ザ・クロマニヨンズ

ザ・クロマニヨンズ

全国ツアー「ザ・クロマニヨンズ ツアー レインボーサンダー 2018-2019」

2018.11.14(wed)恵比寿 LIQUIDROOM

全国ツアー「ザ・クロマニヨンズ ツアー レインボーサンダー 2018-2019」

ザ・クロマニヨンズ ツアー レイボーサンダー2018-2019 リキッドルーム公演をライブレポート

ザ・クロマニヨンズ

50本におよぶ「ザ・クロマニヨンズ ツアー レイボーサンダー2018-2019」がスタート その5本目、恵比寿リキッドルームのライブをレポート

11月14日水曜日 ザ・クロマニヨンズの恵比寿リキッドルーム公演を見た。クロマニヨンズは最新アルバム『レインボーサンダー』をリリース。50本に及ぶツアー「レインボーサンダー2018-2019」に旅立ったばかり。筆者が見たライブは5本目だ。前回のツアーの東京公演のキックオフは赤坂BLITZだった。ライブハウスのなかでもホールに近い会場だ。それに比べ、今回の恵比寿リキッドルームはライブハウス然とした会場。キャパシティの差は僅かだが、天井も低く、ステージとお客さんの距離も近い。会場は言うまでもなく超満員。立錐の余地もない。

19時ちょうどに前説がスタート。諸注意に続いてクロマニヨンズを呼び込む。それに合わせて会場が暗転。その時点で会場はヒートアップ。狭い空間でクロマニヨンズのワンマンを見られる至福を東京のお客さんが味わうのは久しぶりだ。とはいえ、この熱気は、クロマニヨンズのライブに対する飢餓感から発せられたものではない。毎年、クロマニヨンズのツアーは半年間に及ぶ。残りの半年もレコーディング期間を除いては何らかのかたちでフェスやイベントに出演している。傍から見ると1年中ライブをやっている印象がある。この恵比寿リキッドルームでも夏にキング・オールスターズと2マンライブをやったばかりだ。ではこの熱気の根幹には何があるのか? イベントになくてツアーのステージにあるものとは? 言うまでもなく新曲だ。この熱気の正体は、クロマニヨンズの新しい楽曲を聴きたいという欲求なのではないか。クロマニヨンズのライブツアーが毎回新鮮なのは、そういったリスナーとバンドの健全な関係性のおかげだ。そして今日もクロマニヨンズは新作『レインボーサンダー』の曲を全部演奏した。

最新作『レインボーサンダー』はリスナーが求めるクロマニヨンズ像のど真ん中を具現化したアルバムだ。あらゆるポップ・スタイルにアプローチした前作とは違い、ひたすらまっすぐにエイトビートのロックンロールを表現した作品だ。今日も冒頭から『レインボーサンダー』の楽曲が次々と投下され、リキッドルームはエイトビートで満たされた。作品の冒頭を飾る曲「おやつ」の歌詞の「自分の果てまで楽しむ」というメッセージをオーディエンス全員が実践しているかのような光景が繰り広げられる。その熱気のなかで甲本ヒロト(vo)、真島昌利(gt)、小林勝(ba)、桐田勝治(dr)も加速。無駄なMCや言い訳や御託は一切なし。ひたすらロックンロールだけを叩き込む。それを受けて会場の熱はさらに上昇。これまたコール&レスポンスなんじゃないかと思った。熱狂と熱狂のやりとりが「宇宙で一番スゲエ夜」を作るのだ。

最新作から5曲をやり終えて「ペース配分などなさらずに楽しんでください」とヒロトが言う。23曲演奏したとしても1曲3分以内なのであっという間にライブは終わってしまう。ペース配分などやっている暇はない。「クロマニヨンズは結成50年で100枚アルバムを出しています」というMC(たぶんそれだけ長くクロマニヨンズをやっているという自覚があるのだと思う)から過去曲のコーナーへ。クロマニヨンズはヒロトとマーシーのバンドとしては3バンド目。そのなかで最長のキャリア12年を記録。過去曲からの選曲の幅も自ずと広がる。ツアー中なので楽曲名は割愛するが、前半の3曲はユニークな選曲だった。こういうテーマでこういうチョイスができるくらいキャリアを積んだのだなあ、とこちらが実感したくらいだ。

再び『レインボーサンダー』へ。アルバム・タイトルを知ったときに今回のアルバムはとびきりいい作品の予感がした。何の意味も持たない子供でもわかる単語の羅列。このシンプルさはクロマニヨンズそのものをあらわしているように思えたからだ。前作『ラッキー&ヘブン』もわかりやすい単語の羅列だが、間に「&」が入るだけで意味を持つ。それすらもないタイトル。こういうわかりやすさやシンプルさに帰結したときロックンロールは爆発する。なんでも『レインボーサンダー』のタイトルの発想の源は小林と桐田だという。12年目のクロマニヨンズは面白いことになっている。このパートでは、アルバムの最後を飾る「GIGS(宇宙で一番スゲエ夜)」を残し、アルバムから6曲を披露。ハイライトは「恋のハイパーメタモルフォーゼ」だろう。取材したときにヒロトは冒頭のコーラスをバンド全員でうたったことを楽しそうに話してくれた。4人のメンバーにオーディエンスが加わったとき、ライブハウスに無敵の光景が現出する。

「クロマニヨンズがまだまだやりたがってるぞ」というMCで終盤のパートがスタート。シングル曲を中心に構成されたこのコーナーは自動的に年々中身が濃くなる。12年も経つと、ベスト選曲だったのがベスト・オブ・ベストくらいの域まで達している。ここでオーディエンスの盛り上がりはピークを迎える。ライブが始まる前は新作を渇望していても、シングル曲の連打は至福の時間をもたらす。「スゲエ夜」をも上回る勢いだ。ところが、これがライブの回を重ねるごとに、新曲が過去のシングル曲と同じような輝きと熱を帯びる。この時点ではたしかに今夜の「スゲエ夜」のピークは終盤だったかもしれない。ところが最終公演辺りではすべての瞬間がピークになる。最終公演近くの東京公演で「なんだ、もうツアー終わりかよ」っていう気分になるのはそのせいだ。たぶん他のバンドも本当はこうやって新曲が変化していくのだろうが、クロマニヨンズほど本数をやらないので(しかも新作を全部演奏するバンドはほとんどいない)、その変化が見えにくい。クロマニヨンズのライブはその変化を楽しむことができる。だからクロマニヨンズのライブはリピートしたくなる。アンコールはヒロトの「一番ええことやろう。ロックンロールやろう」というMCでスタート。シングル曲のB面(「時のまにまに」)につづき2曲を演奏して、90分、23曲のライブは雷光のように過ぎていった。(森内淳/DONUT)

INFORMATION

album『レインボーサンダー』

album『レインボーサンダー』

2018年10月10日(水)リリース

CD:BVCL-906/2,913円+税
初回仕様分のみ紙ジャケット仕様

完全生産限定アナログ盤:BVJL-29/2,913円+税
60年代フリップバックE式盤を可能な限り再現。180g重量盤採用

収録曲
1. おやつ
2. 生きる
3. 人間ランド
4. ミシシッピ
5. ファズトーン
6. サンダーボルト
7. 恋のハイパーメタモルフォーゼ
8. 荒海の男
9. 東京フリーザー
10. モノレール
11. 三年寝た
12. GIGS(宇宙で一番スゲエ夜)

全国ツアー「ザ・クロマニヨンズ ツアー レインボーサンダー 2018-2019」

2018年
11月7日(水)群馬県 高崎club FLEEZ
11月9日(金)愛知県 ダイアモンドホール
11月10日(土)愛知県 ダイアモンドホール
11月13日(火)東京都 LIQUIDROOM
11月14日(水)東京都 LIQUIDROOM
11月17日(土)長野県 長野CLUB JUNK BOX
11月18日(日)長野県 長野CLUB JUNK BOX
11月21日(水)長崎県 長崎 DRUM Be-7
11月23日(金・祝)熊本県 熊本B.9 V1
11月24日(土)熊本県 熊本B.9 V1
11月28日(水)山梨県 甲府CONVICTION
12月1日(土)大阪府 なんばHatch
12月2日(日)大阪府 umeda TRAD
12月3日(月)大阪府 umeda TRAD
12月6日(木)北海道 PENNY LANE 24
12月7日(金)北海道 PENNY LANE 24
12月09日(日)北海道 旭川 CASINO DRIVE
12月11日(火)北海道 根室 HYWATT HALL
12月15日(土)福島県 郡山 HIP SHOT JAPAN
12月21日(金)鳥取県 米子laughs
12月23日(日・祝)広島県 広島クラブクアトロ
12月24日(月・振)山口県 周南 RISING HALL
12月27日(木)静岡県 Live House浜松 窓枠
12月28日(金)静岡県 Live House浜松 窓枠
2019年
1月11日(金)岩手県 盛岡 CLUB CHANGE WAVE
1月12日(土)青森県 青森 Quarter
1月14日(月・祝) 秋田県 秋田 Club SWINDLE
1月18日(金)香川県 高松festhalle
1月20日(日)兵庫県 神戸ハーバースタジオ
1月21日(月)兵庫県 神戸ハーバースタジオ
1月25日(金)富山県 富山MAIRO
1月26日(土)石川県 金沢Eight Hall
1月29日(火)東京都 Zepp Tokyo
2月2日(土)長野県 松本Sound Hall a.C
2月5日(火)埼玉県 HEAVEN’S ROCKさいたま新都心 VJ-3
2月8日(金)滋賀県 滋賀 U☆STONE
2月9日(土)滋賀県 滋賀 U☆STONE
2月11日(月・祝) 岐阜県 岐阜club-G
2月14日(木)茨城県 水戸LIGHTHOUSE
2月16日(土)宮城県 仙台GIGS
2月23日(土)千葉県 千葉市民会館 大ホール
2月24日(日)埼玉県 さいたま市民会館おおみや
3月2日(土)岡山県 岡山市民会館
3月9日(土)兵庫県 尼崎市総合文化センター あましんアルカイックホール
3月15日(金)静岡県 静岡市民文化会館 中ホール
3月17日(日)愛媛県 新居浜市市民文化センター 大ホール
3月21日(木・祝)京都府 ロームシアター京都 メインホール
3月23日(土)和歌山県 かつらぎ総合文化会館 大ホール
3月30日(土)東京都 福生市民会館
4月6日(土)神奈川県 カルッツかわさき
4月7日(日)栃木県 栃木県教育会館
4月12日(金)愛知県 日本特殊陶業市民会館 フォレストホール
4月17日(水)東京都 中野サンプラザ
4月20日(土)福岡県 福岡市民会館

PROFILE

ザ・クロマニヨンズ

ザ・クロマニヨンズ/甲本ヒロト(Vo)/真島昌利(G)/小林勝(B)/桐田勝治(Dr)
2006年7月の出現以来、すでにシングル16枚・アルバム11枚・全国ツアー13本など、毎年精力的に活動を続けている。
8月29日に17枚目のシングル「生きる」、10月10日には12枚目のアルバム『レインボーサンダー』の発売が決定している。
また、2018年11月07日(水)より、 全国ツアー「ザ・クロマニヨンズ ツアー レインボーサンダー 2018-2019」がスタートする。
ザ・クロマニヨンズ オフィシャルサイト:http://www.cro-magnons.net/

取材・テキスト:DONUT(秋元美乃/森内淳)