がらくたロボット

がらくたロボット

Rock is LIVE 5

~ロックンロール フロントライン~

Rock is LIVE 5

「Rock is LIVE 5」ライブ映像公開――がらくたロボットが見せた3ピースのダイナミズム

気鋭のバンドをプッシュするウェブメディア「Rock is」と、ロックンロールの物語をレコードする「DONUT」による共同イベント「Rock is LIVE 5」が2018年10月12日、下北沢ベースメントバーにて開催された。第5弾となる今回は、突き抜けた衝動を爆裂サウンドとメロディにのせて放つ神戸発・がらくたロボット。剥き出しの爆発力でフロアのど真ん中を射抜いている5人組・錯乱前戦。いくつかの転換期を越えてロックンロール・フューチャーを鳴らし続けるhotspringが登場。イベントサブタイトル同様にそれぞれの「ロックンロール フロントライン」を体現した一夜となった。“いまここで、何かが起こっている”――そんな空気に満ちていた当日のライブ映像を、Rock isでは1バンドずつ3回にわたりアップ。抜群のソングライティングと無敵感を誇る3組の熱きステージをぜひご覧ください。なお、「Rock is LIVE」のすべての映像は、将来その道を目指す映像作家・三橋晃太が手がけている。

「Rock is LIVE 5」錯乱前戦「Rock is LIVE 5」hotspring

まず最初に紹介するのは、この日のためだけに神戸から駆けつけてくれたがらくたロボット。彼らは2012年10月、当時高校1年生だったヤマモトダイジロウ(vo&gt)を中心に結成されたガレージロックバンド。2014年にムラカミフウタ(ba&cho)、イノウエタカヒロ(dr&cho)が加入し現体制となり、関西を中心に根深い基盤を築いている3ピースだ。今回のイベントが決まったとき、始まりの狼煙を上げるのは彼らしかいない、とトップバッターを託させてもらったのだが、お手製の改造学ランを着たヤマモト、タイトなスーツに身を包んだムラカミとイノウエ、この3人がステージに登場しただけで漂わせるロックンロールの匂いで即座にノックアウト。今更ながらスーツと音楽の相性に惚れ惚れする。そして、ザ・フーやクラッシュなどUKロックの系譜を血肉としたサウンド、鋭さとロマンを内包する歌詞、ブレーキなどハナから搭載していないステージングが三位一体となり放出する凄まじい熱量があっという間にフロアまで蔓延。初期衝動あふれるナンバーもロマンチックに展開するミドルチューンも、振り切れた両極にがらくたロボットの真骨頂があり、決して“古き良き”の焼き直しに終わらない彼らの現代感覚に未知の魅力がある。スリリングに蠢く3人のサウンドがもたらす高揚感に加え、ポール・シムノンばりにベースを低く構えたムラカミが「このまま行こうぜ! ガンガン、ガンガンこい!」とフロアを煽る。“ひとりでいいじゃん”とロックの核に触れるような「Lonely It’s Alright」、<Sing my way>と駆け抜ける「My Way」、「ロックなんてなんかはわからんけど、俺らはただ跳ねてるだけ」というヤマモトの言葉に続き披露された「ハネル」、昨年発表した1stフルアルバム『ツキノアリカ』のテーマにもなっている同名楽曲「ツキノアリカ」など全9曲。ポップさを保ちながらイノウエがタイトなビートを繰り出し、やはりと言うよりも想像以上のバンド力を見せつけ、3人の阿吽の呼吸で堂々のトップバッターを務めてくれた。ここでは当日のステージから「Strawberry Dreamers」「Runaway」「塗りつぶせ」の3曲のライブ映像を公開。じっくりお楽しみください。(DONUT/秋元美乃)

  • 2018年10月12日(金)下北沢ベースメントバー
    がらくたロボット
  • <セットリスト>
    1. Strawberry Dreamers
    2. Lonely It’s Alright
    3. Runaway
    4. 塗りつぶせ
    5. My Way
    6. ハネル
    7. トンネル
    8. ツキノアリカ
    9. ディストーション

INFORMATION

LIVE INFO

2019年2月21日(木)神戸EVENT-hall RAT
「We Are Rockers vol.6」

2019年3月10日(日)静岡Freakyshow
「TeenageKicks vol.3」

2019年3月24日(日)REED CAFE
「Live in REED CAFE」
※アコースティックソロ

2019年3月31日(日)心斎橋CLAPPER
バウンダリーpresents「DARY DAY vol.11」

2019年4月6日(土)KING COBRA
JOY PARTY~Glad we are alive!~

1st full album『ツキノアリカ』

1st full album『ツキノアリカ』

2018 年4月25日(水)リリース
BZCS-1159/2,500円(税込)

収録曲:
1. 産叫
2. Heartful Murder
3. Runaway
4. My Way
5. Oh Yeah
6. 君を待ってる
7. STOP
8. Lazy Crazy Sunday
9. Strawberry Dreamers
10. Andy’s Trying(Andy’s Crying)
11. トンネル
12. ツキノアリカ

PROFILE

がらくたロボット

がらくたロボット/神戸在住の3ピース・ガレージロックバンド。2012年10月、当時高校1年生だったヤマモトダイジロウ(vo&gt)を中心に地元・神戸にて結成。2014年12月、ムラカミフウタ(ba)、イノウエタカヒロ(dr)が加入し現体制になる。2016年2月、映画『復讐したい』の挿入歌として「Morning glory」が抜擢される。自主制作による作品発表を経て2016年5月、1stミニアルバム『GOOD BYE-THE SUN』で全国デビュー。2017年3月、初期衝動をそのままに破壊力抜群の独自のロックンロールスタイルを時代に叩きつけた2ndミニアルバム『BREAK OUT』で独特な存在感が話題に。2017年10月よりカセット3部作としてシングルカセットをライブ会場限定発売。2018年4月、1stフルアルバム『ツキノアリカ』をリリース。 公式サイト:https://garakutarobot.com

取材・テキスト:DONUT(秋元美乃/森内淳)