人間椅子

2016年11月19日、東京・渋谷 TSUTAYA O-EASTにて、人間椅子の2016年秋のワンマンツアー「地獄の季節」がフィナーレを迎えた。10月29日に茨城・水戸 LIGHT HOUSEから始まったこの旅は、全国各地でツアータイトルにふさわしい熱狂を生み出し、千秋楽へ。渋谷の満員のオーディエンスが見つめるなか、彼らの情緒溢れる重低音と歌声が高らかに響く夜となった。

午後6時半を少し回った頃、場内が暗転する。凛としたSEが鳴ると、フロアからは早くも興奮を抑えられない声が飛ぶ。ステージに現れた和嶋慎治(G&Vo)、鈴木研一(B&Vo)、ナカジマノブ(Ds&Vo)の3名から滲み出る風格は、今宵も妖しさ満点だ。1曲目の「阿呆陀羅経」で早速、息の合ったプレイとハーモニーが炸裂し、続く「ねぷたのもんどりこ」で場内のテンションは一気に最高潮に。和嶋と鈴木の和やかなMCの掛け合いからも、このツアーの各会場での盛り上がりが伝わってくる。

人間椅子

先頃、旧譜13作品がHQCD仕様でリマスター再発されたことに触れ、和嶋が「今日はいつも以上に古い曲をふんだんにやります!」と宣言。イントロから一気にオリエンタル・ムードに導く「羅生門」、ミステリアスな列車に乗り合わせたかのような気分になる「幽霊列車」等、曲ごとに展開するドラマが非常に趣き深い。また、「幻色の孤島」や「人間失格」といった、ねっとりとしたヘヴィネスのなかに狂気が顔を覗かせるプログレ大曲は、ライブで味わうと格別のクオリティである。これらが現時点での最新作『怪談 そして死とエロス』の楽曲と溶け合うさまが美しい。

人間椅子

本編中盤、「痴人の愛」等が立て続けに披露された箇所では、リフや歌声の一瞬一瞬に込められた凄まじい“気”のようなものが伝わってくる。これもまた、聴く者の想像力を刺激する文学的な歌詞と、3人の血の通った演奏の為せる業なのだろう。

ナカジマの元気ハツラツの「超能力があったなら」を皮切りに、本編は終盤に突入。次々と怒涛の爆音を響かせ、最後はお馴染み「針の山」がフロアに至高のグルーヴを生み出す。観客が満面の笑みを浮かべてこの曲のフィニッシュを体感する頃、時計は午後8時20分を指していた。

人間椅子

まだまだ彼らの演奏に浸りたいオーディエンスの声に応えて、アンコールでは「新調きゅらきゅきゅ節」と「ダイナマイト」で景気よくフロアを煽る人間椅子。男子の本懐を遂げんとする和嶋、ステージ中央に躍り出てハンドマイクで歌う鈴木、汗まみれになってパワフルに連打するナカジマ。舞台上のどこを見回しても最高に濃密なロックンロール空間が完成している。

もちろん、この狂熱は冷めることがなく、2度目のアンコールへ。最後の最後に「どっとはらい」で堂々と締めくくると、地獄のような愉しさを味わった観客から、万雷の拍手が送られる。充実の時を迎え、どっしりと構えて我が道を行く3人の姿には、勇気づけられる思いがする。日本のロックの神髄をたっぷりと聴かせるツアーファイナルだった。

人間椅子

尚、この夜の公演では、来年の人間椅子の動きに関する、盛りだくさんの告知がなされた。まず、2017年2月1日には、2016年度ワンマンツアーよりセレクトされたライブ盤『威風堂々~人間椅子ライブ!!』がリリースされる。さらに同日、和嶋の自伝本が発売される運びとなっているので、こちらもチェックをお忘れなく。そして、2月から3月にかけて、ライブ盤リリース記念ワンマンツアー「威風堂々」が全国各地で開催される。力強く前進する人間椅子から、ますます目が離せない。

text by 志村つくね・photo by ほりたよしか

「地獄の季節」
2016年11月19日(土)東京・渋谷 TSUTAYA O-EAST公演

〈セットリスト〉

  1. 阿呆陀羅経
  2. ねぷたのもんどりこ
  3. 羅生門
  4. 幽霊列車
  5. 幻色の孤島
  6. 人間失格
  7. 芳一受難
  8. 泥の雨
  9. 痴人の愛
  10. 洗礼
  11. 今昔聖
  12. 超能力があったなら
  13. 地獄の球宴
  14. 雪女
  15. 針の山

EN1.

  1. 新調きゅらきゅきゅ節
  2. ダイナマイト

EN2.

  1. どっとはらい

INFO

『威風堂々~人間椅子ライブ!!』

2017年2月1日(水)発売

ライブ盤(CD2枚組)発売決定、同日に和嶋の自伝本発売

  • 初回限定盤(2CD+DVD)/品番:TKCA-74474/価格:¥4,500(税込)
  • 通常盤(2CD)/品番:TKCA-74475/価格:¥2,800(税込)
  • 収録曲:2016年度ワンマンツアーよりピックアップ
  • 初回限定盤 DVD内容:2016.7.10 新宿ReNY ライブ模様を全曲収録

ライブ盤リリース記念ワンマンツアー「威風堂々」

  •  2月24日(金)宇都宮 HEAVEN’S ROCK
  •  2月26日(日)仙台 CLUB JUNK BOX
  •  2月28日(火)高崎 club FLEEZ
  •  3月3日(金)博多 DRUM Be-1
  •  3月5日(日)高松 Olive Hall
  •  3月6日(月)高知 X-pt.
  •  3月8日(水)神戸 Chicken George
  •  3月10日(金)大阪梅田 AKASO
  •  3月12日(日)名古屋 Electric Lady Land
  •  3月14日(火)山梨 KAZOO HALL
  •  3月17日(金)札幌 CUBE GARDEN
  •  3月19日(日)青森 Quarter
  •  3月22日(水)千葉 LOOK
  •  3月25日(土)赤坂 BLITZ

人間椅子(にんげんいす)、プロフィール

人間椅子(にんげんいす)/1987年頃に結成。現メンバーは和嶋慎治(G&Vo)、鈴木研一(B&Vo)、ナカジマノブ(Dr)。バンド名は江戸川乱歩の同小説名より命名。70年代ブリティッシュ・ハード・ロックのサウンドに、あえて日本語の歌詞を載せるというスタイルで活動。1989年、TBSテレビ系「平成名物TVイカすバンド天国」に出演し話題に。同年11月にインディーズ・ミニアルバム『人間椅子』をリリース、翌90年にメルダックより1stアルバム『人間失格』でメジャー・デビューを果たす。その後、メンバー交替を経て99年7月にメジャーデビュー10周年、2014年にはバンド生活25周年を迎え、精力的に活動中。