八田ケンヂ

八田ケンヂ

album『時代がフザケテル』

album『時代がフザケテル』

八田ケンヂが12月26日、デビュー35周年記念アルバム『時代がフザケテル』をリリース。Rock isにコメントを寄稿&全歌詞公開!

八田ケンヂ

スマ・ロ子、KENZI&THE TRIPSでも活動している八田ケンヂが12月26日、ソロアルバム『時代がフザケテル』をリリース。Rock isにコメントを寄稿。

スマ・ロ子、KENZI&THE TRIPSでも活動している八田ケンヂが12月26日、ソロアルバム『時代がフザケテル』をリリース。この作品は彼がデビューして35周年を記念した作品。ケンヂのソロ=アコースティック・ギターという印象がある。実際、今回のアルバムでもアコースティック・ギターを弾いているのだが、作品はマルチ・プレイヤーの野島健太郎を迎え、アレンジも含め、ロック・アルバムになっている。TRIPSのようなパンクやポップなノリはないが、「時代がフザケテル」「戦え!同志よ!!」「運命なんてクソくらェ」などなど、ケンヂの反骨精神をソウルフルな歌で綴っているという意味では立派なパンクだ。「好みの女が見つからない」や「あんたデリカシーを知らねぇな!?」など、笑える要素や民謡の要素を取り入れた「弱者の穴」などなど、35年分の音楽体験を全部収録したような内容になっている。今回はケンヂがRock isのために1曲ずつコメントを書いてくれたので紹介する。さらに歌詞を公開してほしいというケンヂからのリクエストにこたえ、全歌詞を掲載する。
ジャケットは盟友・奈良美智が担当。ケンヂは2019年1月よりこのアルバムのリリース・ツアーを行う。(森内淳/DONUT)


八田ケンヂ コメント

  • 1. 時代がフザケテル/この歌の『時代』とは『権力』奴らが嫌うものはぬくもりや真心つまり愛だ、権力=悪なんだよ。
  • 2. 戦え!同志よ!!/オレには同志がいる!知り合いでもなくても関係ない!孤独に戦ってる奴らはみんな同志だ!そしてオレたちは知ってる!悪い事ばかりは続かない!時間は止まらないって事を。
  • 3. サイコパスに花束を/サイコパスとは付き合えないが『花束を』をつけたのはマトモなサイコパスもいるのではと言う、オレ的フォロー。
  • 4. 好みの女が見つからない/理想のタイプは長澤まさみ!ヨロシク。
  • 5. あんたデリカシーを知らねぇな!?/セリフで始まってブレイクでキメ文句そしてサビへ~どっかで聞いたことあるな~あんた、あの子のなんなのさ(笑)。
  • 6. さようならコンプレックス/劣等感を力に変えるのではなく、短所を長所に変える!でいいんじゃない~。
  • 7. 弱者の穴/オレ初の民謡を意識した曲「さようならコンプレックス」のアンサー的内容でもある。
  • 8. 運命なんてクソくらェ/クソにはクソくらェって言っちまえばイイんだよ!ロケンロー。
  • 9. 万能薬は時間だけ/絶望に対して『いつか、きっと大丈夫さ』と歌う事に葛藤はあったが、そんな歌があってもイイ!そんな思いがあってもイイ!と思って歌ったよ。
  • 10. R&Rカムイ/アイヌのカムイ(神)は人と対等だからカムイにも文句を言うんだって、世の中には神も仏もあるものかと思う出来事が沢山ある、そんな時、アイヌの考え方が府に落ちたんだ。
  • 11. 苦節35年/苦節とは苦しみに負けず自分の信念や態度を守り通す・こと(心)とある!それ、歌を通して35年やってるわ~スマロ子からだと40年近いわ~我ながら凄いわ~でも、それをず~と見てくれてる人達がいるんだな~そっちの方が凄いよな~こうなったら最期まで看取ってくれな~あと40年~(笑)。
  • 12. 中の下/サバ読んでました~オレの生活水準、下でした~(笑)。

時代がフザケテル / 八田ケンヂ

INFORMATION

八田ケンヂ 35周年記念 album『時代がフザケテル』

八田ケンヂ 35周年記念 album『時代がフザケテル』

3,000円(税込)

収録曲:
1. 時代がフザケテル
2. 戦え!同志よ!!
3. サイコパスに花束を
4. 好みの女が見つからない
5. あんたデリカシーを知らねぇな!?
6. さよならコンプレックス
7. 弱者の穴
8. 運命なんてクソくらェ
9. 万能薬は時間だけ
10. R&Rカムイ
11. 苦節35年
12. 中の下

1. 時代がフザケテル(詞・曲/八田ケンヂ)
ぬくもりだけが本当さ 真心だけは信じるさ/悪いヤツラが誘うのさ 関わらないでいたいけど/時代がフザケテル 時代がフザケテル/いつまでたっても 生まれてこのかた/大事なことを忘れたら 何度でも思い出せばイイ/キズついたってイイじゃない マトモな方がイイじゃない/時代がフザケテル 時代がフザケテル/今も昔も どうにも変わらず

2. 戦え!同志よ!!(詞・曲/八田ケンヂ)
オマエの孤独は オイラの孤独さ/戦え!同志よ!!一人じゃないんだぜ/ゼロじゃない ゼロじゃない! 可能性はゼロじゃない!!/ゼロじゃない ゼロじゃない! 望み(命)あるうち ゼロじゃない!!/無情な世界は今も踊るけど 無常は世の常 とどまれないのさ/オマエの涙は オイラの涙さ/負けるな!同志よ!!笑ってみせなよ/ムダじゃない ムダじゃない! 流した汗はムダじゃない!!/ムダじゃない ムダじゃない! 流れた涙もムダじゃない!!/無情な世界は今も踊るけど 無常は世の常 とどまれないのさ/無情な世界は今も踊るけど 無常は世の常 とどまれないのさ

3. サイコパスに花束を(詞・曲/八田ケンヂ)
心について考えた 命について考えた/愛について考えた 罪について考えた/サイコパスと仲よくなれるのだろうか?/心の無い人と…/何故ならば ボクらは ボクらは 心で生きているから/心を知らないキミだ 命を知らないキミだ/愛を知らないキミだ 罪を知らないキミだ/サイコパスと信頼は築けるのだろうか?/差別以外の道は…/何故ならば ボクらは ボクらは 心で生きているから/何故ならば ボクらは ボクらは 心で生きているから

4. 好みの女が見つからない(詞・曲/八田ケンヂ)
永遠のテーマがオレを悩ませる/女がいなけりゃ オレは死んじまう/いくつになっても なっても なっても/女が好きさ! オマエが全て!/好みの女が見つからない !可愛く 優しく 色っぽい/そんな女はいないのか?地球に一人もいないのか?/選り好みと人は言うだろう/いやいや 違うな これはロマンス/ジジィになっても ババァになっても/そんな女を! そんな男を!/好みの女が見つからない! 賢く 強く 女神っぽい/そんな女はいないのか?母ちゃん以外にいないのか?

5. あんたデリカシーを知らねぇな!?(詞・曲/八田ケンヂ)
外国に来て開放的になる、わかるよ /でもよ、どこでもかしこでも大声はやめろっちゅうの/郷に入れば郷になんとかってわかるか?わかんねぇか!? /言っとくがな!日本全体がディズニーランドじゃねぇんだよ!!/あんたデリカシーを知らねぇな!?/あんたデリカシーを知らねぇな!?/そうね、オレのライブで興奮するのはわかるよ、最高だもんな/けど、回りがヒクほど酔っぱらっちゃNGよ/今日この日を生きがいに帰るお客もいるんだよ/勘違いすんなよ!オレ、客、選ぶよ!!/あんたデリカシーを知らねぇな!?/あんたデリカシーを知らねぇな!?/何かの誤作動で総理になったのはわかるが/発する言葉も誤作動だらけ、東京シティは風だらけ/気がつきゃ国中 誤作動だらけ、ケツの回りはクソだらけ/無理だな!●●●●が話す言葉はナンセンス!!/あんたデモクラシーを知らねぇな!!/あんたデモクラシーを知らねぇな!!

6. さよならコンプレックス(詞・曲/八田ケンヂ)
嫉妬に駆られた歌を聞く 妬みに染まった 言葉のゴミ/認めることも出来ないで アイツは今日も逃げるだけ/さよならするならコンプレックス 所詮 実らぬ負の力/さよならするならコンプレックス 何も生まれぬ 始まらぬ/壊してしまえば芸術か? 売れてしまえば成功か?/いつでも自分を棚に上げ アイツは明日も逃げるだろう/さよならするならコンプレックス 所詮 実らぬ負の力/さよならするならコンプレックス 何も生まれぬ 始まらぬ

7. 弱者の穴(詞・曲/八田ケンヂ)
その穴は埋めれねぇ/何をしても埋めれねぇ/嘘をついても埋めれねぇ/騙してみても埋めれねぇ/弱者よ! よく聞け! マトモになるほか/埋めれねぇ穴だよ/その穴は埋めれねぇ/墓穴を掘っているだけ/永遠に埋めれねぇ/開き直っても埋めれねぇ/弱者よ! よく見ろ! スナオになるほか/埋めれねぇ穴だよ

8. 運命なんてクソくらェ(詞・曲/八田ケンヂ)
オマエの思うようには 行かせやしないぜ/オマエの傘下には 入りゃしないぜ/オイラの魂まで支配は出来ないさ/いつだって この意志で生き抜いて来たんだ/運命なんてクソくらェ!!/無視しろ!無視しろ!無視しろ!笑い飛ばせ!!/簡単な一言で人生は語れない/お決まりのセリフじゃ 心は動かない/誰も 誰も 誰も 不幸を望まない/オマエがその気でも あくまでも その気でも/運命なんて信じるか!!/蹴散らせ!蹴散らせ!蹴散らせ!ぶっ壊せ!!

9. 万能薬は時間だけ(詞・曲/八田ケンヂ)
絶望したんだね オレもあったよ/どん底を見るなんて 思ってもないよね/もう 二度と戻れない 帰る場所もない/万能薬は時間だけ…/いつか 大丈夫さ/誰にも言えない 事だってあるよね/自分しか分からない事だってあるよね/もう 十分に傷ついて 傷つく場所もない/万能薬は時間だけ…/きっと 大丈夫さ

10. R&Rカムイ(詞・曲/八田ケンヂ)
苦しみはどこから 悲しみはどこから/幸せはどこから 喜びはどこから/言葉にできない 空しさや寂しさを/誰かに何かに すがりたいのさ/OH OH OH カムイ! R&R カムイ!/教えて ボクらの行き先を…/OH OH OH OH カムイ! 聞こえるかい!? /教えて ボクらのフルサトを。/憎しみはどこから 過ちはどこから/満足はどこから 後悔はどこから/言葉にならない 恥ずかしさを抱え/生きる意味さえ 生きることさえ/OH OH OH カムイ! R&R カムイ!/教えて ボクらの行き先を…/OH OH OH OH カムイ! 聞こえるかい!?/教えて ボクらのフルサトを。

11. 苦節35年(詞・曲/八田ケンヂ)
やめようと思ったこと 一度もない やめたいなら何度かあるけれど/お金もそんなには 欲しくない 人気なら もうチョイ 欲しいけど/うたを作って食べている うたを歌って 生きている/これがオレの幸せだ 苦節35年 まだまだイクぜ!/好きな仕事できていいねと言う 楽な仕事があるなら 教えて欲しいのさ/銀行員やレジ打ちは オレにはむずかしい 誰だって向いてる道があるもの/うたを作って食べている うたを歌って 生きている/これがオレの幸せだ 苦節35年 このままイクぜ!/KENZIで始まって ケントリやって ギター抱えて 今 八田/変わらないものが一つ あるなら その笑顔と涙 お前らだ/うたを作って食べている うたを歌って 生きている/これがオレの幸せだ 苦節35年 シヌまでヤルぜ!/苦節35年 まだまだイクぜ!

12. 中の下(詞・曲/八田ケンヂ)
オレの回りは中の下 生活水準 中の下/それでも明るく生きている 心の中は上等さ/上中下 中の上 上中下 中の下/大体みんな中の下 サバ読んでみて中の上

八田ケンヂ 35周年ワンマン・ツアー. 時代がフザケテル 2019

1月12日(土)奈良Live Cafe Muan
OPEN 18:30/START 19:00
予約 3,000円/当日 3,500円(1ドリンク別)

1月13日(日) 大阪ポテトキッド
OPEN 18:30/START19:00
予約 3,000円/当日 3,500円(1ドリンク別)

1月26日(土) 前橋Cool Fool
OPEN 18:30/START19:00
予約 3,000円/当日 3,500円(1ドリンク別)

1月27日(日) 東京 風知空知
OPEN 17:30/START18:00
予約 3,000円/当日 3,500円(1ドリンク別)

2月9日(土) 蒲郡BUZZ HOUSE
OPEN 18:30/START19:00
予約 3,000円/当日 3,500円(1ドリンク別)

2月10日(日) 名古屋ROLLING MAN
OPEN 18:30/START19:00
予約 3,000円/当日 3,500円(1ドリンク別)

2月23日(土) 小倉LIVE&BAR WHIPPING POST (OA:秋山狂慈)
OPEN 18:30/START19:00
予約 3,000円/当日 3,500円(1ドリンク別)

2月24日(日) 広島Bar ALBUM
OPEN 18:30/START19:00
予約 3,000円/当日 3,500円(1ドリンク別)

3月9日(土) 福島マッチボックス (ゲスト:野島健太郎)
OPEN 18:30/START19:00
予約 3,000円/当日 3,500円(1ドリンク別)

3月10日(日) 仙台VORZ BAR
OPEN 18:30/START19:00
予約 3,000円/当日 3,500円(1ドリンク別)

3/23日(土) 新潟アオザイ
OPEN 18:30/START19:00
予約 3,000円/当日 3,500円(1ドリンク別)

3月24日(日) 会津若松アングラ鉄板焼マギー
OPEN 18:30/START19:00
予約 3,000円/当日 3,500円(1ドリンク別)

4月6日(土) 酒田BLUES HIRO (OA:エレタカ )
OPEN 18:00/START18:30
予約 3,000円/当日 3,500円(1ドリンク別)

4月7日(日) 秋田COUNTER ACTION (OA:鬼平)
OPEN 18:00/START18:30
予約 3,000円/当日 3,500円(1ドリンク別)

4月19日(金) 高松RUFFHOUSE ※佐々木モトアキとのツーマン
OPEN 19:00/START19:30
予約 3,500円/当日 4,000円(1ドリンク別)

4月20日(土) 徳島デラシネ ※佐々木モトアキとのツーマン
OPEN 19:30/START20:00
予約 3,500円/当日 4,000円(1ドリンク別)

4月21日(日) 高知A bar ※佐々木モトアキとのツーマン
OPEN 18:00/START18:30
予約 3,500円/当日 4,000円(1ドリンク別)

5月12日(日) 釧路 ガソリンアレイ
OPEN 18:30/START19:00
予約 3,000円/当日 3,500円(1ドリンク別)

5月18日(土) 苫小牧ロックバーJAM
OPEN 18:30/START19:00
予約 3,000円/当日 3,500円(1ドリンク別)

5月25日(土) 札幌LOG
OPEN 18:30/START19:00
予約 3,000円/当日 3,500円(1ドリンク別)

6月1日(土) 東京APIA40
OPEN 18:30/START19:00
予約 3,000円/当日 3,500円(1ドリンク別)

PROFILE

八田ケンヂ

八田ケンヂ/1964年8月1日札幌生まれのシンガーソングライター。1980年、高校時代に地元の札幌で最初のバンドであるスマ・ロ子(SMILE-LOCOMOTION)を結成し活動を開始。1983年に単身で上京。1984年に「KENZI」の名義でインディーズレーベルからレコードをリリース。当時のインディーズブームに乗り、後のバンドブームの先駆けとして人気を博した。1987年にはKENZI&THE TRIPSとしてメジャーデビューを果たす。バンドのメンバーチェンジやソロ名義での活動再開をしながら20年以上走り続けた後、2010年に活動の拠点を故郷札幌に移す。以降、弾き語りとバンドを両立させながら、よりシンプルかつストレートでメッセージ色の強いソングライティングで注目を集めている。

取材・テキスト:DONUT(秋元美乃/森内淳)