Drop's

Drop's

mini album『trumpet』

mini album『trumpet』

抑揚に富んだ新ミニアルバム『trumpet』完成! Drop’s中野ミホに動画インタビュー

Drop’sが『organ』に続くニュー・ミニアルバム『trumpet』を早くもリリース。
春らしいファンファーレを鳴らしながら10周年イヤーを突き進む

バンド結成10周年イヤーに突入したDrop’sが、昨年12月に発表した『organ』に続き、ニュー・ミニアルバム『trumpet』を3月29日(金)にリリース。冬の匂いを漂わせた前作、春の風を吹かせる本作。この2作の冒頭を飾っているのは作曲家・多保孝一との共作ナンバーだ。多保とのコラボレーションはバンドにいろいろな作用をもたらし、新たなステージへの扉を開けた。今作1曲め「毎日がラブソング」では、ホーン隊を取り込んだメンフィスサウンドがDrop’sの持ち味と相乗し、これまでにないゴスペル感を生み出している。ループを使いヒップホップ的な手法に挑戦したサウンドと、中野ミホ(vo&gt)の光を差すような歌声との絡み。これがなんとも絶妙に突き抜けていて心地がいい。そうしてアルバムを聴き進めると、音のキック感、タイム感からポジティブなパワーが漲っているのが伝わってくる。ここ2年くらいのライブで育ててきた曲たちというのもあるだろう。そして、「RAINY DAY」で綴られる<きっと あたらしい風がふくのさ それはたぶん ロックンロール>というフレーズの説得力。これまで自分たちのロックンロール・スタンダードを守ってきた彼女たちが、いつもと違う扉を開けてみる。でも、違う扉を開けて中に入ってみても、4人のスピリットが変わるわけではない。何度新しく出会っても、そこで鳴る音がロックンロールになる。“たぶん”と言ってしまうほどの軽やかさも身につけながら。だから同時に(「なんてさ」という言葉に続くけれど)<ロックンロールなんてもう どうでもいいよ>とも歌ってしまえるのだ。今回動画インタビューを収録したときに中野に尋ねると、「ロックンロールは形じゃないし、自分たちで新しいことをどんどんやっていかないといけない。その方が楽しいし、今の時代を生きているからには何にもとらわれないで面白いものをやりたいです。ギターをジャーンと鳴らせばロックンロール、だけじゃなく。心意気みたいな、自分たちで面白いことをやる、というスタンスみたいなものかなと思っています」と答えてくれた。いろいろな景色を見てみたい、バンドで鳴らせば大丈夫。この2枚のミニアルバムにはそんな自信も音として鳴っている。『organ』と『trumpet』では、そんなDrop’sを聴いてほしい。(秋元美乃/DONUT)

INFORMATION

mini album『trumpet』

mini album『trumpet』

2019年3月29日(金)リリース
BZCS.1174/1,852円+税

1. 毎日がラブソング
2. 空はニューデイズ
3.ムーン・ライト
4. RAINY DAY
5. SWEET JOURNEY BLUES
6. ためいき(「organ」Release Party “冬の日のおるがん” LIVE音源)
7. 未来(「organ」Release Party “冬の日のおるがん” LIVE音源)

Drop’s「毎日がラブソング」Music Video

Drop’s「APRIL FIRST CLUB’19」

Drop’s「APRIL FIRST CLUB’19」

2019年4月1日(月)新宿レッドクロス
OPEN 19:00/START 19:30
チケット:3,000円(ドリンク代別)
チケット先行受付:2019年2月16日(土)~2月23日(土)
一般発売:2019年3月1日(金)
チケット販売URL:https://t.livepocket.jp/e/190401redcloth

OTHER LIVE

<Drop’sツーマン自主企画>
Drop’s 10th Anniversary「Sweet & Muddycheeks」(Ms.April)
2019年4月7日(日)大阪 2nd LINE
w/and more…

2019年4月12日(金)札幌 mole
w/and more…

<中野ミホ弾き語り自主企画>
中野ミホの「うたかたイン・ザ・ムード」vol.2
2019年5月12日(日) 新宿レッドクロス
w/and more…

PROFILE

Drop’s(ドロップス)

Drop’s(ドロップス)/中野ミホ(Vo&Gt)、荒谷朋美(Gt)、小田満美子(Ba)、石川ミナ子(Dr) 2009年北海道・札幌にて同じ高校の軽音楽部で出会った中野・荒谷・小田らによりDrop’sを結成。Vo.中野ミホの圧倒的ヴォーカルを基軸にしたブルージーなサウンドが醸す強烈なインパクトと時代に決して媚びない独特な存在感は結成当時より話題に。2013年メジャーデビュー。デビュー以来4枚のフルアルバムと2枚のミニアルバムなどをリリース。直木賞作家の小池真理子の半自叙伝的文学作品としても高い評価を得た映画「無伴奏」や性暴力について描かれた問題作、映画「月光」などで主題歌として起用される他、最近ではJR東日本「行くぜ、東北。SPECIAL 冬のごほうび」といったCMでもVo.中野ミホが歌起用されるなど、これまでのライブバンドとしての活動に留まらずアーティストとしての幅を広げていく。2017年、活動拠点を地元・札幌から東京に移すと同時に新ドラマー石川ミナ子が新たに合流。新生Drop’sとして活動が始まる。2018年12月、新生Drop’sとしては初めてとなる約2年半ぶりのスタジオレコーディングミニアルバム『organ』が完成。Drop’sあこがれの作曲家・多保孝一氏とVo.中野ミホの初共作となったリード曲「Cinderella」ではこれまであまり見られなかったダンサブルなリズムや印象的なリフを取り入れバンドは新たなステージへ。2019年3月にはミニアルバム『organ』とは姉妹作品となるミニアルバム『trumpet』のリリースも発表!バンド結成10周年となる2019年へ向け進化を遂げたDrop’sサウンドはもう鳴り止まない!

取材・テキスト:DONUT(秋元美乃/森内淳)