山﨑彩音が「今」気になるモノやコト、エッセイなどを紹介!

山﨑彩音の「その時、ハートは盗まれた」

2017/10/11

第22回目 『生きやすい』と感じるように。

山崎彩音

みなさんこんにちは、やまざきあやねです

最近は肌寒くて、ニット着たりファーの小物身につけたり、ああ秋だわって感じまくってます。

この時期になると毎日誰かしら「金木犀の匂いが切なくなるけど、秋はスキ。」みたいな、金木犀・秋のセンチメンタルツイートをしてるよね。 だからあえて金木犀がどうってツイートはしないけど、私だって中学生の時に書いた詩に「金木犀が〜」みたいなのあるし、まあ季節を感じるのはいいことだ。

あっという間に終わってしまった9月はそこそこ忙しく過ごしていました。
今年のフェスは8月ではなく9月のフェスに出ました!

アコースティックキャンプと中津川ソーラー武道館。 はじめて出て、はじめて遊びにゆけました。
遠征ってメインはもちろんライブをすることなんだけど、遠足みたいでワクワクしちゃう。
普段なるべく我慢しているお菓子も道中ボリボリ食べてハッピーだし、ホテルに大浴場ついてると泳げるし、山や田舎に行くことってすごく体が洗浄されるきがする。

山崎彩音

そして今回はわたしの本当の意味でのマイブーム、わたしの毎日を支えてるものを紹介してしまおうと思います。

ずばり『ananとヤンサン』

ananはみなさんお馴染みの雑誌。 わたしジャニヲタだったから、好きなJが表紙だったり特集だと小学生の頃から買ってはいたんだけど、今みたいに日常的に読むようになったのはここ一年くらいかな。

わたしが雑誌に一番に求めるものは何と言っても“星座占い”です。もうこれだけです。 占いがすき! タロット占いを自分でやるくらい、占いがすきなんです。 誰かにこうしろと言われると、 瞬発的に“イヤ!”ってなってしまうベイビーなわたしだけど、やっぱりどこかで“決めつけられたい”みたいな気持ちもあるんですかね、まあ10代はみんな不安定。

いまの時代、ファッションや雑貨の新情報は雑誌よりもネットでいち早く知ってしまっていて、雑誌を読んでもあまり新鮮味がないのが正直なところ。 でも、“ああこれ発売するらしいね!”と、答え合わせをしてるような気持ちで、紙に印刷されている文字と写真を見るのはネットとは全く違う印象になるから、やっぱり雑誌はいいです。

ananは水曜日発売で、とにかく私は水曜日を心待ちに生きています。

不思議なことにananの星座占いを見て、それに習って生活していると、だんだん占いが当たってくるの!笑

おすすめです( ◠‿◠ )

そして次にマイブームなのが『ヤンサン』 これは漫画家の山田玲司先生がニコ生でやっている『山田玲司のヤングサンデー』という番組のことなんですけど、この番組が本当にヤバイ。 なるべく人には教えたくないくらい、本気でこの番組から色んなことを学んでいるのです… 学校が無くなった今、私の学べる場所はここしかない!と言っても過言ではないくらい。

アートのこと、映画のこと、アニメのこと、音楽のこと、恋愛のこと、旅のこと、なんだって全部教えてくれる。 一つのコンテンツを話すのに、クロニクルを辿り、時空を超えて話しは進んでゆく。 だからいつもノートとペンを持って番組を見て、知らないワードが出たらメモ。先生の話す言葉で“名言だ!”と思ったらメモ。 メモメモしてます。

わたしはこの『ヤンサン』があるおかげで、今までちょっと面倒臭くて押し殺していた好奇心が復活しました。 まだまだ楽しいことも、好きなものにも、 出会えるんだから面倒臭いって言わず探していこう〜ってゴキゲンに思えるようになった。 だから今話題になってる映画が上映されたら観に行こうとか、あの時代にはこんな人いたんだとか、小さな思いつきや発見が自分を豊かにしてくれてる。 なにより山田玲司先生を見ていると、こんなに熱くて面白くてゴキゲンな大人がいるんだ…って安心するんです。

そしてこの『ヤンサン』も水曜日にやっているから、わたし水曜日大好きになっちゃってる。笑

もう最悪だ!絶望だ!わたしはダメだ!みたいな日も当たり前にあるけど、なるべくは毎日楽しく生きたい。
ジーッと一点見つめてたら、悲しくなくても悲しく感じてしまうけど、やっぱりそれだけじゃ勿体無い。
優しい水曜日に救われながら、自分なりに作った生きやすいムードを楽しんで生きてゆこうー

山崎彩音


2017年 4月 26日(水)リリース
FSCT-1005 フォーライフソングス
¥1,200(税込み)
収録曲:プレゼント/〇/キキ/ La mer 全4曲