the twenties

the twenties

1st full album『GLIMMER』

2017.11.1(wed)リリース

1st full album『GLIMMER』

the twenties初のフルアルバム『GLIMMER』に込めた思い

the twentiesが昨年11月にバンド初のフルアルバム『GLIMMER』をリリース。同作に込めた思い、サウンドアプローチ、そしてファイナルワンマンについて動画インタビュー

the twentiesが開催中のリリースツアー&ワンマンシリーズのファイナル・渋谷WWW X公演がいよいよ2月20日(火)に迫ってきた。このツアーは昨年11月に発表した初のフルアルバム『GLIMMER』を携えて行われているもので、各地の手応えとともに今作の進化形を体感できるステージとなっている。前作から2年8ヵ月ぶりとなる作品『GLIMMER』は、野菜くん(ba)がサポートから正式加入するまでの期間に培われたバンド感はもちろん、もともと持っていた彼らの歌心がさらに色濃く表れたアルバムに。そして、1曲目「LET IT DIE」から“これぞthe twenties”といえるフロア直撃のサウンドで幕を開ける本作が辿る世界は、驚くほど様々な風景を見せながら進んでいく。特筆すべきは中盤から並ぶミドルテンポの楽曲群。弾き語りでも披露していたタカイリョウ(vo&gt)の至極パーソナルな体験を綴った「園の子」は、バンドサウンドが合わさることでどこか解放感のあるひとつの完成形をみせ、バンド初のバラード「にじのうた」へと続く。かつて、タカイがこんなにもやさしい声で歌う楽曲があっただろうかと、思わずハッとする(「にじのうた」が生まれた背景は、動画インタビューをぜひご覧ください)。そして、カバーを挟みラスト「BABYBLUE」へ至る高揚感。1枚をとおして、ゴリゴリと迫る爆裂サウンドだけでなく、光そのものを滲ませたような眩いサウンドにクラクラする。ウルマヒロユキ(gt)、アンソニーダイナソー(dr)、野菜くんがそれぞれ取り組んだサウンドアプローチの妙が音の隙間にまであふれている。タカイ曰く「イチからthe twenties始めます、という気持ちでつくった」という本作は、いろいろなthe twentiesを初体験できる作品だ。何かに絶望する前に、このアルバムを聴いてみてください。(秋元美乃/DONUT)

INFORMATION

LIVE INFO

  • the twenties 1st full album『GLIMMER』Tour Final Oneman
    2/20(火) 東京・WWW X
    OPEN / START 18:30 / 19:30
    ADV / DAY 2,800円 / 3,300円
    CAST:the twenties
    DJ:TOMMY
  • under the sunset
    2/24(土) 愛知・名古屋sunset BLUE
    OPEN / START 18:30 / 19:00
    ADV / DAY 2,400円(+1D)
    CAST:大森貴太(百長)/橋本薫(Helsink Lambda Club)/タカイリョウ(the twenties)
    ※タカイリョウ弾き語りでの出演となります。
  • 見放題東京2018
    3/3(土) 東京・新宿歌舞伎町界隈10会場
    OPEN / START 11:30 / 12:00
    ADV 3,800円(+1D)
    CAST:出演者多数
    詳細はオフィシャルサイトにてご確認ください。
    オフィシャルサイト:http://mihoudai.tokyo
the twenties 1st full album『GLIMMER』

the twenties 1st full album『GLIMMER』

  • 2017年11月1日(水)リリース
    2,500円(+tax) neon records / NECR-1016
  • <収録曲>
  • M1. LET IT DIE
    M2. 追憶ダンス
    M3. さらば青春の光よ
    M4. Guilty
    M5. 園の子
    M6. にじのうた
    M7. Day out
    M8. 2 0 1
    M9. 下坂部
    M10. BabyBlue

the twenties – 園の子 (Official Video)

PROFILE

the twenties

the twenties/タカイリョウ(vo&gt)、野菜くん(ba)、ウルマヒロユキ(gt)、アンソニーダイナソー(dr)
the twentiesは九州は大分で結成。地元九州にてメキメキと知名度を上げていく中、vo.タカイリョウの安易な考えから2011年、拠点を東京に移す。上京後もその勢いは止まらず、前衛的なサウンドと圧倒的なライブパフォーマンスであっという間に耳の早いリスナーから注目を浴びる。タカイリョウにしか書けない独特な歌詞とクセのある声は聴く人の心を深く抉り、ギターの音色とは思えないエレクトリックでサイケなギターリフ&フレーズは全てgtウルマによる革新的なサウンド。それをさらに躍動させるba野菜くん(2016.6.21に前ベーシストTOLLxxx→脱退後、新加入)のフリーキーでグルーヴィーなベース。それらをタイトなビートで支え、時に恐竜の如く太鼓を叩きまくるdrアンソニーダイナソーのドラミング。これらが凝縮され前衛的なサウンドとなり、唯一無二のロックバンドとして全国のライブフロアを熱狂の渦へと巻き込んでいる。ライブをまだ観た事が無い方はとにかく一度、彼らのライブを体感し、脳天に衝撃を受けてみてほしい。
the twenties公式サイトhttp://thetwenties.info/tw-wp/

取材・テキスト:DONUT(秋元美乃/森内淳)

「Rock is LIVE 5」2018.10.12(金)下北沢 BASEMENT BAR. hotspring/がらくたロボット/錯乱前戦.チケット発売中:2,000円(1ドリンク別)