爆弾ジョニー

爆弾ジョニー

爆弾ジョニー「SUPER BAKUDANIUS」

2017.12.4(mon) Zepp Tokyo

爆弾ジョニー「SUPER BAKUDANIUS」

爆弾ジョニーがZEPP TOKYO公演で見せた破壊と再生

爆弾ジョニー

爆弾ジョニーが12月4日、念願のZEPP TOKYO公演を開催。
やらずにはいられなかったステージでさらけ出した爆弾ジョニーらしさとは?

12月4日(月)、爆弾ジョニーがZEPP TOKYOで「SUPER BAKUDANIUS」を開催した。爆弾ジョニーのメンバーにとってはここを通過しないことにはどこにも行けないライブだ。というのも彼らは3年前の同じ12月4日にZEPPのステージに立つはずだった。ところがバンドは活動休止。12月4日のライブもキャンセルとなった。爆弾ジョニーは1年半の沈黙後、2016年に復活。ワンマンツアーを行った。その模様を収めたライブ・アルバム『Live to BAKUDANIUS』を2017年にリリース。さらに5曲入りのEP『BAKUDANIUS』と7曲入りのEP『クレイジービートラリアット』を発表。活動休止中の時間を取り戻すかのように、精力的に活動した。その2017年のゴールが奇しくも3年前と同じ12月4日のZEPP TOKYOでのライブとなった。活動休止から復活への「序章」の締めくくり、「本当の復活」への第一歩……いろんな捉え方ができる。ファンも百人百様の思いをこめてZEPPに足を運んだと思う。メンバーにとってはこのステージにケリをつけない限りは次へは進めないという思いがあった。

ZEPPのライブは、タイチサンダ―(dr)、キョウスケ(gt)、小堀ファイアー(ba)、ロマンチック☆安田(key)によるインストでスタートした。一音一音をしっかりと響かせる。その一音一音には、3年分の思いがこめられている。そこへりょーめー(vo)が登場。ライブは「なあ~んにも」で幕を開けた。何もないところから再出発する爆弾ジョニーにふさわしい1曲目だ。「なあ~んにも」から可能性を信じて挑んでいく曲「唯一人」~未来へアクセルを踏む「アクセル」とつづく。物語の導入としては完璧だ。もちろん楽曲はリスナーとコミュニケーションするためのものだ。しかしこの日は、彼ら自身へのメッセージにもなっていた。「自分の作品しか自分を救わない」というのを実行しているかのようだった。過去の出来事は修正できなくとも、アップデートはできる。

爆弾ジョニー

「ケンキョニオラツケ!」「終わりなき午後の冒険者」とつづき、「EVe」を披露。あらためて書くまでもないが、りょーめーのソングライティングはもちろんだが、今年リリースした2枚のEPにおけるキョウスケ、安田、タイチのメロディメーカーとしての才能、作詞家としての才能もピカイチだ。ネットラジオでキョウスケがデモ音源を紹介しながら、りょーめーやメンバーのアイディアで最終形へジャンプアップする過程を解説していたが、ただでさえクオリティの高いデモにりょーめーのアイディアが加えられ、さらに高みへと到達する楽曲も少なくない。この辺りのバンドマジックは凄みすら感じる。それだけに「アクセル」や「EVe」をはじめとした2017年にリリースされた2枚のEPの収録曲は、キラーチューンとしてライブを盛り上げる。キラーなメロディの連打は「KNOCK」のような歌い上げる曲を盛りたてる役割をも果たしている。

ならば14曲目にやったようなギャグを交えた「アメリカンマッスル」が必要かどうか。キラーチューンが量産できている現状を考えると、もはや意味を持たないのではないか。たぶんそう思った人も少なからずいると思う。筆者の頭にも一瞬、浮かんだ。しかしながら、爆弾ジョニーをもぶっ壊す爆弾ジョニーの存在が、爆弾ジョニーのリアリティでもある。むしろそこは爆弾ジョニーが爆弾ジョニーであるための肝の部分だ。ちなみに次の東京公演のタイトルは「うんこ」だ。かっこいいものをかっこいいまま見せると、かえって嘘っぽい。「うんこ」と言える彼らが名曲を生むからこそ、そこにリアリティが生まれる。彼らは、そういう感覚を身につけている。例えば、それは桑田佳祐がヅラをかぶって「マンピーのGスポット」を歌うのと同じだ。「アメリカンマッスル」「柑橘サンバ」があるからこそ、次の「イミナシ!」「うたかたの日々」「賛歌」「かなしみのない場所へ」が生きてくる。そういうことなのだと思う。本編最後の曲は「楽な方へ」。アンコールではタイチがスペースシャワーのLINE LIVEで披露した謎のストッキング芸を披露。「ギャルがゲル暮らし ~遊牧民~」でかき回した後、しっかり「ララララ」「ぼくらの」を決める。これが爆弾ジョニーの真骨頂なのだ。だからこそコンサートの最後の曲「REAL WiND」が生きるのだ。

爆弾ジョニー

したがってZEPP TOKYOのライブはある意味カオスだった。2時間半という時間をかけて、爆弾ジョニーは自分たちの多面性を全部ステージにさらけ出した。構築しぶっ壊し構築する。その繰り返し。それは爆弾ジョニーの嘘偽りのないすべてだったと思う。「12月4日のZEPP」で、彼らはオーディエンスに爆弾ジョニーのすべてを晒したのだ。というか、そうする必要があったのだ。そして何よりもよかったのはそのステージを5人が楽しんでいたことだ。これから爆弾ジョニーの新章がはじまる。「うんこ」を掲げながら、いかにいい曲を書き、いかにたくさんの人に共鳴してもらうのか。そこをクリアするのは大変なことかもしれない。しかし爆弾ジョニーは、そこを突破する力を持っているし、次のワンマンツアーではまた新しいステージを見せてくれると思う。楽曲は洗練するがバンドは洗練しない。それができる数少ないバンドのひとつだ。「うんこ」が楽しみだ。(森内淳/DONUT)

爆弾ジョニー「SUPER BAKUDANIUS」
2017年12月4日 Zepp Tokyo
セットリスト

  • 01. イントロ
    02. なあ~んにも
    03. 唯一人
    04. アクセル
    05. ケンキョニオラツケ!
    06. 終わりなき午後の冒険者
    07. EVe
    08. KNOCK
    09. へへいへい
    10. キミハキミドリ
    11. 駄駄駄
    12. MELODY
    13. A.I.R
    14. アメリカンマッスル
    15. 柑橘サンバ
    16. イミナシ!
    17. うたかたの日々
    18. 賛歌
    19. かなしみのない場所へ
    20. 楽な方へ
  • <アンコール>
  • 21. ギャルがゲル暮らし ~遊牧民~
    22. ララララ
    23. ぼくらの
  • <ダブルアンコール>
  • 24. 毎日
    25. 新曲
    26. REAL WiND

INFORMATION

BAKUDAN JOHNNY 2018ワンマンツアー「太陽はまた昇るか。」

2018年2月18日(日) 千葉 LOOK
2018年2月21日(水) 神戸 太陽と虎
2018年2月22日(木) 広島 セカンド・クラッチ
2018年2月24日(土) 鹿児島 SRホール
2018年2月25日(日) 熊本 B.9 V2
2018年3月3日(土) 京都 磔磔
2018年3月4日(日) 静岡 Sunash
2018年3月9日(金) 仙台 MACANA
2018年3月10日(土) 盛岡 the five morioka
2018年3月16日(金) 金沢 vanvan V4
2018年3月17日(土) 新潟 CLUB RIVERST
2018年3月21日(水・祝) 周南 LIVE rise
2018年3月22日(木) 福岡 DRUM Be-1
2018年3月24日(土) 高松 TOONICE
2018年3月31日(土) 郡山 CLUB#9
2018年4月1日(日) 水戸 水戸 LIGHT HOUSE
2018年4月6日(金) 札幌 PENNY LANE24
2018年4月7日(土) 旭川 CASINO DRIVE
2018年4月12日(木) 名古屋 CLUB QUATTRO
2018年4月14日(土) 大阪 umeda TRAD (umeda AKASO)

うんこ(追加公演)
2018年4月20日(金)東京都 TSUTAYA O-EAST

チケット:¥3,500(D代別)

  • チケット最速先行予約
    11月22日リリースのNEW EP『クレイジービートラリアット』初回仕様に、チケット最速先行予約受付チラシ封入。
爆弾ジョニー EP『クレイジービートラリアット』

爆弾ジョニー EP『クレイジービートラリアット』

KSCL-3000 ¥2,037+税
初回仕様アリ

1.ワンちゃん(ボーナストラック)
2.へへいへい
3.アクセル
4.駄駄駄
5.pa-diya
6.MELODY
7.REAL WiND

爆弾ジョニー、関連ページ

[tagalist key=”爆弾ジョニー”]

PROFILE

爆弾ジョニー

爆弾ジョニー/2010年、vo.りょーめー、gt.キョウスケ、key.ロマンチック☆安田、Ba.小堀ファイヤー、dr.タイチサンダーの5人が札幌にて巡り会い、2011年7月にインディ・デビュー。2013年12月には、キューン・ミュージックからのメジャーデビューを発表し、現在3つのシングルと2つのアルバムをリリース。その夏、「RISING SUN ROCK FESTIVAL」の一番大きいステージに出演するなど全国各地のフェスをアゲていくのだが、11月より、りょーめーの体調不良を理由に活動を休止(風が止んだ)。しかし1年半後の2016年4月、活動再開を発表し、6月に渋谷クラブクアトロにて活動再開ライブ「BAKUDANIUS」を行った。秋からは全国9ヶ所にて活動再開ライブツアー「ROAD to BAKUDANIUS 2016」を実施し熱狂のステージパフォーマンスを魅せ、その全国各地の模様を収録したライブアルバムを2017年2月にリリース。更に、7月と11月に立て続けにEPをリリースし、怒涛の勢いで活動を展開。12月4日には、バンド史上最大規模にして、2017年唯一のワンマンライブ「SUPER BAKUDANIUS」をZepp Tokyoで開催する。
http://www.bakudanjohnny.com

取材・テキスト:DONUT(秋元美乃/森内淳)