状線デラシネ』

2017年10月25日リリース
UICZ-4407 1,667円(+tax)
収録曲:
1.Band Of Gold
2.デラシネ
3.ペーパームーン・ライト
4.環状線
5.ブラックアウト
6.We Are Family

Droog – 環状線(Full Size)

TOUR

愛と狂気のロックンロール東日本サーキット2017
w / THE SLUT BANKS、首振りDolls
2017/10/29(日) 秋葉原CLUB GOODMAN
2017/11/12(日) 仙台FLYING SON
2017/11/13(月) 宇都宮KENT
2017/11/15(水) 代々木labo
2017/11/17(金) 新潟Golden Pigs
2017/11/18(土) 金沢ash
2017/11/19(日) 名古屋 上前津 CLUB ZION
2017/11/25(土) 札幌CrazyMonkey(18時開演)
2017/11/25(土) 札幌CrazyMonkey(アフターパーティ)
※THE SLUT BANKS、Droog、首振りDollsからの選抜メンバーによる激レアセッションバンド+スペシャルゲスト有り

ようこそ地獄ヘルズツアー2018
w / THE SLUT BANKS、首振りDolls
2018/1/12(金) 福岡voodoo lounge

Droog × THE SLUT BANKS 別府決戦2018~ドルーグの家~
2018/1/14(日) 別府COPPER RAVENS

ようこそ地獄ヘルズツアー2018
w / THE SLUT BANKS、首振りDolls
2018/1/16(火) 小倉FUSE
20101/17(水) 広島SECOND CRUTCH
20181/18(木) 岡山DESPERADO
2018/1/20(土) 神戸ART HOUSE
2018/1/21(日) 心斎橋KING COBRA
2018/1/22(月) 京都voxhall

Droog『環状線デラシネ』release Tour 2017 & 2018-TOUR FINAL ONEMAN
2018/1/26(金) 渋谷CHELSEA HOTEL

OTHER LIVE

Large House Satisfaction “Highway To Hellvalley”Release Tour 『抜けた牙を探しに行くツアー』
2017/11/3(金) 千葉Look

下北沢アイデンティティキングダム10
2017/12/5(火) 下北沢Laguna

「LIBERTY NIGHT Vol.2」 -ホッコリーナ治療院の定期オペ-
2017/12/8(金) 新宿LOFT BAR LOUNGE

道玄坂異種格闘技戦 vol.99 × eureka! vol.3『THANK YOU 2017 !!! HELLO 2018 !!!!』
2017/12/31(日) 渋谷La.mama

PROFILE

Droog

Droog(ドルーグ)/カタヤマヒロキ(vo)荒金祐太朗(gt)多田拓斗(ba)右田智弘(dr)。大分県別府市出身、幼稚園からの幼なじみによる4人組ロックンロール・バンド。バンド名はスタンリー・キューブリックの映画『時計じかけのオレンジ』より命名。高校の先生からセックス・ピストルズを教わり、パンク、ロックンロールに夢中になり、バンドを結成する。2010年18歳の時にミニ・アルバム『Droog』をリリース。九州で話題のバンドとなり、大手レコード会社争奪戦の末、2011年「Love Songs」でメジャー・デビュー。年間100本のライヴを敢行し、昨年は自主レーベルTICK Recordsを立ち上げ、2016年8月、3枚目のフル・アルバム『命題』をリリース。2016年12月にはメジャー復帰第一弾、通算4枚目となるミニ・アルバム『Monochrome』をユニバーサル ミュージックからリリース。パンクの荒々しさとロックンロールの様式美 を進化させた作品となった。

Droog オフィシャルサイト:http://www.droogweb.jp/

取材・テキスト:DONUT(秋元美乃/森内淳)