エルモア・スコッティーズ

エルモア・スコッティーズ

mini album『cashew』

mini album『cashew』

横浜出身の19歳のスリーピース・バンド、エルモア・スコッティーズにインタビュー

エルモア・スコッティーズがミニ・アルバム『cashew』をリリース。ONE SONG出演時に動画インタビューを収録。

エルモア・スコッティーズ、先週のONE SONGのオンエアに続き、今週はインタビューを掲載。彼らは横浜出身のスリーピース・バンドで、全員が19歳(今年20歳になる)のバンド。ドラムの岩方ロクローはニトロデイのドラマーでもあり、他にもいろんなセッションをこなすプレイヤー。このバンドの楽曲は彼が作詞作曲を担当し、歌もうたう。ただすべての歌をうたうのではなく、何曲かは(半分くらいは)ベースの大森遥がうたう。この2人のボーカル曲のバランスもすごくいい。性格の違う歌声をひとつのバンドで表現するところがエルモア・スコッティーズの大きな特徴でもある。彼らは去年の11月にミニ・アルバム『cashew』をリリース。骨太なメロディとギターの功刀源(くぬぎみなと)のクラシック・ロックのツボも心得た絶妙なギター・サウンドに彩られたロック・アルバムだ。とは言え、彼らは若いので、オルタナもヒップホップもシューゲイザーも全部体験した立ち位置でクラシック・ロックを料理しているところがある。その客観性がリバイバルではない「新しいクラシック・ロック」をつくっているような気がしている。『cashew』をライブ会場で購入してから腐るほど聴いているが、全く腐らないのは、視点の新しさのおかげだと思う。リリース時にコメントを送ってもらったのだが、ONE SONG出演を機に、動画インタビューを行った。(森内淳/DONUT)

INFORMATION

LIVE INFO

LIVE INFO

2018.2.16 Fri 横浜B.B.STREET
『MAGAZINE』
open18:30/start19:00
adv:2,000円+1D/door:2,500円+1D
高校生以下:1,000円+1D
エルモア・スコッティーズ/リツキ/betcover!!

mini album『cashew』

mini album『cashew』

¥1000(税込)

M1.西へ
M2.レモン
M3.花の色
M4.今でも
M5.サイコパシー
M6.太陽と月の唄

エルモア・スコッティーズ / サイコパシー【MV】

PROFILE

エルモア・スコッティーズ

エルモア・スコッティーズ/大体高2くらいのときにGt.Vo岩方ロクローとGt.功刀源でエルモア・スコッティーズを結成。大体高2の終わりくらいにDr.清水悠海とBa.Vo.大森遥が加入し、バンド名が第六感になる。大体高3くらいのときにDr.清水悠海が脱退し、またエルモア・スコッティーズになる。なんやかんややって岩方ロクローがDr.Voになる。キーボード弾ける人を探してたり探してなかったり。2017年10月30日mini album『cashew』をリリース。

取材・テキスト:DONUT(秋元美乃/森内淳)