hotspringのイノクチタカヒロがロックンロールのアウトサイダーを綴るコラム

hotspring イノクチタカヒロの「遭遇!アウトなやつら」

2018/12/24

第8回:メリ★クリ! 師走はワム!とかアイリッシュ・パンク聴いて盛り上がろうやぁ。

師走、、、、、、、

師走や。

なんで12月は毎年毎年忙しいのかね。なにかやり残したことなんかあるんじゃねえかって気持ちになって、焦る。焦るよ、俺は。十二月。

俺の所属するhotspringも、レコーディングを終え、来年の会場限定シングル発売と、それを販売する目的のツアーに向けて
MV作成、グッズ作成、音源化されてない新曲も久しぶりに会う人たちに聴かせたいから、焦って作ったり、なんやかんや忙しい。
このコラムのことちょっと忘れていたよ、いかんいかん。〆切過ぎまくってんじゃん。いかん。

12月だし、確か掲載されんの12月24日とかだし、クリスマスにちなんだアーティストを紹介したいと思って色々考えたんだけどね。
なかなか思いつかず、〆切を過ぎてしまったね。
で、誰を紹介するかも考えず、とりあえずこの文章書き始めたんだけどね、一人おったね。忘れてた。

クリスマスだしピッタリじゃろう。はい!どーん!

ザ・ポーグス!!
曲は邦題「ニューヨークの夢」。
かっけぇ!!!

ポーグスのボーカリスト、シェイン・マガウアンさんは12月25日、クリスマスが誕生日だ。キリストと誕生日が同じってことか。
hotspringのギタリスト、狩野くんも12月25日が誕生日だけど、まぁそれはいっか。お誕生日おめでとう。

 

ポーグスはね、「アイリッシュ・パンク」って音楽ジャンルを確立したバンドといわれているよ。
「アイリッシュ・パンク」、どんな音楽かというと、パンクな楽曲に、ケルト系民族の音楽を演奏するときに使う、バンジョーとかアコーディオンとか、マンドリンとかを使用してパンクバンドやってみました!って感じの音楽だと思ってるんだけど、だいたい合ってるよね? たぶん。
メロディもちょっと外国の民謡っぽいっていうか、そういうキャッチーさがあって、我々日本人にもスッと入ってくるグッドメロディが特徴だと思います。

 

ボーカリストのシェインさんがヤク中だしアル中だし歯無いし、アウトな人で、演奏中も片手に酒は手放さずに飲みながら歌うから、すんげぇヘロヘロで、ライブ終了した時にはこんな状態になってます。

日本語字幕ないからイマイチ何言ってるかわかんないけど、英語が分かったとしても何言ってるか分からなそうだ。
あとスゴくね? この歯。俺も歯がめちゃくちゃだしいつも大量に飲酒してめちゃめちゃになってしまうから、シェインさん、シンパシーを感じるぜ。
この人ほど絶対アル中じゃないし歯もこの人よりはマシだ。勇気が湧いてくる。
ちなみに、シェインは最近この滅茶苦茶な歯を治したらしく、その様子がドキュメンタリー番組で放送されたみたいだ。
歯のbefore→afterの画像が面白いからその記事のリンク貼っとくね。
http://amass.jp/65549/

俺としては滅茶苦茶な歯のままでいてほしかった。
けど、さすがにこんな汚いとコンプレックスだろうし、仕方ないよね。
だってこいつにキスするの至難の技すぎるだろう。恋人も決死の覚悟で説得したのかな。
俺も総入れ歯にしようかな。

この人、アル中が酷すぎて、ボーカルなのにポーグスを一回クビになっちゃっったんだ。すごいよね、ボーカルなのに。俺もあんまりみんなに迷惑かけないように気をつけよう。
それでシェインの代わりにジョー・ストラマーとかが歌ったりしてる映像もかっこ良かったな。

 

だいぶ時間経ってからシェインはポーグスに戻って、再結成したんだ。和解したのかね。シェーン・カムバックだね。わりと最近のライブ映像も、すっかりオヤジだけど、かっこいいなぁ。へろへろなのにかっこいいよ。

ポーグスの代表曲は最初に紹介した「ニューヨークの夢」で間違いないと思う。この曲超大好きだ。もう一回聴いてみよう。

男パートと女パートに分かれてるのがいいよね。歌詞の内容は熟年カップルの男女が一番アツアツに盛り上がってた頃のクリスマスを思い出して、それに比べて現在の貴様の体たらくはなんなのだって互いに罵り合いながらも、最後はそれでも二人で歩むことを誓い合う…みたいな内容だったと思う。たしか。

「アイリッシュ・パンク」ってジャンルを作ったくらいだからあたり前だけど、ポーグスは色んなバンドに影響を与えてて、フロッギング・モリーっていうバンドとか、ランシドがポーグスを演奏したみたいで、俺はすごい好きだな。

日本のアーティストにも影響を与えているよ。多分影響を受けているであろう踊ろうマチルダっていう人もすごいかっこいいと思う。この前ライブ観に行ったな。
今回YouTube多くてごめん。気が向いたら聴いてみて。

 

よーし、じゃあなクソコラム読者!
来年もどうせ嫌なことたくさん待ち受けてるだろうけど、お互い牛乳飲んでがんばろうな!
クリスマスも働けよ! 元旦から働けよ! 意識すんな。シフトマネージャーに迷惑かけないように頑張ろうな!

 

じゃあの。また来年。


hotspring – ダンダンダンダンッ (Music Video)

LIVE INFO

  • 12月27日(木)大阪 十三FANDANGO
    『FANDANGO NIGHT 2018/12/27』
    w/ 忘れてモーテルズ、イヌガヨ、片山ブレイカーズ&ザ☆ロケンローパーティ、まなつ
    開場 18:00/開演 18:30
    前売 2,500円/当日 3,000円

hotspring「どんでん返しツアー2019」

  • hotspring presents 
    「東京どんでん返しジャスティスフォーエバー」
    2019年1月6日(日) 東京 下北沢BASEMENT BAR & THREE
    w/THE BOHEMIANS/Walkings/錯乱前戦/PK shampoo/myeahns/Luv-Enders/Layne
    ※2会場にて往来自由の自主企画
    開場 17:00/開演 17:30
    前売 2,800円/当日 3,300円(税込み、ドリンク代別)
  • 「hotpring どんでん返しツアー2019」
    2019年1月11日(金)京都 二条GROWLY
    w/about a ROOM/バニーブルース/and more
    開場 17:00/開演 18:00
    前売 2,500円/当日 3,000円(税込み、ドリンク代別)
  • 「妄想レコード presents 妄想ナイト2019 & hotspring どんでん返しツアー2019」
    2019年1月13日(日)長崎 ホンダ楽器
    開場 16:30/開演 17:00
    前売 2,000円/当日 2,500円(税込み、ドリンク代別)
  • 「妄想レコード presents 妄想ナイト2019 & hotspring どんでん返しツアー2019」
    2019年1月14日(月・祝) 福岡 天神graf
    開場 17:30/開演 18:00
    前売 2,800円/当日 3,300円(税込み、ドリンク代別)
  • 「hotspring どんでん返しツアー2019」
    2019年2月7日(木)愛知 名古屋CLUB UPSET
    開場 18:30/開演 19:00
    前売 2,500円/当日 3,000円(税込み、ドリンク代別)
  • 「大阪どんでん返し2019」
    2019年2月8日(金)大阪 十三FANDANGO ※ワンマン
    開場 19:00/開演 19:30
    前売 2,800円/当日 3,300円(税込み、ドリンク代別)
  • 「大分どんでん返し2019」
    2019年2月10日(日)大分 clubSPOT ※ワンマン
    開場 18:00/開演 18:30
    前売 2,800円/当日 3,300円(税込み、ドリンク代別)
  • 「どんでん返しツアー2019」
    2019年2月24日(日)東京 新宿red cloth ※ファイナルワンマン
    開場 18:30/開演19:00
    前売 2,800円/当日 3,300円(税込み、ドリンク代別)
  • ※1月6日(日)自主企画、2月8日(金)大阪ワンマン、2月24日(日)東京ワンマンのチケットは、ライブ会場限定で10月12日(金)より先行発売。
    ※各プレイガイドチケット11月1日(木)一斉発売開始。
    ※共演バンド、後日発表。