四谷天窓

2017年4月17日、高田馬場のアコースティックライブハウス「四谷天窓」の16周年を記念して、シンガーソングライター咲絵とイベンターのTOORU OMATAによる共同企画開催が決定した。今回の企画タイトルは、『居間の天窓から』。咲絵は初企画を打った高校3年生の頃からタイトルに”居間”という言葉を欠かさない。”居間”とは「一家が団欒するような部屋」を意味している。「ライブをする時間、この場所を、皆さんのもう一つのお家にしたい」という思いが込められているという。何も考えず楽になれる空間。日々の生活で溜まった悲しいことや苦しいことを置いていける場所を意識しながら、今回もイベントを行う。今回の開催場所である「四谷天窓」には、ライブハウスとしては異例の”座敷スペース”がある。〈居間〉をテーマにライブをする咲絵と、〈座敷〉のあるライブハウス四谷天窓、そしてこの二者を巡り合わせたTOORU OMATAによる、共同企画『居間の天窓から』に期待したい。

(祝)四谷天窓16周年!! R×咲絵共同企画『居間の天窓から』

  • 2017.04.17(月) 高田馬場 四谷天窓
    OPEN 18:30 START 19:00
    adv. ¥2,000 / door ¥2,500 (+1D)
    出演:咲絵/小玉しのぶ/アトイップンデアシタ/しげちゃん…and more!

咲絵、関連ページ

咲絵、プロフィール

1996年5月18日生まれの20歳。青山学院大学二年生。アコギ弾き語りシンガーソングライター、女優。高校3年生の誕生日にアコースティックギターを買い、遂に本格的に作詞作曲を始める。その年の11月、『第5回 Singer Girls Collection』にて決勝戦進出を果たし、Zepp Tokyoのステージに立つ。最年少出演者にして特別賞を受賞。12月8日の下北沢WAVERでのライブから、全曲オリジナル弾き語りでのライブ活動を開始。2015年3月、高校卒業直後に下北沢WAVERでの初ワンマンライブ「いま、居間にいます。」を開催。100枚SOLD OUT。大学進学後の同年4月、ダグアウトカヌーの音楽と出会う。同年12月、下北沢CLUB251にてダグアウトカヌーとのダブルレコ発ツーマンライブ「溢れるうた」を開催し、念願の1st single『産声』を発売。会場限定販売にも関わらず、2週間足らずで売り上げ枚数100枚を達成。2016年11月14日、下北沢440にて二度目のワンマン「いま、居間にいます。」を開催し2nd single『人形』をリリース。現在もライブ活動を中心に、演劇の公演、図書館にて歌と読み聞かせの会の定期開催など幅広い活動を行っている。