80年年代に独、ATA TAKレーベルからデビューした匿名ユニット、ピッキーピクニックのメンバーでもあり、レッド・カーテン〜オリジナル・ラブ〜ザ・コレクターズと渡り歩いたオリマコトが、ジャーマンニューウエーブやフレンチニューウエーブなど自身の愛した世界を表現するために93年に始めたソロユニット“Francis”。そのFrancisにシンガーソングライター・トラックメイカーをはじめとしたマルチな活動を展開する「ニューウェーブギャル」田島ハルコが参加。ハルコとフランシス (Francis avec Haruko)を結成。1stミニアルバム『ハモンハモン』に続き、2ndミニアルバム『ZERO GRAVITY LOVE』が完成した。今作もニューウェイブ、クラウトロックなどをバックグラウンドにもつ異⾊男⼥デュオによる、カラフルでコスミックな最新型エレポップが炸裂している。今作は、田島ハルコのリードボーカルナンバーも2曲入り、よりコラボ色の強い作品に仕上がった。

2nd mini album『ZERO GRAVITY LOVE』

  • 2018年10月17日(水)リリース
    VIVA04 /1,500円(税抜き)

  • 収録曲:
    1.Joy of a Toy
    2.ZERO GRAVITY LOVE
    3.Dancing in Shangri-La
    4.恋人たち (Les Amants)
    5.my time

ハルコとフランシス 関連ページ