ベランパレードの歌王子あびが思い巡らす“夢うつつ”

ベランパレード 歌王子あびの「ソファベッド宇宙旅行」

2019/3/13

第1回:「会いにいっちゃうよ 明晰夢で」

夢うつつで綴るコラム。要はウトウトしながら書けばいいんだ。簡単なことだと思ったが実際全然簡単なことではなかった。僕は自分の布団に入ってからの寝つきの良さを舐めていた。バッチリ起きていたのでは夢うつつで綴ったことにはならないし多少眠たくなってから書き始めようなんてパソコンを枕元に置いて布団に入ったら気づいた時にはもう朝。そんな風に原稿が一切進まずに一週間が経った。大体眠りながら文章なんて書ける訳ないじゃん。寝てるんだから。寝るの好きなんで寝ながら書いてみていいですかって言ったの僕なんだけど。こんなことならおめめぱっちり系コラムとかにすればよかった。ほんと、とほほだよ。

初めまして、こんばんは。僕の名前は歌王子あび。年齢は27歳。ロックバンド「ベランパレード」のボーカルギターで作詞作曲を担当しています。好きな食べ物はポテトサラダと焼きプリン。嫌いな食べ物はきゅうり。きゅうりの入ったポテトサラダはきゅうりを取り除いても食べられません。今回Rock isからコラムの依頼をいただき、誰かからの依頼でコラムとか書くの初めてだから、なんだかミュージシャンみたいでかっこいいぞ!と喜んでいた。眠くなるまでは。
とにかく本当にリアルなレベルでの夢うつつで書くのを実行しようとすると、原稿が上がるのがいつになるか全くわからない。というか永遠に完成しない。ので、とりあえずは布団に横になって書くのは諦めて布団の上に枕を背もたれにして腰掛けて座ってこの文章を書いてる。夜中だし眠いといえば眠いんだけど全然夢うつつではない。バッチリ起きてる。破綻してない? これ、連載1回目の冒頭なんだけど。可愛く謝ったら許してもらえるだろうか。
そもそもなぜ夢うつつ系コラムがいいと僕が言ったのかというと、僕は睡眠を超愛しているからだ。寝ている時間がとても好き。一番自分らしくいられる時間。単に寝ることが好きというよりは夢を見たりする時間が好き。起きている時間には現実があって寝ている時間には夢を見ることができてなんだか人生を2倍楽しめるような気分になる。

夢を見ている最中、夢を見ていると自覚することを「明晰夢」という。普段見る夢ではなく夢であることに気づき夢が明晰夢化すると夢を意図的にコントロールできるようになるのである。プリンを永遠に食べ続けることもできるし(しかも太らない)好きな異性とキスすることもできる。エロいことだってできる。一度細く麺状にしたところてんを四角い形に戻すことだってできる。とにかく自由自在。しかも素晴らしいのは明晰夢って普通の夢よりリアリティがものすごく高い。鮮明度が段違い。まるで現実と間違うレベルなのだ。目が覚めても現実に起こったことのように覚えていることができる。強い。明晰夢マジ強い。だってそんなんほぼ現実やん。と明晰夢の存在を知った小学生の僕はそう思った。いろんな情報を小学生なりに調べた結果、トレーニングを積むことで明晰夢を見やすい体になれることを知って小学生の僕は毎夜毎夜トレーニングに励んだ。そのトレーニング内容はこうだ。まず、布団に入ったら明晰夢でどんな内容の夢を見たいか決める。複雑な内容だと脳内でしっかりイメージするのが容易ではないのではじめは簡単に頭の中でイメージしやすいものにする。例えば、「空を飛ぶ」とか。決めたら目を瞑って、頭の中で空を飛ぶ自分を思い浮かべる。その時、できるだけリアルに自分が空を飛んでいるところをずっとイメージ。そしてイメージしながら「空を飛ぶ夢を見る」と何回も何回も口に出して言う。うわごとくらいの小さな声で自分自身に言い聞かせるように言うとグッド。あとはそのまま寝ちゃうだけ。そうすると夢を見はじめたときに「あれ? なんか飛べそうだぞ?」という気持ちになったり実際に飛んだりしてるのでそこで「あ! これ夢だわ!」と気付ければオッケー。その時点から明晰夢のスーパー無双タイム、いや、スーパー夢想タイムが始まる。明晰夢で空を飛ぶと、実際に鳥になって空を飛ぶようなリアルさで自由に飛ぶことができるのだ。簡単に説明するとこういった感じだ。完全にその気になった僕は早速その日の夜に空を自由に飛び回る自分を思い浮かべながら何回も「空を飛ぶ夢を見る」と呟きながら寝た。気がつくと僕は夢の中で『忍たま乱太郎』の忍術学園の前に立っていた。門は閉まっていて中には入れない。塀も高い。そこで僕は気がついた。「飛べば中に入れるな! あ! てか飛べるじゃん! これ夢じゃん!」と。幸運にも小学生の僕はトレーニング1日目で夢であることに気がついたのだ。これは本当にびっくりしたんだけど「あ! これ夢だわ!」と気がついた瞬間に夢の質感が一気に変わって、なんというか鮮明にくっきりとした夢という感じになった。これが明晰夢なんだと夢の中で感動した。もうここまでくればあとは飛ぶだけ。しかし夢の中とはいえ肝心な飛び方がわからない。僕は飛行機に乗ってるわけでも鳥や虫になったわけでもなく忍術学園の門の前で水色の忍者の服を着ているだけなんだから。「わかんないけど、とりあえずジャンプかな……」と思った。そんなことを考えてもじもじしていると後ろから「おい」と声をかけられた。振り向くとそこにいたのは「きり丸」だった。きり丸は「なーんだ。門あいてないのか。誰だよ。門開ける当番」というとピョーーーーーーーン!とジャンプして塀よりも遥かに高い場所まで飛んで塀の向こうへ消えていった。「やっぱりジャンプだったんだ!」これで僕も飛べる。不安でいっぱいだったがめいいっぱい膝を使ってジャンプした。すると視界がグーンと一気に急上昇し塀より遥か高いところまで跳ね上がったのだ。「やった! 飛んだ! 僕は飛んだぞ!」と歓喜した。まさかの大成功。1日目でこんなにうまいこといくと全く思わなかった。僕才能あるな、なんて思った頃に違和感を感じた。高いところまで間違いなく飛び上がったはずなんだけど飛んでいる感じが全くしない。浮遊感が全くないのだ。何かがおかしいと下を見下ろして僕は驚愕した。なんと僕は飛んだわけではなく地面に両足はついたまま胴体だけがビヨーンとものすごい長さに伸びていたのだった。「空を飛ぶ夢」ではなく「胴体がえげつないくらい伸びる夢」だったわけである。成功と見せかけて失敗。明晰夢の世界もそんなに甘くない。
でもその後僕は地道にトレーニングを積んで中学生になる頃には「結構自由に明晰夢を見る少年」になっていた。楽しい明晰夢の世界。ただ僕が子供の頃に勝手な理解で実践していた方法なので正しい方法かもわからないし責任は一切取れないけど明晰夢見たことなくて興味ある人は試してみたらいい。

タイムマシンって科学的に実際に作れるらしいけど過去には絶対行けないんだって。未来には行けても絶対過去には戻れないらしい。無念すぎん? 未来になんて行けなくていいから僕は過去に行きたかった。僕らが超高速ロケットに乗って銀河の果てみたいなところ目指したとしても行けるのは未来で過去には行けないってさ。それって科学的に100年後よりも1秒前の方が比べ物にならないくらい遠いってことだよね。遠いなんて次元じゃないのか、行けないんだから。切なすぎる。だから、もう会えなくなってしまった人にまたどうしても会いたくなったら布団に入って目を瞑ってその人の顔を思い出しながら何回も名前を呼ぶといい。僕はそうしてる。それが君にまた会える方法なんじゃないかと僕は思う。おすすめ。

おやすみなさい。


ベランパレード「パン」(OFFICIAL MUSIC VIDEO)

LIVE INFO

  • 3月16日(土)熊本Django
    「HAPPY JACK 2019 H-FINAL EDITION」
    OPEN 11:30/START 12:00
    チケット:一日券 5,000円/二日通し 9,000円
  • 3月23日(土)広島9会場
    「HIROSHIMA MUSIC STADIUM -ハルバン’19-」
    出演:歌王子あび(ベランパレード)/and more
    OPEN 18:00/START 18:30
    チケット:前1日券 4,000円(+1D)/2日通し券 7,000円(+2D)
  • 3月30日(土)京都nano
    「nano15周年月間セミファイナル presents 俺とダンスを踊らNIGHT」
    出演:片山ブレイカーズ&ザ☆ロケンローパーティー/ベランパレード/シンガロンパレード
    OPEN 18:00/START 18:30
    チケット:前売 2,500円/当日 3,000円/DRINK 500円
  • 4月6日(土)西永福JAM
    「apartment.2」
    出演:RYAMY/ベランパレード/and more
    OPEN 未定/START 未定
    チケット:2,400円 +1D
  • 4月7日(日)渋谷LOFT HEAVEN
    「yeahs presents 襲名イェーーーーーイ」
    出演:yeahs(ナナちゃんリジーバンド)‬/‪hotspring‬/‪ベランパレード/ふるかわののこゲットサンダー
    OPEN 18:30/START 19:00
    チケット:前売 2,800円/当日 3,300円/ DRINK 600円
  • 4月8日(月)新宿Marble&Motion
    「BUONO!BUONO! vol.3」
    出演:歌王子あび(ベランパレード)/西沢成悟(メメタァ)/高浪凌(タカナミ)/さくらいたかよし(マイアミパーティ)/田村友昌(tonetone)/仲川慎之介(時速36km)/and more
    OPEN 未定/START 未定
    チケット:前売 2,300円/当日 2,500円/DRINK 500円
  • 4月20日(土)大阪堀江4会場
    「MISOJI RIOT 2019」
    OPEN 11:30/START 12:00
    チケット:3,500円(+1D 600円)
  • 4月28日(日)宮崎市街地5ヶ所
    「MEGANE ROCK Fes.2019」
    出演:県内外バンド・アコースティック・DJ多数
    OPEN 11:30/START 12:00
    チケット:1,800円/2,300円(+1D)
    ※メガネをかけてご来場の方は1Sweetsプレゼント
  • 5月12日(日)新宿Marble
    podo×ベランパレード ツーマン 「ヤキソバ×パン食べたい」
    出演:podo/ベランパレード
    OPEN 未定/START 未定
    チケット:後日発表
  • 5月18日(土)周南rize
    ガガガSP ツアー2019「日本最古の青春パンク街道一直線 -2000-2003-」
    出演:ガガガSP/Bacon/ベランパレード
    OPEN 17:30/START 18:00
    チケット:前売り 3,300円(+1D)
  • 5月19日(日)出雲APOLLO
    ガガガSP ツアー2019「日本最古の青春パンク街道一直線 -2000-2003-」
    出演:ガガガSP/Bacon/ベランパレード
    OPEN 17:00/START 17:30
    チケット:前売り 3,300円(+1D)
  • 5月26日(日)京都ライブハウス複数会場
    「いつまでも世界は…第八回」
    出演:
    第二弾発表アーティスト
    KING BROTHERS/おとぎ話/台風クラブ/おとぼけビ〜バ〜/ザ・ビートモーターズ キイチビール&ザ・ホーリーティッツ/ドブロク/シンガロンパレード/イヌガヨ MOTORS/ベランパレード/カトキット/Crispy Camera Club/KEEWO もるつオーケストラ/ULTRA CUB/夜ハ短シ/soratobiwo/ぼくが王様だったころ ミチノヒ/橙々/雨面ナラカシ/ヤマモトケンジ&ヒズ・ラッキーフレンズ イトカムトビコ/BUNTA/ユウキミリオンセラー/阿宅ユウスケ(チャー絆) スーパーアイラブユー/よよよ_​ゐ/少年ラヂオ/一番星☆蛇ッ太/小川洋平 ぴあにかきーこ/ただかおる(Susan Hendrix)/濱本健児/ラヴラヴスパーク ROBOW/パックワントリオ/ナランチャ/進藤宏希/市村マサミ/ステレオタイプ トミタショウゴ/TriTetra/高橋てつや/あっけ(カトキット)/Cocopeliena 激団モンゴイカ
    第一弾発表アーティスト
    KONCOS/太平洋不知火楽団/夜のストレンジャーズ/than/ギャーギャーズ/THE FULL TEENZ/私の思い出/RED EARTH/鈴木実貴子ズ/藤山拓/小豆原一朗/Novelman/the seadays/Gue/mama fu-fuh/犬人間ニョンズ/はいからはくち/It will be rainy(but I go.)/Arakezuri/SiMoN/YAOAY(a.k.a. 笹口騒音)/尾島隆英/Nの集落/田高健太郎/アサトアキ ラ/トラッシュ山省/谷井大介/雰囲気/ガリザベン/マサ・タケダ/石川ヨナ/藤川真里/ 松ノ葉楽団/三浦雅也/ドカンズ福井コウダイ/前田サンシャインオフィス/ザ・シックス ブリッツ
    OPEN 11:30/START 12:00
    チケット:前売 3,800円/当日 4,300円/ DRINK 600円