Drop’sの中野ミホが好きな映画、おすすめの映画を紹介

Drop's 中野ミホの「まほうの映画館」

2019/7/15

第十五回「運命はきっと、絶対に、ある!猟奇的な彼女」

みなさまこんにちはー。
七月。これを書いている今はジメジメおわらずどんより雨降り、の日々ですが、
夏は来るのかしら?! かしら?!

今回はですね、私が小学生くらいの頃に母と一緒に観た映画。
と言ってもファミリー向けの映画とかではなく、母の好きな韓国映画!笑
そのあとも何度か観ては泣いて、笑って、また泣いて……の大好きな恋愛映画。
『猟奇的な彼女』をご紹介します。

2001年、韓国の作品。
監督はクァク・ジェヨン。主演はチョン・ジヒョン、チャ・テヒョン。
原作は1999年から韓国のサイトに連載されたネット小説。
2001年に映画が公開されて以降韓国では6週間連続1位を記録し、社会現象を巻き起こしたそう!
日本、アメリカ、中国などでもリメイクされています。
観たことある方も多いのでは。

勉強もろくにせず、友達と遊んではダラダラしているお気楽な大学生、キョヌ(チャ・テヒョン)は、
ある日地下鉄のホームで泥酔している彼女(チョン・ジヒョン)と出会います。
その場で周囲の人に恋人と間違われてしまったキョヌは、酔い潰れた彼女を放っておけず、介抱してホテルまで運びます。
その翌日何も覚えていない彼女は彼を問い詰めますが、そこから二人の不思議な関係が始まります!
凶暴だけどキュートで、正義感の強い彼女に惹かれてゆくキョヌ、そして素直でやさしい彼に彼女もよく会うようになります。
でも実は彼女には恋人を失った辛い過去があり、それを消しされずにいたのです……。

 

はーーん。。
いつ観ても、何度観ても、最高!!
ふふふと笑えて、超泣けます。
数ある恋愛映画の中でもわたしはこれ、かなり大好き!
出会えてよかったなあと心から思える作品です。

まずチョン・ジヒョン演じる彼女がめちゃくちゃ可愛い!
色が白くって、スタイル抜群で黒髪サラサラロングヘアの美人なのに、すぐ「ぶっ殺すよ!」と言い放ったり、
キョヌを家来のように扱ったり、お店で他のお客さんに平気で大声で注意したりしちゃう。そして泥酔するという、
ハチャメチャな女の子。でも時々見せる笑顔とか、記念日や誕生日を楽しみにしてるところは普通の女の子で、
それがまた可愛いー!

そして今回、数年ぶりに観返して改めて思ったこと、
キョヌ……!!涙
決してイケメンではなく(失礼)なんかさえないんだけど、強がってる彼女の弱い部分も
実はちゃんとわかって受け止めていて。飾らずにまっすぐ、彼なりの愛情で接していて、本当に素敵だなぁと思いました。
出会って100日の記念日に学校にバラの花を届けるシーン。彼女のお見合いの相手に、付き合う心得を教えるシーン。
あぁ~もう泣ける、泣けるんです。キョヌ。。いい顔するんだよなぁ。

ふたりの思い出はどれもありえないくらいハチャメチャで、強烈なものばかり。
ロマンチックに夜の遊園地で誕生日を祝おうと計画するも、なぜか脱走兵の人質にされてしまったり。
彼女にハイヒールが痛いからといって靴を交換させられたり、電車の中で思い切りビンタされたり……。
一個一個が可笑しくて、愛おしくなるのです。
だけどふたりは「いい友達」のままっていうのが切ないんだよぉー!

二人でクラブに行き、酔っ払って眠ってしまった彼女を家まで送るタクシーの中でキョヌは
「彼女の心の傷はもう癒えたのでしょうか、だとしたら僕はもう側にいる必要はないのかも。」と思います。
そして「運転手さん、ゆっくり走ってください。」と言うのです……!涙
うわぁー切なすぎるー。
そして彼女にも辛い過去があって、それをどうしても拭えずにいる。だから強がってしまう。
彼女の涙はほんとうに美しかったです。
丘の上から叫ぶシーンは何度見ても、予告編観ただけでも泣けます。
あと韓国の街並みや家庭や、地下鉄もいいんだなぁ。
クァク・ジェヨン監督すごいです。

そして、忘れてはいけないのが音楽!
主題歌、シン・スンフンさんの「I believe」が……何回もいいますが涙腺崩壊ポイントをこれでもかと!
ぐぐぐーっと持ってきます。ずるいッ!
この映画はこの曲なしでは成り立たない!と言っても過言ではないと思います。
素晴らしすぎるー。
他にもカノンだったり、ピアノで演奏されるクラシックが映画の雰囲気をぐっと素敵にしていたなぁ。

ラストがどうなるかは言いませんが、運命って、あるのかもーーー!涙
となってもう涙と満足感と色々が押し寄せて最高の気持ちになります。ほんとです。
恋人がいる人もいない人も、若い人もそうでない人も、
みーんなに観てほしい!と思える素敵な作品です。
絶対に、色褪せない名作だと思う!

こんな映画に出会って、
時間も自分のことも忘れて、ただ純粋に感動にひたれるこういう瞬間が
私はとてーも大切で大好きだなぁ。毎回言ってるような気がするけど。笑
この映画を小学生の私にも観せてくれた母に感謝~。

さてさて、実はDrop’sは9月にフルアルバムを発表しますよー!(急にひさびさの宣伝)
夏はもうすぐそこだね。楽しみがいっぱいです!

では、読んでいただきありがとう、また来月~!

 


『猟奇的な彼女』

監督: クァク・ジェヨン 
2001年:韓国

5th album 『Tiny Ground』

2019年9月20日(金)リリース
BZCS.1179/2,778円+税
全11曲収録

Drop’s 5thAlbum『Tiny Ground』 trailer

Drop’s 10th Anniversary ONE MAN TOUR 2019「Tiny Ground」

10月23日(水) 愛知・名古屋CLUB UPSET 
OPEN19:00/START19:30

10月25日(金) 香川・高松TOONICE
OPEN18:30/START19:00

10月26日(土) 広島・広島セカンドクラッチ
OPEN16:30/START17:00

10月28日(月) 福岡・福岡graf
OPEN18:30/START19:00

11月1日(金) 宮城・仙台enn3rd
OPEN18:30/START19:00

11月4日(月・祝) 北海道・札幌KRAPS HALL
OPEN16:30/START17:00

11月12日(火) 大阪・心斎橋JANUS
OPEN19:00/START19:30

11月15日(金) 東京・渋谷CLUB QUATTRO
OPEN18:30/START19:30

チケット:3,000円(税込・ドリンク代別)
一般発売開始:8月25日(日)~

OTHER LIVE

8月1日(火)東京都・新宿LOFT
SHINJUKU LOFT KABUKI-CHO 20TH ANNIVERSARY「ええじゃないか歌舞伎町」
OPEN 18:00/START 18:30
w./noodles/BimBamBoom/THE STEPHANIES/Drop’s

8月10日(土)福島・猪苗代湖畔・天神浜オートキャンプ場
オハラブレイク’19 夏 ※中野ミホ ソロ
中野ミホの出演は18:50~ そらいろ劇場

8月24日(土)大阪・Zepp Namba
「ロックロックこんにちは!Ver.23」
OPEN 16:45/START 17:30
w./Official髭男dism/GOING UNDER GROUND/スピッツ

9月14日(土)・15日(日)・16日(月・祝)新宿、下北沢、渋谷のライブハウス
東京「TOKYO CALLING 2019」
※出演日は後日発表