THE BOHEMIANSの平田ぱんだがロックンロールのレコードを紹介するコーナーです。

平田ぱんだのロックンロールの話

2016/12/28

第6話:ザ・ビートルズのファーストアルバム「プリーズプリーズミー」の話後編だぁぁぁっ!

 

おらおらおらおらー!

ロックンロールの話するどー!

もちろん元気に

現金にでもいいぞー!

ロックンロールはモンキービジネスだからな

現金くらいがちょうどE!

 

つーことで第6回となるロックンロールの話はなんと!

ビートルズのファーストアルバム「プリーズプリーズミー」の話後編だぁぁぁっ!

この連載始まって以来の前後編という試み!

ビートルズのファーストの話をするのにむしろ前後編にならない方がおかしい!

そうだろう?!

つーこで

後編!

ここからはレコード的に裏返してB面の話だ

その体ですすめよう

 

まず一曲目は

ラブミードゥ!

全然好きじゃない、って書くほど好きじゃないわけじゃないんだけど、

これがあのビートルズのデビュー曲だってことに不満がある!

なんでこれだったの?ってビートルズ好きになればなるほど思う

でも理由は単純に他になかったって話なんだろうな

俺がジョージマーティンだったら絶対アイソーハースタンディングゼアをデビュー曲に選ぶけど当時はロックンロールなんかもう流行りが終わりきってて今一番ダサイ!くらいだったっぽいからアイソーハースタンディングゼアみたいなロックンロールナンバー!みたいなはピンとこなかったのかもわからんね

もうそういう時代だったんだと思うしかないよね

オリジナルでいきたいってビートルズの提案に対してジョージマーティンがピンときたナンバーがこのラブミードゥとそのB面のピーエスアイラブユーとプリーズプリーズミーのB面に収録されることになるアスクミーホワイとあとなんかだけだったって話らしいから本当になかったんだろうね当時の時代にあったA面ナンバーがビートルズにはまだ

実際この曲は全英チャート最高17位という売れたっちゃ売れたみたいな微妙な結果だったみたいだしね

この曲って現代のロック耳できくとビートルズナンバーの中で下から数えた方がいいくらいの良さなんだけどデビュー曲だからっつってけっこう公式ベスト系で一曲目に収録されてるのがまた嫌だ

僕がはじめて盤できいたビートルズって親が「くだらない音楽ばっかりきいてないでこういう素晴らしいのも聴きなさい」みたいな謎のおせっかいで買い与えられた通称赤盤なんだけどさ、しぶしぶきいてみて全くピンとこなかったんだけどそれって100%一曲目がラブミードゥーなせいだよね今にして思えば

一曲目って超重要じゃん

一曲目でピンとこなかったらその後の曲がどんなによくても右から左だよよっぽど元々興味がない限りはさ

そんなビートルズへの不満その2であるラブミードゥですが、

このアルバムに収録されてるバージョンはリンゴが叩いてるバージョンでいいのかな?

ビートルズのデビューシングル盤のラブミードゥはドラム叩いてるのリンゴじゃないからね

下手だっつー理由でアンディホワイトっていうプロドラマーが叩いてるみたい

ここでビートルズ七不思議が生まれるんだけど

そんなことするんだったら下手だからという理由だけでデビュー直前にクビにされたドラマーピートベストのそれは一体なんだったの?って話だよね

そうだよリンゴスターはあくまでもデビューのタイミングで急遽入れ替わったオトコなんだよね

ハンブルグ巡業も地元で得た人気もピートベストと共になし得たものだったはずなのにデビュータイミングでクビにするって相当わけわかんないよね

このラブミードゥのシングルバージョンはアンディホワイトが叩いたという事例をみてもピートベストのクビが絶対下手だからだけが理由じゃないってことはたしかだ

多分相当ピートベストはいけすかない奴だったんだろうな

カオも中々ハンサムでなんなら女の子達からは一番人気くらいだったらしいし家もドラムセット持ってるくらい金持ち方向だったみたいだし全員マッシュルームカットの襟無しスーツという奇抜な格好で揃えて売れにいくぞ!っつってる中無視して革ジャンリーゼントをつらぬいてたらしいし

まあ後から入った奴のくせに生意気だって感じがビートルズ内であったのかもしれん

つーことでなんかしらんけど先のこと考えていい機会だからクビにしようってなったんだと思う多分ピートベストは

ほいでリンゴスター加入、とな

リンゴはリバプールではいくつものバンドを掛け持ちする売れっ子ドラマーだったらしいね

そういうのはうまい下手だけでは成り立たないんだ

いくらうまい奴でも嫌な野郎とは極力一緒にいたくないもんだ

どうやらリンゴはすげえいいやつ、というよりか、人を引きつける才能がある男だったみたいだ

アイドルだったってことだな!

ビートルズになるべくしてなった男だ

わかんないけどピートベストがドラマーのままだったらビートルズは違うかったんじゃないかと思うんだ

わかんないけどなんとなく

ピートベストのドラムってブート盤の表記が正しければきいたことあるわけだけどなんつーかよくも悪くもロックンロールだ

その後のビートルズの音楽変換に対応できた気がなんかしない

つーかしようとしなかったんじゃないか感がある

いやしらんけどピートベストのことろくに

リンゴは最初から含みがある気がする

だってこのアルバムってよーするドラムが変わってそんな経ってないうちに録ったアルバムなわけじゃん?

そう考えるとリンゴの対応力ってギンギンだよね

リンゴのドラムはなんつーか、ポップだ

ポップの定義は広いから、リンゴのドラムは広いってことだ

ポップとは親しみでもあるからリンゴのドラムは親しみがあるってことだ

ドラムの細かいニュアンスって絶対楽譜には乗らない要素らしいから、つまりリンゴの良さは学問じゃ解き明かせないってことだ!

やったぜ!

リンゴのドラムのこのなんともいえないポップさの謎を一つ解き明かそうとするならば、

リンゴが左利きだったってことがどうもでかいくさい

左利きだけどなんか性格なのかなんなのかこういうもんだって元々そんなに疑問もなくやってる感じでなのかしらんけどとにかく右利きの人のセッティングのままでドラムを叩いてるんだリンゴは

ロックンロールのドラムは右左逆だと相当大変なはずだ

エイトビートとか利き手でもハイハット刻むのはそこそこ重労働っちゃ重労働だ

リンゴはそこを利き手じゃない腕でビート刻んでんだ

そら人間味が否応無しに出るってもんだよな

少なくとも一生懸命感は絶対出る

まあ意識してやった結果じゃないんだろうけどなんかそういうとこもリンゴスターって感じするよね

左利きで右利き用のセットでプレイしてたからこその誰にも真似できない絶妙な奏法が確立されたってのも絶対あるだろうしね

なんかどれもリンゴって感じもんねビートルズの録音物ってどれも

独自フィーリング!

そもそもドラマーはバンド全体を見渡してそして見極めなきゃいけない根幹ポジションだ

リンゴスターの加入ってのは絶対にビートルズの成功に欠かせない重要項目だったはずだ!

ファンだから絶対にそうだって信じてる!

そうじゃなくても絶対にそうだ!いやそうに違いない!リンゴスター最高!

ただ、年とってからのあの、つまり現代のリンゴスターの、あのサングラスキャラはなんなんだ?

あれマジで意味不明なんだけどなんなの?

昔からそうだったんならわかるんだけどなんである時期からサングラスキャラなわけ?

って思って「リンゴ サングラス」でとりあえず今ググってみたけどパッとみ別に答えになるような検索結果は出なかった

気にしてんの俺だけ?俺が悪いの?なんなの?

くそーリンゴスターめぇぇ!

あとでじっくり調べてやる!

愛すべき男筆頭!

マチガイナイ!

 

んでB面2曲目はピーエスアイラブユーか

ファーストシングルラブミードゥのB面、ジャパニーズ的にいうとカップリング曲だな

これも全然好きじゃない

いや好きは好きだけどなんつーか普通

全然どこもとんがってないって感じ

この曲はポールをスターにして残りのメンバーはバックバンド扱い計画の名残でデビューシングル盤は両方ポール作のナンバーが選ばれたとかなんとかみたいな定かじゃない情報もあるにはある

まあなんにせよポールの才能はまだ爆発していない感じがする

つーよりも作詞作曲に関する才能が爆発するのってデビューしてからのものなんだ

アスクミーホワイはおいといたとしてプリーズプリーズミーもさっきかいたとおり後から急遽系らしいし

ビートルズの曲作りの才能の爆発は急遽わきでた人気とか競い合いとかのメンバー間のあれやこれやとか内なる衝動とは別のところからの後押しによるものだということは間違いないくさい

ちなみこの曲はバージョン違いがないのかなんなのかアンディホワイトがドラム叩いてるシングルバージョンそのまま収録みたい

 

B面三曲目は

ベイビーイッツユー

こうして一曲ずつ順に生真面目に追っていくスタイルってこの連載はじまって初じゃねえか?

まあビートルズのファーストアルバムの話だからな

多少は長くならあな

これが録音日的にはシングルのエーメンビーメン四曲ぬいて考えた場合つまりA面五曲目のボーイズの次に録音されたって考えて間違いないのかな?

なんか気持ちテンションさがってきてるよねこの辺からなんか

気のせい?

曲調によるものか?

序盤の爆発はすっかり鳴りを潜めている、ようにきこえる

このベイビーイッツユーはまたシュレルズのカバー

でも今度はそこそこのヒット曲をとりあげているみたいだ

バートバカラック作のナンバーをビートルズがやっているのはこれが最初で最後かな?

B面はラブミードぅピーエスアイラブユーとたるいの二曲連続きたあとだから全然盛り上がれない

次いこ次

 

B面四曲目

どぅーゆーうぉんととぅのうあしーくれっと

 

これなんかわからんけどある時期着メロにしてたわ

着メロって現代のティーン層に通じるのだろうか?

通じなそー

まあそんなことはおいといて

これはレノンマッカートニーのオリジナルらしい

メインボーカルはここにきてついに登場ジョージ!

ビートルズって一番下っ端のジョージハリスンの成長記みたいな楽しみ方もあるよねー

ラストアルバムのアビーロードではレノンマッカートニーをおさえてサムシングとヒアカムズザサンという二大主役ナンバーをぶっこんでるところとかバンドストーリーとしてすごくくるものがあるよねー

そしてジョージの曲はなぜか他のメンバーがプレイ頑張るっていうパターンがけっこーある気がする

まあそれはこのアルバムとは関係ない話

ジョージはこの頃はまだまだただの年下ボーイ

 

 

B面五曲目

あテイストオブハニー

 

全然好きじゃないっつーかCDとかだったら超飛ばす

ずっとそうしてきた

レコードだと飛ばすのもめんどいから仕方なく聴くようになった

でも何回聞いても全然好きじゃない

こんなんロックバンドがやる曲じゃねえやいって感じ

でもビートルズは下積み時代はもうどんなとこでも演奏したとかなんからしくてロックンロール好きじゃない奴らでも楽しめるように試行錯誤して色んなカバーソングをやっていたらしい

そういうロックとかリズムアンドブルースとかと関係ないようなナンバーも無理矢理やってたからこそその後のビートルズの音楽の多様性につながってるとかなんとかいうけど単純にロックンロールバンドのファーストアルバムにこの曲邪魔だよね

ブートとかできけるビートルズのステージでのロックじゃない十八番カバーソングのベサムーチョ?だっけ?あれはもっと嫌いだからあっちが入らなかっただけマシと思おうか

まあこれ個人的な話だから好きな人はごめんなさいだけどここはロックンロールの話をする場所だから仕方がない

このナンバーはこのアルバムで一番クソだ

でもオリジナルの方を聴くと全然いい感じなんだよなあ

ロックンロールバンドがやる曲じゃねえって話だなつまるところが

 

B面六曲目

ゼアズあプレイス

 

B面全然よくねーわって思ってる中でここで少し息を吹き返す

天才ソングライターコンビであり天才シンガーでもある二人の男この声の呼吸!

ビートルズは語ることは様々あれど最大の魅力はたった一つ、

 

最高のシンガーが二人いたってこと!

 

これだけはいまだどの歴代ロックンロールバンドもビートルズを超えられないでいる最大の理由

声ばっかりは努力で身に付くもんじゃないからね

生まれ持った最高の声、さらに歌がうまいときた!そんなレアケースが二人同じロックンロールバンドにいるんだぜ?そら世界最強だわ

このナンバーはこのアルバムで最も二人の声を堪能できるナンバーだ

別に無茶苦茶好きなナンバーってわけじゃないけどジョンとポールがハモりまくってるってだけで俺にはもう十分だよ

ジョンとポールが一緒にロックンロールバンドを組んでくれてよかったって心から思うよ

それは俺が死んだ後もずっと思われ続けることだろうな

そーえば最近のロックの奴の中で珍しく俺が好きなレモンツイッグスって奴らがこの曲を二人で弾き語りでやってるやつをユーチューブでみた

やっぱロックは二人の男だなって感じでよかった

レモンツイッグスの今時の若いモンのくせにやたらナイスだから本来ならここで紹介しちゃいたいんだけど時系列ファーストアルバム縛りが発生しているこの場所では紹介するタイミングがあるかどうかはわからんな

時系列順ファーストアルバム紹介すら果たせぬままこの連載が打ち切りになるかもわからんしな

おっと、話がそれた

今はビートルズのファーストアルバムの話!

つーことで次の曲でこのアルバムは終わる

最後凄いことが起こるぞ!

ザ・ビートルズのファーストアルバム「プリーズプリーズミー」

そのラストナンバー!

ツイスト&シャウト!

これはすごいぞすごいぞすごいぞぉぉぉぉぉぉぉ!

ロックンロールだロックンロールだロックンロールだぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!

もう

BCDHJSBFJCDSHFかSHDFンSXじゃSHFGん日じゃDGSンJCHV堕GんSぁDHSJぁMんSFCあDJKんSHVぁDSKFかDHSXなりを潜めているアDSKMBJXFMアDSKJンCHBSXンCMSXCZ、DCGKJSXDHFLSKLザなDSKJCMBX亜ぢHVBンXDLSCMKZDHX‘VKSMHXDンVDSVCJDSVXJKDH‘FMVHンDZJVDXZHJVXHDJHVJDKHBVCD,JFンKLSXGF粉会えHVY増えJRYZフィCDSVY路FGィれVFゥエリJFDFVDJMXCBンVHSDLCJXVンBJKDCンVK;GLS、BンDKVJM、BDJKJBンKJMンBJKンL;LMンL見JM!!!!!!!!!!!!!!!!!!

って

感じだ

いうことなし!

語るのなんかむなしい!

ただ聴いて楽しむことだけが全て!

できるだけでかい音で、スピーカーで、空気鼓膜網膜脳みそ心臓と心をフルでゆらしてギンギンできくべき!

ユーチューブとかで済ませないで欲しい

このビートルズのファーストアルバムラストソングツイスト&シャウトにいえることはそこまで!

あとどうなるか決めれるのはキミだけ!

あの日本を代表するロックンロールバンドマン真島昌利氏は友人の家で聴いてしまったこのこのツイスト&シャウトがきっかけとなってロックンロールにのめり込み最終的にあんなかっこいい男になってしまったらしい

これは「ロックンロールが降ってきた日」って本で読んだから本当のことのはずだ

どうだすごいだろう?

まあ、聴くことだ

俺から言えることはそれまで

じゃあな!

 

でもそれだけだと書いてる意味ないから仕方ないからなんか書くか

うーんとね、このツイスト&シャウトはあれだ、前の年くらいにアイズレーブラザーズがヒットさせたナンバーらしい

このアルバムは1963年に録音されているんだが比較的新しいナンバーばかりをとりあげているんだな

50年代のロックンロールナンバーのカバーはライブではガンガンやってたみたいだがアルバムに収録されるのはセカンドアルバムからだ

まあロックンロールはビートルズが再び流行らせるまではもう誰も聴いてないような隅っこミュージックだったみたいだからファーストアルバムでいきなりロックンロールバンバンってわけにはいかんかったんだろうな実際の話

ツイスト&シャウトはそんな中でもかなりアグレッシブなロックンロール演奏が聴ける

あきらかに気合いと音圧が違う

やっぱビートルズはロックンロールバンドなんだなって感じがするよね

そして例によってカバーソングならではのジョンレノンの大迫力のボーカルがきける、というか、ジョンレノン本人ですら二度と再現不可くらいのハイパーなウタがきける

きくところによるとこの日ジョンは風邪をひいていたらしく、このアルバムは曲順通りに録っているからつまり正真正銘ラストソング

つまりちょっとヤケクソはいってんだよね

「これで終わりだやったぜやりきるぜぶっちゃけ体調よくなかったけどそれもあってなんだかここまでこれてちょっぴり涙だぜぜええぜえええええええ!おっしゃラスト一発振り絞るどぉぉぉぉぶちかましたらあ!」っていう解放と到達の喜びと後にはもう何も残さんという覚悟の気合いのワンテイクってわけだ

このジョンレノンの残してしまった最強の歌声のせいで後に何人の若者がノドを潰していったことだろうか

これをきいたら誰だって「ロックンロールはこれくらいの気合いでやらなきゃいけないんだ!」って思うに決まってるんだからな

勿論僕もその一人だった

後にジョンは風邪をひいてて云々みたいな話をしってマージでーってなったわ

全く罪な男だジョンは

でもこんな圧倒的なものを残してくれてありがとう

おかげで夢が広がった

本当はもうワンテイク録ろうとしたらしいけどもうこの一回の歌唱で完全にジョンのノドがつぶれて物理的に二回目が録れなかったらしい

正真正銘の一発録り

超貴重

B面ラストにこんな爆弾を投下しくさるなんてな

そしてレコードは無音の回転を続けるのみ

なんという完璧な締め

卑怯ですらある

ジョンの声の話ばかりしてしまったがバンドの圧もすごい

音量が勝手にあがった怪奇現象かと思うくらいいきなりこの曲だけ圧がすごい

丸一日かけた長い長い録音からの解放の喜びと疲れた馬鹿野郎てめえこれでもくらえ!という怒りにも似た発散のエネルギー波はレコードからスピーカーを伝って俺たちの心臓を確実にへこます

べこってなる

B面のかったるさは全てこのいきなりの圧をうけるためにあったと考えていいと思う

ビートルズ最高!

でもそうはいってやっぱり

 

ジョンの声

 

だよねー

セクシーとも違う、大爆発とも違う、頑張れってわけでもないが、そのどれでもがあって、褒めるための的確な言葉が一向にみつからないあの声!

ロックンロールは人間音楽だから、結局モノをいうのは人の声

人の心をゆらすのは結局はシンプルに人の声なんです

でもジョンのこのキセキみたいな声はある時期から聴けなくなってしまうんだな

ある人がいってたけどあの声が失われたのって単純にライブ活動をやめたからなんじゃないか?という

それまではジョンはこのツイスト&シャウトで記録されているみたいにいつも全力で数々のステージをこなしている間に基本的にノドがぶっこわれてる状態でやり続けてたんじゃないかと

んでライブ活動を1966年からやめたことによって本来のジョンのノドの状態に戻ったんじゃないかという説が単純ながらもマジでそうなんじゃないかと

ロックンロールバンドのキセキってけっこー単純なもんだからな

別に初期ビートルズ以外でもジョンの声は超絶に選ばれし者の声なんだけど奇跡を感じるのはやっぱ初期だよね

なんつって

書くことは尽きない

ファンだからな

ビートルズはなんか書くことが多過ぎて頭が大変で困るな

なんか全然書き切れてない感じする

いや全然ビートルズのことは書ききれていない

でもまああくまで今日はファーストアルバムに沿った話だからこの辺で許してやるか

ビートルズのこと書いたらなんか疲れた

全く前後編に分かれるほど長くなるなんて思ってもみなかったぜ

さてさて、次回は誰のこと書けばいいんだろうか?

ビートルズの後だからなー

難しいなー

普通にいくとストーンズ?

ニューアルバムも出したし?

いやいやベイベー

次回何のことを書くとかいうのがまた足かせになっているのがわからんかね

第7回に何を書くかは未定!

同時代のオーティスレディングか?はたまた時代をさかのぼってレイチャールズ?JB?エディコクラン?次の年のキンクスもいいな!

あえてきめない!

お楽しみにとだけ書いて今日は去る!

じゃあな

ロックンロール最高!


THE BEATLES(ザ・ビートルズ)、関連ページ