写真家・石井麻木写真展

写真家・石井麻木が1年間にわたり各地で行ってきた2種類の写真展、【15years】と【3.11からの手紙/音の声】の同時開催が、6月7日(水)からスタートする盛岡での開催をもってファイナルとなる。

この写真展「石井麻木 PHOTO EXHIBITION」は、石井麻木が写してきた15年間の光と影の作品(【15years】)と、東北の6年間のドキュメント写真(【3.11からの手紙/音の声】)からなるもので、盛岡 LiRiO会館1Fギャラリーにて開かれる。期間は6月13日(火)まで。各地で熱い反響を呼んでいる本展、ぜひ足を運んでみてほしい。

また、6月24日(土)にはNHKカルチャー京都教室にて『3.11からの手紙/音の声』パネル展とスライドトークを行うことが決定した。今回、写真展を巡回できなかった関西での貴重な展示開催となる。

なお、2011年の東日本大震災以降、毎月被災地を訪れ写真を撮り続けてきた石井麻木による写真本『3.11からの手紙/音の声』が、今年5月29日に『3.11からの手紙/音の声 増補改訂版』として発売。本作の収益は全額寄付されている。

下記、展示についての詳細。石井麻木より。


  • 【15years】
  • 写真家として写してきた15年間の作品のなかから新たに撮りおろした作品を含め額装、アクリルフォトにて100点ほどを展示。
  • 15年間の光と影。
  • 風景写真とともに、
  • 瑛太さん、永瀬正敏さん、松田龍平さん、向井理さん、森山未來さん、リリー・フランキーさん、
  • BRAHMAN、the HIATUS、The Birthday、THE BACK HORN、SA、MONOEYES、ストレイテナー、怒髪天、HABANA、
  • 浅井健一さん、ウエノコウジさん、片平里菜さん、甲本ヒロトさん、斉藤和義さん、チバユウスケさん、中村達也さん、降谷建志さん、堀江博久さん、真島昌利さん、百々和宏さん、ゆう姫さん、渡辺圭一さん他の写真も展示させていただきます。
  • 一部をのぞいた作品をオーダー販売させていただきます。
  • 会場限定フォトグッズの販売もおこないます。

  • 【3.11からの手紙/音の声】
  • おおきな反響により全国各地での総来場者数5万人を超えた写真展、念願の盛岡開催。
  • 東日本大震災直後から毎月写しつづけてきた東北の6年間の様子、そしてその地で鳴らされた音の声を、世間では意識や関心が薄れつつあるのも事実な今、まだ終わっていない現状と、これからをみてゆきたい想いからあらためて写真と言葉で放ちます。
  • 展示アーティストさん:たくさん
  • 写真本(増補改訂版)、フォトグッズの販売もおこないます。

石井麻木PHOTO EXHIBITION

  • 【15years】and【3.11からの手紙/音の声】FINAL
  • 日程:2017年6月7日(水)〜13日(火)
  • 時間:11:00〜19:00(最終日は15時まで)
  • 会場:盛岡 LiRiO会館1Fギャラリー
  • 岩手県盛岡市大通1-11-8 1F
  • 019-623-2520
  • 入場料:無料

NHKカルチャー京都教室『3.11からの手紙/音の声』パネル展/スライドトーク

  • 日程:2017年6月24日(土)
  • 『3.11からの手紙/音の声』パネル展&写真本・フォトグッズ販売
  • 時間:11:00〜15:00(入場無料・予約不要)
  • 石井麻木スライドトーク&サイン会『東北の6年間と今』
  • 時間:17:00〜18:30(有料・要予約)
  • NHKカルチャー京都教室にて
  • 075-254-8701
  • https://www.nhk-cul.co.jp//programs/program_1120654.html
  • ご予約受付中。
  • 受講料収益の一部は幡ヶ谷再生大学・復興支援部に寄付されます。

石井麻木 プロフィール

写真家/photographer

1981年東京都生まれ AB型

写真は写心。一瞬を永遠に変えてゆく。

毎年個展をひらくほか、詩と写真の連載、CDジャケットや本の表紙、映画のスチール 写真、ミュージシャンのライブ写真やアーティスト写真などを手掛ける。2011年の東日本大震災後からは東北に通い続け、現地の状況を写し続けている。2014年11月、写真と言葉で構成された写真本『3.11からの手紙/音の声』を出版。多くの反響を呼んでおり、各地で写真展としてまわるなか、2017年5月には『3.11からの手紙/音の声 増補改訂版』を発行。収益は全額寄付している。