THE BOHEMIANSの平田ぱんだがロックンロールのレコードを紹介するコーナーです。

平田ぱんだのロックンロールの話

2016/12/14

第5話:ザ・ビートルズのファーストアルバムのお話

おらおらおらおらー!

今日も元気にロックンロールの話をはじめるでーい!

まずは元気だ!

元気じゃないとロックンロールなんてクソどうでもいいものだ!

ロックンロールを聴くと元気になるんじゃない、

元気だからロックンロールが楽しいのだ!

健康第一!

肉&野菜!

 

つーことで平田ぱんだです

今日は予告通りザ・ビートルズのファーストアルバムについてお話をしようと思います

ちょうどこの連載も第五回となるわけでして随分遠くまできたといった感じですけどようやく辿り着きましたねロックンロールバンドのファーストアルバムの話に!

そもそも僕はロックンローラーが好きというよりどちらかというとロックンロールバンドが好きな男だということは先の回で話した通り

やっと話せるロックンロールバンドの話を前にして私は正直今回をビートルズのファーストアルバムの話にして本当にいいのかと迷った瞬間もありました

もう五回目ともなる大分ここの方向性も固まってきましていつのまにか「ファーストアルバムの話をすることでロックンロールの歴史を辿っていくコーナー」といった少々無茶な設定の様相を醸し出してしまっておりましてね

はて?そうなるとロックンロールヒストリービギナーのためにはクリケッツのファーストアルバムからいきなりビートルズのファーストアルバムの話をしてしまってもいいものなのか?とか思っちゃったりなんかしちゃったりして

だって1958年から1963年まで五年も時をすっ飛ばすことになるわけなんですもの

確実に影響元になってるあれもこれも無視していきなりビートルズ登場!は、少しかっとばしすぎなんじゃないか?とA型真面目人間の僕は考えたりもいたしました

が、

すぐに「めんどくせえ」と持ち前の適当人間ぷりを発揮するにいたりまして

「ロックンロールの歴史ぃ?そんなもん各自で調べてくれや俺はあくまでここでロックンロ−ルレコードのオススメをしてくれって言われて書いてるだけなんだからよぉぉぉぉそんなこまけえこたあぬきだぬきぃぃぃぃっ!」

という静かな一つの結論を得ました

やったね!

 

とまあそんな細かいいいわけ文を存分に書き散らかしたところで

ようやく今日のお題にうつりましょうか

 

ザ・ビートルズのファーストアルバム「プリーズプリーズミー」の話、させて頂きます!!!

長かった

まあ序文から長くなるわなそらあ

だってビートルズのファーストアルバムの話だもん

ビートルズってロックンロールバンド全部だからさ

ロックンロールバンドの話なんかほとんどビートルズの話だけで済んじゃうくらい全部だよ

まあそらあビートルズ以外にも重要なロックンロールバンドは沢山いるけどさ

でもあれもそれもこれもビートルズがいなかったら俺たちが知ることもなかったかもしれない奴らなわけじゃないか

まずビートルズが他のロックンロールバンドよりもすごかったところは何かといったらたった一つ

 

圧倒的に売れたってこと

 

ビートルズを語るのにファーストアルバムだけでは足らない、中期後期は全く違うバンドだ!なんて仰るおタコさんもいるかもしれないけどさあ、あんなもんはビートルズが圧倒的に売れたからスタジオ使いたい放題ワガママし放題できたことによる産物じゃないですか

ビートルズがすごすぎたためにはみ出した結果でしかないんだ

ビートルズを語る際にアートだ革新だなんだって要素は二の次三の次の話でしかないよ

だってビートルズは最初っからすごかったんだからね

だからファーストアルバムよりもビートルズを語るにふさわしいアイテムはないと断言するね

まずビートルズは圧倒的に売れたことがすごい、この話からはじめようか

そしてビートルズは売れまくったから解散から何十年も経った今でも毎年のように新しい商売が成り立っている

だから飽きない

ビートルズの人気にあやかってビートルズの情報をなんとか金に買えようとする輩が何十年間も絶えることなく沢山いるおかげでいまだに知らなかったビートルズの情報が手に入る

調べても調べても出てくる

活動期間十年いったかいかないかのロックンロールバンドではこれは異例だ

現在現役のロックンロールバンドよりもはるかに情報が出てくる

もうビートルズだけで一生楽しみ続けられるんじゃないかってくらい毎年新しい知らなかったビートルズの情報を得ている気がするよ俺は

今年公開の映画みてないけどな

でもこの話もアートだなんだって話よりはマシなだけで二次的な魅力に過ぎないな

ビートルズの最大の魅力は最高のロックンロールレコードを何枚も何枚も出しくさったことに他ならないんだからな

だからさっさとビートルズのファーストアルバム「プリーズプリーズミー」の話をするんだよぉぉぉぉぉぉっ俺ぇぇぇぇぇぇぇ!!!

前置きがなげえんだよクソがよぉぉぉぉ

 

じゃあもうあれだ

一曲目から順に話をしていこう

なんかその方がてっとりばやそうだ

ビートルズのファーストアルバム「プリーズプリーズミー」の話一曲目から順にやりまーす!

まずは

一曲目

「アイソーハースタンディングゼア」

 

まずポールがこうかます、

 

「1、2、3、ふぉぉぉぉぉッッ!!!!!!!!!」

 

そっからはもう

 

「bfdjkスf某ユcんれwfhlx目lwfbmwェおWフェWフィ弁RGVじゃエリGC目おりGねRJGMJKレアGん瀬尾アJR五位ウェJGまJRCGぁえKGJCMえRBがエィJGMHら絵RBGMぁえHMGぁえBGィウ和えMHギオウァエHP儀ウ和えXGェHP氏あえH!!!!!!!!!!!」

 

って感じ

大爆発

もうすごすぎ

これを再生するたびに何回か死んでる気がするくらいすごい

この曲が流れてる間俺は何度も死に何度も蘇ってる気がする

つまりさっきまで生きていた俺と今から生きる俺の大量生産というわけで一体今の俺は何人目で今まで俺は何人いたのかってわけのわからないことを考えたりしてしまう

それくらいこの曲はすごい

1、2、3、4!の合図でバンドが一斉におっぱじめるこの瞬間よりもすごい瞬間なんか未来永劫発生しないんじゃないだろうか

その最大の成功例だなこれは

仮にそれなしだったとしてもなんつーかもう普通にロックンロールミュージックの粋を集めたみたいな完璧なロックンロールナンバーだしねこれ

クリケッツ編成でチャックベリースタイルでリトルリチャードばりにシャウトしてエヴァリーブラザーズばりにハモるみたいな感じ?

はっきりいって鬼だよ鬼

この一曲だけでこのアルバムは終わってもいいというかこの一曲だけでアルバムと名乗ってもいいくらいの怒濤

こんな瞬間は中々聴いたことがないね

理屈越えでビートルズはすげえって思う

「やったぞ!ロックンロールバンドだ!」って感じでしかない

このファーストアルバムってセカンドシングル「プリーズプリーズミー」が急に全英一位になったから急遽作ることになったアルバムで時間がなかったのかなんだかしらないけどたった一日で録られてることは有名だ

二枚のシングルのA面B面以外だから全14曲中10曲を一日で録ったってことなのかな?

なんかでも時間がなかったというよりかは当時の荒くれビートルズの激しいライブの魅力をできるだけそのまま収録しようという意図もあったみたいね

だからあえて曲順通りに録ってったらしい

ライブさながらに

その結果一日で終わったみたいな話なのかな?

まあそらロックのライブが何日にも渡ったらおかしいですからねえ

完全に正しいね一日で終わらせたことは

つまるところがこのアイソーハースタンディングゼアは正真正銘一発目に録音されたナンバーってことなんだよな

ロックンロールははじまりが全てではじまりつづける音楽だからもうこの一曲目でアルバムの全てと言い切るのもそんなに突拍子もない話じゃないよね

でもこの冒頭の超重要ポイントの「1、2、3、4!!!」ってとこだけ別のテイクからもってきてすげ替えてるらしいね

つまり意識的にあのはじまりの爆発を演出したってわけだ

よーする最初から所謂レコーディングマジックねらった作り方をしていたってことだよね

やっぱり最初からビートルズはすごかった!

やったね!

 

そいで二曲目は

ミズリーか

あれだけのロックンロールバンド爆発で幕開けといてなんでこんな二曲目暗いんだよって誰でも思うよね

は?って

僕も若い時分にはそう思っていたし

今でも普通にそう思ってるくらいさ

でも実際このアルバムって所謂ロックンロールナンバー!って感じのやつって一曲目のアイソーハースタンディングゼアくらいなんだよね

ロックンロールミュージックなんて完全にこの当時は流行りが終わりきってて死んでたらしいからね

むしろアイソーハースタンディングゼアが収録されただけでもラッキーくらいの感じだったのかもしれない

このミズリーはレノンマッカートニーのオリジナルだけど歌詞もかわいそうな僕系な感じだしあんまし好きくないかも

でもハモリっぷりがかっこいいから許してやろう

ビートルズはハモるからかっこいい

ハモるのは難しいからな

男のやることじゃねえ!って思いつつ憧れる

なんかビートルズってアマチュア時代にブリティッシュエヴァリーブラザーズとか名乗ってコンテスト荒らしをしていたことがあるなんてエピソードがあったりなかったするくらいハモリにはうるさいらしいね

見習いたいよね!

 

三曲目は

アンナ

アーサーアレキサンダーって黒人歌手のカバー

これのジョンレノンの声すごくいい

僕の大好きなジョンレノン!って感じ

ジョンは好きな黒人歌手の歌を歌うときってほんと毎回異常なまでに最高な歌声を披露するよね

あきらかに気合いが違う

ラリーウイリアムズのカヴァーの時とか特にそう

つーよりも俺の方がかっこよく歌える!みたいなナンバーをあえて選んでる節がなくもない

なんかオリジナルの方の歌手がそんなに迫力ないやつを選んでもっとこう歌ったらいいのに!っていうパンクな精神にのっとって歌ってる気がしなくもない

だって元が迫力あるナンバーあんま選んでない気がするもん

アーサーアレキサンダーってビートルズとかがこうしてカバーしなかったら本国アメリカでも特別ヒットした歌手でもないし誰もしらなかったみたいなマニアックな存在らしいからこういう選曲センスもビートルズはやばいポイントのひとつだよね

なんかビートルズ七不思議の中になんでビートルズは最初からあんなにマニアックな曲を知っていたのか?ってのがあるらしいよ

ビートルズの故郷リヴァプールはイギリス第二の港町で外国から直で色々な文化が入ってきやすかったって環境はあったはあったにせよこういうマニアックなレコードをなんでビートルズが知っていたのかってのがけっこう謎らしい

イギリスの地方の港町に住んでるということは元より当時はラジオでとかでもリズム&ブルースとかはメジャーなやつでも滅多に流れないみたい状況だったらしいからね

でもそのわけは一言でいうと「滅茶苦茶アンテナ常に立てててその上滅茶苦茶引きのいい奴ら」だったってことでしかないみたいだね

ビートルズを世に送り出したマネージャーブライアンエプスタインは最初リヴァプールでビートルズもよく出入りしてたレコード屋を経営してる人だったんだけど、

今ビートルズって奴らがこの街で超きてるらしい!ってことを聞きつけてとりあえず自分の店の従業員に「ビートルズってどんな奴ら?」きいてみたら「いいレコードみつけるのがすげえうまい奴ら」って答えたとか答えてないとかみたいな話もあるにはあるからもう本当にそれでしかなかったんだろうね

つまりビートルズはリスナーとしても超一流の音楽嗅覚を備えた奴らだったってことだ!

ビートルズはリスナーの時からすごかった!

 

で、四曲目はチェインズか

黒人女性コーラスグループクッキーズのカバーだ

ビートルズはロックンロールからの影響だけでなく当時流行だった女性コーラスグループとかからの影響がすごく強いらしい

こういうところがクリケッツからいきなりビートルズの話に飛んでもいいものかと僕が考えてしまった理由の一つだ

ビートルズが活動をはじめた当時はもう本国アメリカじゃロックンロールなんか完全に流行りが終わってたんだけどエルビスの初期のヒット曲の大半を作った元祖ロックンロールソングライターコンビリーバー&ストーラーとかの功績もあって白人が作った曲を黒人歌手が歌うみたいなのがオッケーになっててその流れで時代はそういう職業作詞作曲家コンビが作ったナンバーを歌手が歌うっていう完全分業生産法が主流のアメリカンゴールデンポップス時代だったみたい

ビートルズに多大な影響を与えたといわれるモータウンとかその最たる例みたい

つまりオリジナルロックンローラー達がやってた自作自演スタイルはメジャー音楽業界では完全に廃れていたみたい

そんな時代の中いくつかの名ソングライティングコンビが生まれて沢山のヒットを生むわけだが、そんな中でもビートルズが最も尊敬していたとされているのがこの四曲目チェインズを作ったゴフィン&キングらしい

なんせアメリカにはじめて渡ったビートルズが自分達をロックンロールに目覚めさせてくれた最大のスターであるエルビスプレスリーを差し置いてまず会いにいったのがゴフィン&キングらしいからな

ビートルズ解散まで続くレノンマッカートニーっていうソングライティングコンビ名はこういう尊敬するソングライティングコンビのそれを真似てやっていることは間違いないはず

つまりビートルズはゴールデンポップスソングライティングチームみたいな完成度の高いナンバーをオリジナルロックンローラーみたく自作自演でやるってスタイルをブレンドすることができた最高峰バンドだったってわけだ

そら売れるわ

そんなめんどくさいこと普通やろうとおもわんもん

楽器弾いて歌うだけでも大変なことなのに

ビートルズがこういう裏方の作詞作曲家とかまでチェックするようなレコードマニアじゃなかったらもしかしたら現在では当たり前のロックバンドが自分達で作詞作曲するなんてスタイルはこの世に存在しなかったかもしれないってわけだね

すごいぞビートルズ!

 

で、五曲目は

ボーイズ

 

この曲はビートルズが最も好きだったとされる黒人女性コーラスグループザ・シュレルズの大ヒットシングル!のB面曲のカヴァーだ

こういうところでメインではなくB面を選ぶところがビートルズらしいところとされている

こうやってビートルズがカバーしたから有名になったって曲は沢山ある

というかビートルズのオリジナルだと思ってる人もいまだ沢山いると思う

ビートルズのオリジナルだと思ったまま死んだ人もいることと思う

何しろビートルズは世界で一番売れたバンドだからな

よくある話さ

そしてこのナンバーはなんとドラマーのリンゴスターがメインで歌っているというところがミソだ

ビートルズはアルバムでもコンサートでも必ず一曲はどのメンバーも一度はリードボーカルをとるというスタイルをつらぬいている

そう

ビートルズの功績として最大のものはこの、

 

四人はアイドル!

 

ってことだろう

これはでかい、あまりにもでかい

それまではロックンロールバンドはスターとバックバンドでしかなかったらしいからな

あのクリケッツだってバディーホリー&クリケッツと表記されることが多いことからもわかる通りその枠を出てはいない、というかクリケッツのメンバーなんてバディホリー以外知らないし今後知ろうとも思わない

だがビートルズが登場!してからは違う、

仮にメンバー以外の他の奴の方がウタやガッキがうまかったりメンバー以外の他の奴の方がカオやスタイルやセーカクがよかったとしても、「この四人でなくてはならない!代わりは絶対にきかない!」という価値観、いいかえるとロックンロールバンドストーリーは、ビートルズが滅茶苦茶売れたことから生まれたものだ!

初めはビートルズも誰か一人をスターにして他のメンバーはバックバンドという恒例の売り出し方ですすめられていたらしい

スター第一候補はウタもガッキもうまくてカオも中々ハンサムなポールだったらしい

もしかしたらポールマッカートニー&ザ・ビートルズなんて表記されたりしてるパラレルワールドもあるのかもしれない

でもプロデューサージョージマーティンは「なーんかそれだと違うんだよなあ、しっくりこないわー、もういいやなんか考えんのめんどくさいから四人ともスターってことで売っちまおう」という歴史的ナイス判断をするに至ったらしい

ありがとうジョージマーティン!

おかげで僕たちの大好きなロックンロールバンドストーリーが生まれたよ!

 

で六曲目はアスクミーホワイか

これ大好き

ジョンが作った曲らしいけどロックンローラージョンレノンの最高なところは最初からこういうスウィートでおセンチなナンバーも作っていたというところだね

実際これはそこまでじゃないけどジョンの歌詞ってかわいそうな僕系かなり多いってかそれがウリな場合すらあるもんね

その落差に惚れるのさ!

これはストーンズのキースにも同じことがいえるね

こうなるとロックンロールの裏の魅力はセンチメンタルなのかもしれないなんてテキトーなことをいいたくなってくる

センチメンタルを前面に出してくるようなわざとらしいバンドははっきりいって嫌いだけどね

でも普段強がってるくせに実は、、みたいなの好きだよねみんな絶対!

ジョンレノン好き!

友達にはなりたくないけど好き!

ちなみはスモーキーロビンソン&ミラクルズみたいな曲を目指して作ったらしいです

 

そしてA面ラストはビートルズの大出世作、アルバムのタイトルにもなっているプリーズプリーズミー!

この曲が売れなかったらこのアルバムがつくられることもなかった!

ビートルズはオリジナルでいきたいっていってるけどぶっちゃけヒットする気がするオリジナルナンバーがないからっていうジョージマーティンの判断&提案で録音までされているハウドゥユードゥイットというカバーナンバーがあるんだけどそれをシングルにしたくないからってジョンが代わりに作ってきたナンバーがこれらしい

なんでそこまでオリジナルにこだわったんだろう?

やっぱバディホリーとかチャックベリーみたいな自作自演に憧れてかねえ?

そんな不屈の魂で作ったこのナンバーはジョージマーティンのススメで速度をあげたことも功を奏しビートルズの黄金時代の幕開けナンバーとなった!

とかそんな背景は抜きにしてただただ最高だ!!!

「なあ俺がいつもしてやってるみたいに俺にもたまにはしてくれない?

ほら、こいよ、おら、こいよってば、なあ、お願いだからたまには俺もキモチよくしてくれよぉぉぉ」

って男根な歌詞も最高だし

この曲を収録していない世界で最も売れたビートルズのベスト盤「1」はクソだ

各国のチャートでナンバーワンをとった曲だけを集めるというコンセプトだからストロベリーフィールズフォーエバーが入ってないのはあきらめるけどプリーズプリーズミーは本国イギリスでチャート一位とってんじゃん

別のとこの集計では一位をとってなかったとかが理由らしいけどそんなん馬鹿野郎かよ

これ入れないなんてありえないでしょ

あれには超異議がある

あのアルバムが現在入門盤になっているのはすごく納得いかない

ビートルズのやなとこその1!

ビートルズは悪くないけど!

でもプリーズプリーズミーは最高!

それは変わらない!

 

とまで書いて僕ははっきりとこう思った、

「長い」

まだA面の話しかしてないのに

つまりまだ半分もあるということだ

ここはひとつ、前後編に分けようか

うん、そうしよう

ビートルズの話だから仕方ないよね!

つーことで今回はここまで!

ビートルズのファーストアルバム「プリーズプリーズミー」の話前半終了!

後半に続く!

 

またねー!!!


THE BEATLES(ザ・ビートルズ)、関連ページ