Drop’s

Drop’s

album『Tiny Ground』

album『Tiny Ground』

ニューアルバム『Tiny Ground』を携えたツアー開催間近! Drop’s中野ミホに動画インタビュー

バンド結成10周年イヤーを突き進むDrop’sからニューアルバム『Tiny Ground』到着。
愛おしいアルバムになったという本作を携え、10/23ツアースタート!

2作のミニアルバム『organ』『trumpet』に続き、Drop’sが5枚目のフルアルバム『Tiny Ground』をリリースした。先のミニアルバムから始まった作曲家・多保孝一との共作体験は、バンドが新たな扉を開ける大きなきっかけとなったことは間違いないが、ここに完成したアルバムをまとう自由な空気といったら実に清々しいものだ。ストレートなバンドサウンドがアルバムの扉を開ける「Tシャツと涙」、初めて学生の頃を振り返って歌詞を綴ったという「EAST70」、もともとあったDrop’sの楽曲を多保が大胆なアレンジでR&Bナンバーへと昇華させた「Lost in Construction」、ディープに浮遊する「Blue」、ビートルズライクな音像が楽しい「アイラブユー」と、多彩なサウンドメイクにワクワクする。荒谷朋美(gt)、小田満美子(ba)、石川ミナ子(dr)が曲ごとに色々なチャレンジを試したサウンドやリズムも聴きどころ満載。そしてアルバムの終盤「春の羊」で飛び込んでくる中野ミホのソウルフルな叫びにこちらの感情を掴まれ、ラストは4人の演奏シーンが目に浮かぶロックンロール・ナンバー「マイハート」へ。『organ』で冬の匂いを漂わせ、『trumpet』で春の風を吹かせたDrop’sが自分たちの歩で踏みしめた大地が広がっている。彼女たちはここを“Tiny Ground(ちっちゃな地面)”と名付けたが、この地面のなんと豊穣なことか。バンド結成10周年。10月23日(水)からはアニバーサリーのワンマンツアーもいよいよスタート。この4人なら何をやっても大丈夫という確信が、Drop’sをまた先へと送り出す。そんなステージが楽しみだ。(秋元美乃/DONUT)

INFORMATION

5th full album『Tiny Ground』

5th full album『Tiny Ground』

2019年9月20日(金)リリース
BZCS.1179/2,778円+税

全11曲収録
1. Tシャツと涙
2. EAST70
3. 毎日がラブソング
4. Lost in Construction
5. Cinderella
6. Blue
7. Little Sign
8. アイラブユー
9. 天使とラストシーン
10. 春の羊
11. マイハート

Drop’s「アイラブユー」Music Video

Drop’s 10th Anniversary ONE MAN TOUR 2019『Tiny Ground』

2019年10月23日(水)愛知・名古屋CLUB UPSET
OPEN19:00/START19:30

2019年10月25日(金)香川・高松TOONICE
OPEN18:30/START19:00

2019年10月26日(土)広島・広島セカンドクラッチ
OPEN16:30/START17:00

2019年10月28日(月)福岡・福岡graf
OPEN18:30/START19:00

11月1日(金)宮城・仙台enn3rd
OPEN18:30/START19:00

11月4日(月・祝)北海道・札幌KRAPS HALL
OPEN16:30/START17:00

11月12日(火)大阪・心斎橋JANUS
OPEN19:00/START19:30

11月15日(金)東京・渋谷CLUB QUATTRO
OPEN18:30/START19:30

チケット:3,000円(税込/ドリンク代別)
一般発売:2019年8月25日(日)

チケットぴあイープラスローソンチケットLINE TICKET

中野ミホの「うたかたイン・ザ・ムード」vol.4

12月20日(金)新宿レッドクロス
OPEN 19:00/START 19:30
出演:中野ミホ(Drop’s)/riyo(koochewsen)/+1 act

チケット
前売 2,500円/当日 3,000円(1ドリンク別+600円)
https://t.livepocket.jp/e/191220redcloth

PROFILE

Drop’s

中野ミホ(vo&gt)、荒谷朋美(gt)、小田満美子(ba)、石川ミナ子(dr)

2009年北海道・札幌にて同じ高校の軽音楽部で出会った中野・荒谷・小田ら5人によりDrop’sを結成。vo.中野ミホの圧倒的ボーカルを基軸にしたブルージーなサウンドが醸す強烈なインパクトと時代に媚びない独特な存在感は結成当時より話題に。2013年メジャーデビュー。直木賞作家の小池真理子の半自叙伝的文学作品としても高い評価を得た映画『無伴奏』や性暴力について描かれた問題作、映画『月光』などで主題歌として起用される他、JR東日本『行くぜ、東北。SPECIAL 冬のごほうび』といったCMでもvo.中野ミホが歌起用されるなど、ライブバンドとしての活動に留まらずアーティストとしての幅を拡大中。2017年活動拠点を地元・札幌から東京に移すと同時に新ドラマー石川ミナ子が合流。2018年12月からは4人体制の新生Drop’sとしてミニアルバム『organ』と『trumept』を立て続けに完成させる。この頃より始まった元Superfly・作曲家の多保孝一とのコラボレーションによりこれまであまり見られなかったダンサブルなリズムを取り入れた「Cinderella」やホーンセクションが印象的な「毎日がラブソング」といった新たな楽曲を生み出し、バンドとしても明らかな大きな進化と遂げる。2019年9月、バンド結成10周年のアニバーサリーイヤーを締めくくる約3年半ぶりの5枚目となるフルアルバム『Tiny Ground』がリリース。進化を遂げたDrop’sサウンドはもう鳴り止まない!

Drop’sオフィシャルHP:http://drops-official.com

取材・テキスト:DONUT(秋元美乃/森内淳)