ドミコ

ドミコ

ベッドルーム・シェイク・ツアー

2018.10.3(wed)渋谷WWW

ベッドルーム・シェイク・ツアー

ドミコ「ベッドルーム・シェイク・ツアー 」ファイナル公演をリポート

ドミコ

ドミコのツアーファイナル@渋谷WWWのオフィシャルライブレポートを独占公開!

2018年10月3日(水)、渋谷WWWにてドミコが2マンツアー「ベッドルーム・シェイク・ツアー 」のファイナル公演を開催。チケットはもちろんソールドアウト。最初にPredawnがアコースティックギター1本で12曲を披露したあと、さかしたひかる(vo&gt)と長谷川啓太(dr)がサウンドチェックのためにステージに登場。そのまま場内が暗転して、いきなりノイジーなナンバー「united pancake」で幕を開けた。つづいて「てくのろじー」を披露。この2曲は1st EP『深層快感ですか?』からの選曲。バンド最初期のローファイでガレージなサウンドが創り出す初期衝動が温度を一気に上昇させる。「てくのろじー」のアウトロから1stフルアルバム『soo coo?』収録の「Pop,Step,Junk!」へ。ガレージの粗粗しさから一転、強固で揺るぎないロック・ナンバーが会場を包む。「ドミコです。よろしく」という淡白なMCにつづいて披露されたのは2nd フルアルバム『hey hey,my my?』収録曲「ロースト・ビーチ・ベイベー」。よりポップに変化したサウンドと歌を堪能できる楽曲だ。

ドミコ

ドミコの音楽をカテゴライズするのは難しい。ローファイ、ガレージ、サイケデリック、オルタナティブ、ロックンロール。そのどれにも当てはまりそうで当てはまらない。ドミコの音楽は各ジャンルの定義から少しずつズレているからだ。「“united pancake”はガレージといえばガレージなんだけど、でもちょっと違うんだよね」みたいに。その「ズレ」の正体とは何か? それは今日のライブの冒頭の4曲で示した「変化と進化に対しての貪欲さ」に他ならない。それによってドミコの楽曲は、ローファイやガレージやサイケデリックやロックンロールの少し上で鳴っているように感じる。それこそが「ズレ」の正体でありドミコのオリジナリティなのだ。

ドミコ

4曲目の「ロースト・ビーチ・ベイベー」のアウトロからなだれ込んだのは、まさに「ドミコの進化と変化に対するアティチュード」をリリックに落とし込んだ「くじらの巣」だった。つづいて最新型のドミコ、「ベッドルーム・シェイク・サマー」を演奏。サイケデリックに浮遊するこの作品は、ギターリフを中心に構成したドミコの楽曲をいい意味で裏切っている。まさに音楽に対する貪欲さ、真摯な姿勢の産物。その究極形といっていい。「united pancake」から「ベッドルーム・シェイク・サマー」までの6曲はドミコの進化と変化の物語を紡ぐことで「ドミコとは何か?」を示したパートとなった。

「ツアーファイナル、ありがとうございます。元気?」というMCにつづいて演奏された「マカロニグラタン」で後半へと突入。ここから『hey hey,my my?』からの楽曲を次々に披露した。「こんなのおかしくない?」「バニラクリームベリーサワー」。ライブで聴くと、あらためてこのアルバムの完成度の高さがわかる。加えて今日は出音が抜群にいい。新しく導入したフェンダー・ジャガーとTAMAのドラムが会場全体を包み込むようにスピーカーからズンズンと鳴り響く。そんなPAに支えながらミディアムテンポのリフがガンガン来る10曲目の「ミッドナイトネオン」が決定打となり、オーディエンスは激しく身体を横に揺らす。

ドミコの客層はとても広い。ロックのライブは一定の年齢層が大挙して押し寄せがちだが、若い女の子もいれば見るからに音楽通にしか見えないおじさんもいる。ファッションも様々。Tシャツにタオル姿は皆無。一緒に拳を振り上げることはないし、みんなでモッシュをしたりダイブをしたりもしない。最初から最後まで踊っている人がいたかと思えば、身体を揺らしつづけている人もいる。ただひたすら演奏に没頭している人もいる。まさに百人百様。まるで各々のリスニングルームでドミコの音楽を自由に楽しんでいるかのようだ。オーディエンスの多様さはドミコの多様な音楽性の写し鏡となっている。

ドミコ

ライブは終盤へ突入。『soo coo?』から「マイララバイ」を、『深層快感ですか?』から「地球外生命体みたいなのに乗って」を披露。そして長いイントロからキラーチューン「まどろまない」を投下。会場の盛り上がりが最高潮に達したところで本編終了。一旦ステージから去り、すぐに戻ってきてアンコールに突入。「ツアーファイナルってことで、まわった箇所は全然少ないんですけど、またいっぱいまわれたらいいと思います」といって「Slip In Pool」を始める。『soo coo?』収録のポップなナンバーだ。つづいて激しくノイジーな「旅行ごっこ」を演奏。『深層快感ですか?』の楽曲からスタートし進化と変化の軌跡を示しながらアンコールの最後で再び原点の『深層快感ですか?』に戻っていくという構成。とてもよくできた物語だ。「ありがとう。ドミコでした」といってさかしたひかると長谷川啓太はステージを去る。

本当ならここで終演するはずだったが、とても終われる雰囲気ではなかった。ドミコは再びステージに登場。いつもは淡々としているドミコのふたりだが、今日は高揚感が冷めることはない。それはオーディエンスも同じ。最初のアンコールが終わっても決して帰ろうとはしなかった。今日、ドミコが最後に演奏したのはブルース・ロック・ナンバー「深海旅行にて」。ドミコはガレージからブルースまで、持てる音楽性のすべてを披露。2マンライブとは思えない、ワンマンライブのような濃密なステージだった。音楽の振れ幅も客層も今までの常識では測れないドミコが、今、ロック・シーンのメインストリームに躍り出ようとしている。
(森内淳/DONUT)

ドミコ

ドミコ<ベッドルーム・シェイク・ツアー>
2018.10.03 at 渋谷WWW

  • 1. united pancake
    2. てくのろじー
    3. Pop,Step,Junk!
    4. ロースト・ビーチ・ベイベー
    5. くじらの巣
    6. ベッドルーム・シェイク・サマー
    7. マカロニグラタン
    8. こんなのおかしくない?
    9. バニラクリームベリーサワー
    10. ミッドナイトネオン
    11. マイララバイ
    12. 地球外生命体みたいなのに乗って
    13. まどろまない
  • EN1. Slip In Pool
    EN2. 旅行ごっこ
  • EN3. 深海旅行にて

INFORMATION

LIVE INFO

2018年10月7日(日)大阪・ライブサーキット
「MINAMI WHEEL 2018」
OPEN 11:30/START 14:00
ドミコ出演:10月7日(日)19:00~

2018年10月7日(日)大阪・心斎橋Music Club JANUS
「Spotify Early Noise Night #8 OSAKA」
OPEN 22:30/START 23:00
1,000円
ドミコ/WOMAN/THREE1989/tricot/The ManRay/Ryu Matsuyama

2018年10月26日(金)仙台enn 3rd
「MONO NO AWARE 『AHA』リリースツアー「OHO」」
OPEN 18:30/START 19:00
3,000円
ドミコ/MONO NO AWARE

2018年10月29日(月)恵比寿 LIQUIDROOM
「Hinds ” I don’t run Japan Tour 2018″」
OPEN 18:00/START 19:00
5,800円
ドミコ/Hinds/TAWINGS (O.A.)

2018年11月8日(木)広島QUATTRO
「QUATTRO presents」
OPEN 18:30/START 19:00
3,000円
ドミコ/ニガミ17才/Tempalay/…and more

2018年11月9日(金)松山Bar Caezar (愛媛県)
「ROCK TRIBE」
OPEN 20:00
2,500円
ROCK TRIBE Dj’s (Vinyl Only Set)/Nori , Kondo , Hajime/Act:ドミコ/Opening Act:modak/Act:throma

2018年11月10日(土)Cafe’ de Blue (高知県)
「RMEGANE SCENE」
OPEN 19:00
2,500円

2018年11月16日(金)名古屋 CLUB ROCK’N’ROLL
「The Songbards 2nd Mini Album 「The Places」Release Tour」
OPEN 19:30/START 19:00
2,800円
ドミコ/The Fax/The Songbards

2018年11月17日(土)京都 GROWLY
「TENDOUJI 爆発ツアー」
OPEN 18:00/START 18:30
ドミコ/TENDOUJI

2018年11年18日(日)岡山 PEPPERLAND
「TENDOUJI 爆発ツアー」
OPEN 17:30/START 18:00
ドミコ/TENDOUJI

2018年11月24日(土)札幌 KRAPS HALL
「夢チカLIVE VOL.133」
OPEN 17:30/START 18:00
2,500円
ドミコ/アルクリコール/パノラマパナマタウン/ハンブレッダーズ/and more

配信 single「ベッドルーム・シェイク・サマー」

配信 single「ベッドルーム・シェイク・サマー」

2018年7月20日(金)リリース

ベッドルーム・シェイク・サマー(BEDROOM SHAKE SUMMER) (Official Video)

PROFILE

ドミコ

ドミコ/‘11年結成。さかしたひかる(Vo&Gt)と長谷川啓太(Dr)の2人からなる独自性、独創性で他とは一線を画す存在として活動。その常習性の高いライブに定評がある。’16年11月初のフル・アルバム『soo coo?』リリース。’17年6月初の配信限定SG『くじらの巣』リリース後、FUJI ROCK FESTIVAL’17に出演。10月、2nd アルバム『hey hey,my my?』リリース。初の中国ツアーを経験、全国8か所のワンマン・ツアーはSOLD OUT続出。2018年、日本テレビ系「バズリズム02」<これがバズるぞ2018>5位にランクイン。3月JET全国ツアーのゲスト・アクトを経て、初渡米。SXSW<Japan Nite>出演後、全米6箇所を回るツアー無事終了させた。この夏はライジング等、幾つかの夏フェス出演を経た後、初のツーマンツアー「ベッドルーム・シェイク・ツアー 」を開催。 ドミコ オフィシャルサイト:https://www.domico-music.com/

取材・テキスト:DONUT(秋元美乃/森内淳)